スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画都市の住みづらさについて――コンビニのない街

2010-09-17(Fri)
書こうと思っていたけど、すっかり忘れていた話。

*住みづらい街

多摩ニュータウンに住む僕は今年の3月に引っ越しました。もっとも最寄り駅はまったく変わっておらず、同じ駅の東側から西側にうつっただけです。ところがびっくりするほど、街の雰囲気が違う!そして、ものすごく住みづらい。もちろん、駅から遠くなったということもあるのですが(その分、家賃は大幅に安くなってます)。

なぜ駅の西側から東側にうつっただけで学生にとってこれだけ住みにくい街になったのか。

*多摩ニュータウンの開発方法

これには多摩ニュータウンの成立事情がおそらくかかわっています。多摩ニュータウンは公団によって大規模開発されたイメージがありますが、地区地区によって開発手法が違って従来から村落があった地区、民間開発された地区、そしてイメージどおり公団によって大規模開発された地区にわかれます。

ちなみに、社会科の教科書にでてくるようないかにも均質で直方体な「団地」然した「団地」は多摩ニュータウンの初期開発地区・駅で言えば永山付近です。多摩センター、南大沢付近は80年代、90年代になり多様化の波の中で変質していった団地を見ることができます。また民間開発地区ではタワーマンションもあるというマンションの見本市状態なので、団地・マンション萌えの方はぜひ多摩ニュータウンへお越しくださいましw

さて、これがどうしてこのような「住みづらさ」の差につながるのか。最寄り駅の東側一体は、多摩ニュータウン通り沿いにロードサイド店と高層タワーマンションの続く民間開発地区、西側一体は丘陵を開発した公団開発地区になります。

*綺麗な街

この西側の公団開発地区は多摩ニュータウンの団地のひとつの完成形ともいえる街で、なかなかすごいのです。多摩ニュータウンの特徴としては、歩車分離の道路という特徴があるのですが、たとえば各団地まで駅からほぼ遊歩道だけで(横断歩道などを渡らずに)移動できたりします。駅から30分はなれたところまで一度も車道も通らず、横断歩道も渡らずにいけるっていう街はさすがに僕もあまり知りません。

当然、遊歩道なので緑もいっぱいで、わざと低層マンションと高層マンションを組み合わせることによって、空の明るさも確保されています。一見なかなかいい街なのです。

Image11911.jpg
こんな感じの遊歩道がずっと続きます。

Image11511.jpg
車道とは立体交差が基本。上を走っているのが車道です。

*ではなぜ住みづらいのか?

では、この街の最大の欠点とは何なのでしょうか?果たして一見いい街であるはずの公団開発地区はなぜ学生にとって住みづらいのか。答えは単純です。コンビニと自動販売機がないんです。

スーパーはあります、2件も並んで。青木淳吾の某小説の主人公なみにオーケーストアにはお世話になってます、滅茶苦茶安いです、ドンキいらずです(関係ない)。ところが、スーパーよりもある頻度が高そうな(実際、昔すんでいた駅の東側ではそうでした)コンビニと自動販売機が全然ないのです。ちなみに我が家の最寄のスーパーへは歩いて5分、コンビニへは歩いて30分です。はっきりいって、生活が不規則な学生にとってこれほどすごし辛い環境はありません。

正確に言うと僕は公団開発地区に住んでるわけではなく、公団開発地区の隣にある区画に立っているボロアパートに住んでいます。公団開発地区までは綺麗に整備されているにもかかわらず(そして自動販売機もない)、わずか道路を越えただけで普通のアスファルトと電柱が立っている街になります。しかし、この区画になると突然自動販売機の台数が増えます。ほんとにバカみたい。
Image11411.jpg
上の写真と5分も離れてない場所だが見ての通り、自販機と電信柱のある普通の住宅街になる。
Image1211.jpg
左が公団開発地区、右が件の区画。右側だけ電柱があるのがわかる。公団開発地区は電気は地中に埋めてあり、電信柱はない。

