スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】冬コミ寄稿しました。3日目東Q-04a

2010-12-31(Fri)
斉藤新人さんのところに評論らしきものを寄稿したので告知します。

コミックマーケット79
会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)
日時:12月31日(金)10:00?16:00
サークル名:FEF
ブース:東Q-04a
http://twitcomike.jp/?id=0079-3-QQa-04-a



新刊『ワールズエンド・ガーディアンズ』
魔法少女論×郊外論×漫画論

A5中綴じ、146ページ。
価格:500円

↓以下目次

魔法少女論

☆概論 ゼロ年代?テン年代
2つの受容 キャラクター/キャラ 『セーラームーン』→『おジャ魔女』→『プリキュア』 多彩な魔法少女たち 学園異能・戯言系 東方Project メタ魔法少女

☆『東方香霖堂』
 「作家」ZUNが恋した幻想郷と村上春樹的想像力

☆『うみねこのなく頃に Episode4』
 必要なのは推理でなく批評

 【ゲスト論考1】hmuraoka
☆10年代の決闘者(デュエリスト)
 トレーディングカードゲーム試論

郊外論

☆概論 00年代?10年代
郊外をめぐる現状 ケータイ的郊外 ケータイ小説の世界観 カワイイ想像力 ネットカルチャーと10年代 【まとめ】魔法少女の否定神学

☆Not 魔法少女 but VOCALOID
 ―ボカロPVが描く郊外の魔法―

 【ゲスト論考2】kei_ex
☆郊外・ニュータウン・ディストピア
 ――郊外の表象史を通して
1.「郊外」と「郊外化」――今語られている「郊外」とは何か
2.郊外がかかえる問題とは何か ――均質性と入替可能性の憂鬱
3.均質的な郊外への抵抗 ――『忘れられた帝国』と『電脳コイル』
4.とある郊外の均質都市(ニュータウン) ――『とある科学の超電磁砲』
5.偶有性と私的体験のあいだで

漫画論

情念定型、前史 風景主導 線の模索 ハイブリッドとしての魔法少女 コマ割りと余白 黒と白 見開き 枠線
「漫画」という定義の曖昧さを超えて




というわけで、『郊外・ニュータウン・ディストピア――郊外の表象史を通して』というタイトルで郊外の表象論を寄稿させていただきました。2万字あります。字数多い上に脚注多くて編集に大変迷惑かけてそうで申し訳ないです。

一応、試みとしては戦後の郊外文学の歴史を「サバービアの憂鬱」として描き出そうとした川村三郎『郊外の文学誌』、あるいは郊外文学に江藤淳を援用しアメリカの影響を見出そうとする小田光雄『<郊外>の生と死』といった従来の郊外文学史を、90年代宮台郊外論を用いて更新する内容です(あくまでも試みね)。第3章では『テニスボーイの憂鬱』や『忘れられた帝国』の中に郊外の絶望や希望を見出しながら、そうした問いへの答えを『電脳コイル』に求めます。第4章は南大沢、ニュータウン論から強引に『レールガン』論に接続していますが、まあこれはレールガン単独論とみてもいいかもしれません。ただ、『レールガン』は郊外的な作品であり、かつ郊外論の文脈においても重要な作品であるのは確かだと思います。

ただ、執筆動機は郊外論、というよりも実は郊外論論、メタ郊外論に近くて第1章や第5章はそういった内容になっています。郊外はユートピアでもないけれども、同時にディストピアでもない。ただ、郊外はそこに存在し、そしてそこで暮らす人たちがおり、そこに思い入れを持つ人たちがいる。そんな単純なことを文学、作品を通して確認し、その上で僕たちは郊外を語るべきだと思うのです。一部の馬鹿どもの客観性を偽装した「好きな場所擁護」=「嫌いな場所けなし」という郊外論ではなく、「好きな場所」擁護という私的体験を全面的に肯定した郊外論を考えるきっかけとしてこの文章があれば幸いです。

こう書くと難しそうですが、そこまで論理づめをしているわけではないですし、気軽に思いつきの集積としてのエッセイ調で読んでいただければ幸いです。本文中にも言及しましたが、郊外文学論は私たちが思っている以上にエッセイ調にならざるを得ないとは思います。