*コンビニがない理由

さて、何故このような変なことが起きるのか。おそらくその理由は3つあります。

一つ目は計画の時点で商業用地、住宅用地、コミュニティセンター、公園などが決定されて行きますが、商業用地区画にコンビニ用の土地は基本的に用意されないことが多いのでしょう。僕の実家も似たような埋立地の計画都市ですが、スーパーはあれどコンビニは区画外まで行かないとありません。そもそも商業用地に想定されているのはスーパーであって、わざわざ被るようなコンビニを設置する計画は立てないでしょう。自動販売機もわざわざ自動販売機用の土地というのは基本的に確保されません*1。

二つ目は土地の私的利用のされてなさです。基本的に公団住宅は分譲であっても、一軒屋は存在しません*2。コンビニというのはよく見てみると、地元の酒屋がフランチャイズとなってコンビニにジョブチェンジした例がかなりあります(○○酒店とよくみたら書いてあること少なくない)。コンビニが成立するためにはそういった経緯がある程度必要となるのです。また、自動販売機は基本的に私有地に個人、会社が設置します。ところが、そういった私的な土地が一切ない。ゆえにコンビニや自動販売機がないのでしょう。
コンビニや自動販売機はここ20、30年で普及し、多様化したライフスタイルに必要不可欠なものですが、そういった変化に真っ先に対応できるのは"公"ではなく"私"であるということを示しているのだと思います。

三つ目は治安の関係から地元の住民がコンビニ出店を望んでないということもあると思います。この地区で実際そうなのかわかりませんが、「不良がたむろするから」などの理由で僕の実家ではコンビニはあまり歓迎されていませんでした。自販機も同様。

*計画された街の限界

こうして誕生した「コンビニ」のない街。僕の生活範囲で気づいた不便な点は「コンビニ」と「自動販売機」だけでしたが、おそらく普通の街にはあるけど計画都市には欠けているものってまだあるんだろうなぁ、と思いたくもなります。郊外には子供たちが遊ぶ「隙間」がない、なんて安易なことは言いたくありませんが*3、自動販売機を置く隙間もない街というのはさすがにやりすぎじゃないかと思ってしまいます。

緑いっぱいで、交通事故に会う心配ない子供たちは今日も遊歩道でいっぱい遊んでいます。親たちはそれを期待してここに住んでいるのでしょう。それ自体は素敵なことですが、思春期をむかえ気軽に深夜にコンビニへ雑誌を立ち読みに行く自由を封じられた街でもあると考えると、少しこの子たちの将来が心配になる今日この頃です。

まあ結論としては計画都市においても自生的区画は絶対必要だよ、って話になるわけですが、この付近だけが失敗しているだけで、多摩ニュータウン全体でいうと案外この点は成功しているような気もします(たとえば多摩センターは南側はレールガンの舞台になるぐらい綺麗な町ですが、北側は飲み屋街があったりする)。

*郊外への希望

北田暁大さんは東さんとの共著『東京から考える』において、青葉台的な計画されブランドイメージを保とうとしている新興住宅地を「広告都市」、ロードサイト店が広がり無計画な郊外を「ファスト風土化」「ジャスコ化」(国道16号線的郊外)などと読んでいますが、少なくとも一人暮らしの学生にとっては「広告都市」は不便で住みにくいだけです。小学生はともかく、おそらく中学生にとってもそうでしょう。郊外に希望を持てるとしたら案外「ファスト風土化」郊外なのでは、と思います。

あっ、でも多摩センターはデートにはいいかもねw

*1…まあ細かくいうと公園などに自販機はなくもないけど、人口の割には圧倒的に少ないです。
*2…ちなみに僕の実家は一軒屋+集合住宅の複合ニュータウンですが、一軒屋はほぼ同じ規格で建設されており自販機を置くスペースなどない。
*3…なんでかというと、先ほどからいってるとおり僕の実家はなかなかの新興住宅地なのだが、中学に入ってヤンキーになった奴はちゃんとヤンキーになってる。


東京から考える―格差・郊外・ナショナリズム (NHKブックス)東京から考える―格差・郊外・ナショナリズム (NHKブックス)
(2007/01)
東 浩紀北田 暁大

商品詳細を見る

スポンサーサイト

「『桜ノ雨』問題」関連が酷すぎる。

2009-02-26(Thu)
初音ミク「桜ノ雨」で卒業式…ネットで登場、希望殺到 読売新聞

記事が出る以前から「桜ノ雨」自体はニコニコ動画で聞いていて、自分のパソコンの中にも入っている曲です。卒業式で歌おうとという運動があることまでは知ってました。それが、記事にまでなるとは…お蔭様で、なんか随所で大騒ぎになってます。

正直なところ、個人的に好きな曲ってわけでもなかったりするんですが(動画のコメの影響かもしれませんが・笑)、とりあえず、ネットの反応が酷い、酷すぎる。

新しい動きやものに対して、シニカルな態度をとる人ってのは珍しくないというか、世間では多数を占めるっていうことが21年生きてきてようやくわかってきましたが(遅い)、あんまりにも「桜ノ雨」を卒業式で歌うことへのバッシングが酷いなぁ。みんな、そんなに「仰げば尊し」歌いたいんですかね(笑)。

よくある批判として、「こんな一部の人間の趣味を全体に押し付けよう、というのはダメだ」っていうものがあるみたいなんですが、それは全くそのとおり。
ただ、それを言ってしまうと、「蛍の光」だろうと「桜ノ雨」だろうと、卒業式歌うどんな歌も押し付けであることには変わりないじゃん、って話なわけで(笑)。

どんなに人気のあるアーティストの曲を使おうと、どんなに有名な曲を使おうと、学年全体で何かをしようするかぎり、それに対して興味のない人間なんて山ほどいるわけで、押し付けになることは免れえない

そして、初音ミクが元であろうと、absorbがどんなにマイナーであろうと、程度問題に過ぎない。ただ、程度問題も行き過ぎるとアレだったりするのですけどね(卒業式にパンクロック君が代とか・笑)。

正直、昔からあまりJ-POPには興味ない人だったなので、「生徒が自主的に決めた曲」っていうのはJ-POPになることが多く、基本的にどんなに有名であっても僕にとっては押し付けでしかなかったので、今更騒いでいる件に関してはちょっと信じられないなぁ…。

押し付けがダメだっていうなら、っていうことなら、「最初から合唱なんてやるな」なわけで…ただ、こんなこと言い出すと「卒業式が押し付け」とか「学校が押し付け」とかいう話になってしまうので、ある程度でとめなきゃいけないんですけどね(笑)。

なので、この『桜ノ雨』問題が明らかにしたのは、学校の「合唱曲の決定プロセス」には「生徒が自主的に決めた」としても、ある種の暴力性を孕んでいますよ、ってことだと思います。
まあ、至極当たり前のことなんで、その暴力性をみんなもうちょっと自覚しろよ…とか正直思うんですが…まあ、色々と難しいんですけどね。

とりあえず、伝統にのっかるのが理解が得られやすいので無難なのは確かですが、その伝統から外れたからという批判するのは、ちょっとなぁ…。

*ニコニコ文化

それとはまったく別の話として、「生徒の自主的な決定」とはニアリーイコールで「スクールカースト上位の人間による決定」だったりするわけで、そういう層に初音ミクが広がっているっていうのはちょっと驚きだったりします。

今の高校はどんだけニコニコ文化広まっているんだろう…まあ、僕も中高の頃にFlash文化を学校に持ち込む奴はいたので、想像はつかないでもないですが。

*コメント返信

>双城さん

>戦争根絶とかは、もう全然話になってませんね。
>むしろアロウズの恒久和平実現のための武力行使というスタイルのほうが、まだしっかり戦争根絶を目指していそう。

ホント、戦争根絶とかいう話はどこにいったんですかね。もし、アロウズとの戦いに勝ったとして、ソレスタはどうするんでしょうか…地球連邦以外の統治機構は機能しているんでしょうか…。