残念ながら『思想地図β』が発売される前に書かれた文章なので、宇野さんの「郊外文学論」は参照していませんが、比較して読むと面白いかもしれません(宇野さん引き合いにだしてごめんなさい)。僕の方が古い郊外文学観で書かれていると思います。宇野さんの論考は「郊外」的なものの象徴としてありつつも実は郊外文学論の文脈では非常に扱いづらかった村上春樹(なぜならイメージ以上に郊外が舞台になっていない)の位置づけ方や「地方都市」サーガと思われていた阿部和重の神町サーガ*1を実は「郊外」的なものであるとしつつ、それを「都市」として偽装していると指摘している点など大変興味深いところが多いです。ちゃんと読み込んでまた何かエントリを書きたいですね。

*1…先日の「さくらんぼ小学校」事件は神町小学校の人口拡大によって出来たものであり、仙台市のベッドタウンとして人口増加し続ける東根市神町の実態を表すいい例。

そういうわけで、表紙とか裏表紙とか滅茶苦茶格好いいし、現代のサブカルチャーへの新たな切り口となる評論本になっているようです。皆さん買ってください!
僕も31日は午後からブースにいる予定です。今年の大晦日は東京ビッグサイトで僕と握手!
スポンサーサイト

コメント返信

2009-06-18(Thu)
取り急ぎ、コメント返信だけ。

次の記事でコメント返信するって方法は、議論になった時にコメント欄でちまちまやるよりは、次記事にした方がわかりやすいからはじめたんですが、こうも更新頻度が下がるとこの方式はコメント放置時間が長くなってしまうから微妙だなー。
コメント欄で返信する方法に戻そうかな。

Twitterに書いてることコピペでブログ記事にすればもっと更新頻度あがるんだろうなぁ、とは思うんですが、ブログをTwitter文体で書くことがどうもしっくり来ないので、結局書き直す羽目になるから微妙なんですよね…。

>疎外されているかもしれない人

>>「木の芽風」 IKU 『ハヤテのごとく!』ED
>意外ですねー。でも僕も好きですよ、この曲。
>何より、ハヤテの最終回が良かった。ハヤテのくせに良かった。最終回見て、改めてこのEDの良さを痛感させられた気がします。

あんまり目立つ曲ではないですが、いい曲ですよね。
4クール続いたハヤテを最後をしめるにふさわしい曲だったと思います。

>tamakiさん

>ダイアモンドクレバスが選ばれていたのにちょっと歓喜。最初はそうでもなかったのにいつのまにか好きになってた曲です。聴くたびMay'nの歌唱力の凄さと表現力に驚かされてますわ。マクロス楽曲かつMay'nではインフィニティが一番好きですけど、この曲もまた特別な意味で一番好きです。

「インフィニティ」もいいですよね。本当にMay'nの歌唱力の高さは本当に驚かされます。これで19歳…凄い…。
マクロス楽曲は本当にどれ選ぼうか悩んだんですが、本当に最後の最後で僕の趣味で「ダイアモンドクレバス」になった感じです。

お二方ともコメントありがとうございます。

ブログいじりは単なる現実逃避&コメント返信

2009-03-06(Fri)
たまたまYoutubeで最近の平野綾の音楽とかPVとか見て、「冒険でしょでしょ」の頃との違いにびっくりした。本人がAvril Lavigne好きを公言して、そういう方向性に音楽をシフトしているのは知ってたけど、改めて見るとこうも違うとは…(笑)。

でも、こっちの方が「でしょでしょ」の頃より、いきいきとしてますよね。個人的にも、水樹奈々路線の音楽(今の茅原実里みたいな)よりも全然面白いと思います。それにしても、「でしょでしょ」のPVは今見ると色々と酷い…今の文脈で見ちゃうと「やらされてます」感しか伝わってこないし(笑)。

*ブログいじり

1年半ぶりぐらいにトップの写真をかえてみた(というか前のは借りてきたテンプレについてたデフォの奴)。本当は、そろそろこのテンプレ飽きたので代えようと前から思っていたんですが、なかなかいいものがなく、結局トップ絵だけをかえることに。