>アンドレイは何歳なのか知りませんが馬鹿のマザコンにしか見えませんし

まあ、そのとおりだと思います(笑)。

>にしても、ミスター・ブシドー全然活躍してませんね?。なんだか次の話あたりで瞬殺されそうで嫌な予感……。

一応、オープニングのラストの結構いいところに出てくるので、一応最終話までひっぱるんじゃないですかね。ホント、どうでもいい存在になりつつありますが(笑)。

コーラサワーとかホントにどこいったんだろう…。

ヘタリア中止騒動に思うこと&コメント返信

2009-01-21(Wed)
1週間ぐらい前、映画館の前を通ったらABBAの曲がかかっていて何かと思ったら、「MAMMA MIA!」の映画、やるんですねー。ABBAは一時期mp3プレーヤーにいれてよく聞いていたので、ABBAの曲が街中で聞こえてくるとビビリます(笑)。

それにしても、就活って大変っすね…。このままだと「学生時代に最も頑張ったこと」という質問に素直に答えると、どう考えても就活にしかならん…。他の人に比べれば頑張ってないけど。

今日、ようやくアニメをまともに見る。「みなみけ」3話と「ガンダム00」の15話と「まりあ†ほりっく」。結論:みなみけさいこー、以上。
なんか、冬馬とか毬也とか見ていると、ジェンダーの感覚がおかしくなりそうなんですけど。
っていうか、00そろそろ切っていいかなぁ…。

*もりみー

登美彦氏、かぐや姫を迎える。

森見登美彦が結婚されたそうで。おめでとうございます。
ってか、ブログの文章が面白すぎる(笑)。

*ヘタリア中止騒動に思うこと

僕は、ヘタリアってちょこっと読んだことあるだけで、詳しくはないんですが、韓国ってほとんど出てこないんですよね。しかも、アニメ版には韓国って未登場という(笑)。
ぶっちゃけ、アホか、みたいな話なんですが。

多分韓国で一部の愛国ネチズンが騒ぐ→ネチズンが騒ぐと動く愛国者政治団体→その要望を受け愛国者政党が国会に陳情→トラブルを恐れたCS放送局が中止

っていう構造が韓国内で成立しているから、禄にヘタリアを知らない人が騒いでるってことになっているんでしょうね…。

ただ、似たような話は日本国内でもあって、『YASUKUNI』とかもそういう図式だったわけですよね…。新潮が記事掲載→右翼団体が動く→トラブルを恐れた映画館側が放映中止。

『ヘタリア』が実際、韓国人バカにしているかどうかとか、『YASUKUNI』が実際反日かどうかとか、そういうところと別次元のところで、騒動が大きくなるって、トラブルを恐れる側が中止を発表するという構図が出来上がってしまっているわけですよね…。
この連鎖をどこかで食い止める方法を誰か考えてくれないものか。

コメント返信

>tamakiさん

>小説は逆に満点でした…評論文で間違えたはず、古典は満点

評論は満点だったんですよね…確か、別役実の奴で。小説で落とした…国文なのに…うらやましい。

>やべええええー! キラキラしてるううう!
>取り乱しました。やっぱり就活には夢を持つべきなのでしょうか?

ノリで書いてしまっただけなので…ノリですよ…あんまり、本気にされても困ります(笑)。

>ちなみに今日友達が東京へ行って小学館と集英社の説明会に出たそうです・・・ありえんバイタリティにこっちが恐ろしくなってます

すごい…。なんか、東京の地の利すら生かせてない気がする…。

就職活動はハピマテを聴いて乗り切れ!!&コメント返信

2009-01-14(Wed)
タイトルに深い意味はありません。浅い意味はあります。

なんか、就活すると日常が充実しているような気がします。気分だけですけど。

*世間のニュースがわからない

前から度々言っているんですが、テレビをほとんどみないせいで、麻生さんの支持率が何であんなに下がってしまったのかよく知りません(ネットは麻生マンセーばっかだし)。別に麻生を支持しているわけじゃないけど。
定額給付金の問題なんでしょうか?まさか誤字?
不況云々といっても、単なる日本の問題じゃないだろうし…。麻生さんが何かやったところで、経済が改善するんですかね…(ネット世論に「麻生のおかげで、この程度にすんだ」ってのもあるのもあるけど、誰であっても大差なかったと思う。もし感謝するなら小泉だろう)。
もちろん、経済状況によって不利益をこうむる人たち(あれ?僕もひょっとして入りそう…!?)へのセーフティネットは必要だろうけど。

ネット世論的には「マスコミの偏向報道が?」って話になってますが、何でそんなにマスコミを味方につけられないのか、というのもよくわからなかったり。それに小泉も晩年は随分叩かれていたけど、支持率そこそこあったしね。

…まあ、いいや。就活のためにちゃんとニュースチェックしなきゃなぁ…

*就活のエネルギーは萌えです。

先日の『みなみけ?おかえり?』を見ていたら、カレーが食べたくなりました。久々に自炊しようと思いましたが、1年前のコメしかありませんでした。材料とかルーとか買ってくるのはいいんだけど、コメ買ってくるのはだるいなー…。

「もう中身なんてなくてもいいじゃん、女の子がかわいければ!」みたいな開き直りが、自分の中に前からあったんですけど、最近半端ない(笑)。
TVA版の『あかね色の染まる坂』というマジで中身のないアニメを、僕は案外楽しくみていたんですよね、ニコニコのコメつきだけど(笑)。

そういえば、宇野常寛は、『涼宮ハルヒ』を「不思議ちゃんの萌え小説として結構評価して」いるらしい。そして、今後の展開としては宇野曰く「不思議ちゃんが普通の青春の豊かさを志向するようになって終わるような流れ」(『PLANETS vol.5』より)らしい(笑)。それを地でいったのが田中ロミオの『AURA』なのかもしれませんが(笑)。

僕は宇野的読み方は間違えてないというか、すくなくとも僕は普通に『ハルヒ』は好きなんだけど、そういう読み方をしている。ハルヒって確かにセカイ系なんだけど、別にセカイ系である必要ないと思うし(笑)。でも、結局、『ハルヒ』からファンタジー要素抜いたら、結局『らき☆すた』とか『みなみけ』になっちゃうよねー。

*コメント返信
>職業ニートさん
>>誰か、女の子からメルアド聞き出すテクニック教えてください
>できるできる絶対できるがんばれもっとやれるって!!

特に役に立たないアドバイスありがとうございます(笑)。
でも、やっぱり気合大事ですよねー、ほんと。松岡修造を見習いたい。

>ところで僕にTwitterで絵描きさんと友達になるテクニック教えてください

できるでk(以下略)

共産党、神舟7号、メディアリテラシー&コメント返信

2008-10-09(Thu)
もう10月始まって、一週間か…。早いなぁ。そして、延々と放ったらかしにされるこのブログ。大丈夫なのだろうか…。
『ef』二期、『魍魎のハコ』始まりましたね。そして、今日が『のだめ』二期か。なんで、今期アニメはこんなに無駄に見るもの多いんだろう…。

*久々に政治の話

というわけで、久々の政治・社会問題カテの記事なんだZE!
なんか、選挙が近くなって政治関連が色々とうるさくなってきたネット界ですが、まさかニコニコ動画が志井和夫チャンネルなんぞ作る日が来るとは。
でも、ニコ動で公式動画なんて見たことはほとんどないですけどね(笑)。

昔、『新現実』に載ってた大塚英志と志井和夫の対談を読んで、「共産党、意外とおもしろいけど、ついていけない」とか思った記憶はありますが、若年労働問題とかがピックアップされたりして、意外と共産党来てますね(笑)。
今の共産党の方針は、「どこの社会民主主義政党だよ」みたいな感じだったりするんですよね…。でも、あの唯物史観は理解できない。というか、共産党員の何パーセントがマルクス主義的な発展段階説を信じているんだろう。気になる。

まあでも、世間で言われるほど、『蟹工船』が本当にブームになっているかは疑問ですが(国文だけど読んでないZE!←自慢にならない)、先日の自民党総裁選でも、若年労働問題とか全っ然話題にならなかったなぁ…。

盛り上がっているのは、本当に雨宮かりんとその周りだけなんだなぁ…とか思った今日この頃。でも、もっと若い世代も自分の利益になる主張をガンガン言っちゃっていいと思うんですけどね。
どうせ、もっともらしく政治なんて語ったところで、リアリティもなければ、なんの説得力もないんだしさぁ…って気づいたら、赤木擁護してる!?