でも、このトップ絵は、その辺にあった本とCDをかき集めて、携帯カメラで撮って、リサイズして、一応フィルターをかけただけのものです…。なんか微妙ですよね…左下のCD-ROMに写っているキャラとか心霊写真みたいだし。
改めて考えたらトップ絵の800*350っていうサイズはデカすぎる気がする。800*200ぐらいでいいんじゃないだろうか…。

近々、テンプレは変えるかもしれないので、暫定でこの写真で…。そもそも、家に帰ってきて、テンプレいじりとかしている時点で、明らかに現実逃避だったりしますが…。

あと、どうでもいいプラグインとかつけてみましたが、現在テスト中です…。JavaScriptのソースなんてもう読めにゃいぞ…(昔ちょっとやってたけど)。なんで、こういう解釈をするんだろう…。
一応、XP+IE7、Firefox3、Safariでチェックしていますが、ブログ全体に何らかの影響が及ぶようなレイアウトの崩れがありましたら、こっそり教えてください。…今やGoogle Chromeより存在感のないOperaとかチェックしなくていいよね(実は昔、Opera使ってたこともあるんですけど…)。

*コメント返信

>tamakiさん

>あれ? てっきり高校舞台なラブコメかと思ってたのに…ニート?
>就活落ち着いたらちょっと調べてみようかな・・・

最初は高校舞台のラブコメですが、後半は高校卒業後の話になります…ってこれはネタバレかも…。これぐらいは大丈夫だと思いますが…。

>思わずふきました(笑) スクイズなんてまさに昼ドラ展開じゃないですか・・! 

スクイズはまさに典型ですよね…。まあ、昼ドラは最後にあんなことになったりはしないと思いますが(笑)。

>双城さん

>たまに見ますが、昼ドラ結構面白いですよ!
>駆け引きが熱い!

…熱烈に勧められてしまった(笑)。

>まあそれは特殊な例ですが、昼ドラってドロドロな割に一本筋の通った人間が結構でてくる気がするので、案外気持ちよく見られたりします。

少なくとも、ヘタレ主人公のせいでドロドロになる美少女ゲームよりかは気持ちよくみれそうですよね…。

久々に博物館とか行った&コメント返信

2009-02-22(Sun)
1人暮らし3年目にて、ようやく日本茶セット(お茶とか急須とか)を導入しました。そして、お茶のみはじめたらうまい、うまい。
スーパーで一番安い茶葉だったんですけどね…今まで飲んできたものが酷かっただけかも(笑)。

*江戸東京博物館

edo.jpeg

なんか、両国の江戸東京博物館なるところに行ってきました。随分前から日本語学の先生から行け行けとか言われていたんですけどね(笑)。
超バブル的で、ポストモダニズム(笑)とかいいたくなる建築を見てビビりました。そういえば磯崎新が都庁とか国際フォーラムとか一緒に「東京都5大粗大ゴミ」とか言っている建築の一つだったけなぁ…。

中身は面白かったですよ。個人的にも、近代東京史は興味を持っていたので。あとから時計を見たら、常設展だけで3、4時間かかってまわっていてビックリ。こんなに時間かけて博物館なんてまわったことなんて、過去記憶にないですね…。

それにしても、外見と違わず中身も金かかってたー。地元の博物館の常設展と大違い。っていうか、地元の博物館の常設展なんて常に人いないのに(特別展なら人は一杯ですが)、江戸東京博物館は常設展にも結構人いてビックリ。
復元とかでも金かければ、すごいものできるんですね…正直、展示品より復元模型の凄さしか覚えてません(笑)。1/1スケールの復元とか…。

*ヱヴァ

おまたせしました - ヱヴァンゲリヲン新劇場版ブログ:破

「ヱヴァ破」、6月27日に公開!だそうですが、信頼していいんだよねぇ…。締め切りを関しては守らないことで定評のあるエヴァだけに。
きっと、新キャラにアスカの出番奪われちゃうんだろうなぁ…終盤へシリアス展開になっていくときに、中盤のラブコメ展開ってのはすごく重要な役割を果たしていると思うんですけどね…。まあ、破から大きくストーリーがかわるらしいので…、どうなることやら…。