*どうでもいいこと

中国に宇宙開発が負けたからウソであって欲しい…などという幼稚な考えで不用意な発言をしている人は、日本人としての地位や築き上げてきたものを崩壊させているのに気づきましょう。

神舟7号 ニコニコ大百科


神舟7号の船外活動捏造疑惑のことと、捏造疑惑否定の解説まで丁寧に入っているニコニコ大百科の記事なんですが、今ニコ百で最も掲示板が荒れている記事だったりします(笑)。
多分、これは捏造疑惑を否定した山本弘のブログに似たようなことが書かれていたから、それを受けて書かれたものなんだろうけど、あまりそれ関係ないと思うんだけどなぁ…。

そんな日本人とか自尊心とか関係なくて、ただ単に、2chの形式的コミュニケーション的にこの神舟7号の映像が理解されただけだと思うんですけどね?。2chは、中国のモノを(パチモノとか)VOW的に嗤うことでコミュニケーションが成立している場なわけで、その回路にうまい具合に取り込まれてしまっただけなんだと思う。
(VOW的にという表現は使いやすいなぁ…渡辺浩弐が使ってたのをパクってだけなんですけどね・笑)。

それら選択的なダイエットブームに象徴的なように、様々な「科学的根拠」や「政治的正当づけ」がなされた「情報」の数々から、私達は何が自分にとって最適なものであるかを常に取捨選択しなくてはならない。その場合、一般的な「リテラシー」をもってして、「正しい情報」にたどり着くことは不可能だ。メディアリテラシーが「科学的根拠」を見抜く作業に直ちに役立つわけではない。かつての納豆ダイエット報道のように、分かりやすい捏造報道が暴かれて以後の言説ブームのようなものは別として、多くの選択には――仮に「専門家」であったとしても――事実(fact)の同定が困難なものが大半をしめているからだ(というより、「事実」の認定作業自体が解釈行動なのだし)。

「メディアに騙されない」ってどこまで可能なんだろうか? [メディア論] 荻上式!電網テレビ批評

人々は二つのもの(報道と流言――引用社注)を区別してゐるが、それは知識に基づいて区別しているのではない。(中略)報道と流言蜚語とを区別するのは不可能である。今は知識の世界を出て人々は信仰の世界に立ってゐるのだ。二つのものを区別するのは知識ではなく、信仰である。信仰と言って悪ければ信頼と言い換へてもよい。

清水幾太郎『流言蜚語』武田徹『戦争報道』より引用


まあ、結局こんな話なんだよね・・・。ある主張をする団体は、それに都合のいい専門家を持ってくるし、それに反対する団体は同じ意見の専門家を持ってくるだけだし。
証拠といったところで、Googleを使えば、いくらでも自分と同じ意見や最もらしい証拠を持ってこれたりするわけだし…(まあ、今僕も同じ事をやっているわけですが・笑)。

個人的には神舟7号が船外活動をやったというのは、アポロが月にいったのと同じぐらい事実だと思うけど、そこまでしか言えないわけだし。

結局、物事の判断って、自分の価値観とかに依存しちゃうし、大体の場合論理なんて後付けだよねー…というこれだけの立派な引用を持ってきて、こんな結論にしか持っていけない自分の絶望した!

関連記事:公正中立報道なんてくたばってしまえ!

コメント返信
>tamakiさん

コメ返信遅れてすみません。

>私はコメントしたいけど無知なコメントは残せないなという時に拍手押してます。

ありがとうございます。オフ友が結構押しているというのはあるかもしれませんね。…でも、急増したのは相変わらず謎なんですけどね。

>最近ようやくウチのIMEが「就活」という単語を覚える気になったようです。

シュウカツ
…うちのPCは覚えてくれません!本人の無意識の願望が出ている…!?
多分、僕がいつもカタカナでシュウカツって打っていたからだと思われますが(笑)。

色々大変だと思いますが、お互い、頑張りましょう。シュウカツ。

と言ったところで、今日、大学でシュウカツイベントがあったことを思い出しました…。結局、まだ一度も大学でのシュウカツイベントには出たことがない…。大丈夫なのだろうか…。

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。