*コメント返信

>tamakiさん

>もっともっと批判が飛び交っているのかしらと思っていたら、そうでもないみたいなのが意外です。
>最初は受賞するな的なことどこかで言われてたのに、と思ってしまいます。

受賞するなって言っていた人たちは、イスラエルの政策に反対している人たちだったので、「受賞するな」って言っていた人たちにとって、春樹がエレサレムでイスラエルの政策を批判するというのは願ったり叶ったりの展開だったのではないでしょうか。
それでも、こんなに批判がないってのは僕も意外でした…。

>どうでもいいですけどこの「壁と卵」のスピーチって国語便覧とかに載りそうですね(笑) 大江健三郎の「あいまいな日本の私」や川端康成の「美しい日本の私」みたく。むしろ載って欲しい。

さすがに、国語便覧に載るのは春樹がノーベル文学賞をとるまでお預けでしょう(笑)。って、とることあるのかなぁ…。
今回の春樹のスピーチが、「美しい日本の私」や「あいまいな日本の私」と違うところは、日本の特殊性に注目したものじゃなく、普遍性を志向したものということでしょうか。
今までの日本の作家って、欧米からはそのエキゾッチクさが評価されたり…みたいな傾向が強かったと思うので(笑)、今回のある種の「無国籍さ」は良かったなぁ、と思います。

新聞&コメント返信

2009-01-25(Sun)
意外と、『まりあ†ほりっく』は面白いんじゃないか、という気がしてきた今日この頃です。もう男がメインヒロインでもいいや。

レポートもエントリーシートも全然進んでいません。どうしよう…。

*オバマ

世間はオバマ一色ですねー。Yes,we can!
実際、政策は何をやるのかはまだ見てみないことはわかりませんが、とりあえずカリスマ在りすぎです。大統領就任演説の人凄すぎです。日本じゃありねえええ。

日本の民主党もオバマブームに乗りたいなら、もうちょっと若くて理念にあふれる若者をトップに据えればいいのにねー…。小沢さんじゃねぇ…。

まあ、オバマ政権実際はどうなるかはわかりませんが…。

*新聞

就活的に、そろそろ日経とか取ったほうがいいんでしょうかねぇ…。
サルコジさんが18歳に新聞を無料配布するとかいう記事が出ていましたが、実にうらやましいです。麻生さんも大学3、4年生に新聞代を補助する制度作ってくらないかなぁ…。

ただ、正直なところ、ネット世代の若者に旧弊メディアを(というか旧弊の習慣を)税金まで使って押し付けるのもどうかと思いますけどねぇ…。日本では紙媒体の記事の方がネットの記事より量が多かったりしますが、欧米の新聞メディアはネットに全文アップがデフォらしいし、それだと紙メディアで新聞読む必要性ないじゃん(笑)。
「若者がニュースや社会情勢に興味ないのはダメだから、新聞読め!」って論理はすでにオッサンの論理で、今や社会の流れやニュースに興味があっても、紙媒体の新聞を読む必要性は薄らいでいるかと。

まあ、記事見る限り、メディア救済といったニュアンスが強いみたいですが。

コメント返信

>職業ニートさん

>『みなみけ』は原作だともっと混乱しますよ。
>基本的にキャラの描き分けが髪型でしかされてない上に、小・中・高校生で似たタイプの子がいて、しかもそれで女装ネタとかやってしまうので…誰だか分からん/(^o^)\
狙ってやってるんじゃないと思うんですが。

たしかに、原作はよくわからないですよね…どれがどのキャラか(笑)。
『みなみけ』は小学生の頃をユートピアとして描くというか、男女の境界がそれほどなかったころをユートピア的に描いているような気がします…。すごいオタク的な(非モテ男性的な?)ユートピア幻想というか(笑)。
『今日の5の2』の印象かもしれませんが。

>『ヘタリア』はpixivで大流行りしてます。特に可愛らしい絵を描く10代の女の子にファンが多くて、この人たちは東方の百合カップリング描くのも大好きです。
>世の中歪んでるぜ。

まあ、流行りそうな要素入ってますよねー(笑)。
『ヘタリア』どうなるんだろう…。

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。