スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やれやれ、またセカイ系かよ

2006-11-25(Sat)
どうも台所の戸棚の中から賞味期限切れのチキンラーメンを発見したKeiです。つーか、インスタントラーメンの賞味期限が半年もないのは意外でした。

はい、そんなわけで、がんがん行きましょ書評。
というわけで、今回はこの方

好き好き大好き超愛してる。 好き好き大好き超愛してる。
舞城 王太郎 (2006/08/08)
講談社

この商品の詳細を見る


数ヶ月前に渋谷のブックファーストで買ってそのまま積ん読になっていた本です。ようやく昨日、駅前のマックで読みました(まあマックで全部読んだわけじゃないけど)。

は!?またセカイ系?でも、佐藤友哉よりも痛々しさが目立つような…

ハルヒ、ユヤタンと続いてまたセカイ系。誰か僕にセカイ系以外の小説を読ませてください(つーか、自分の選択のせいか)。もうキミと僕がセカイの命運を握るなんて言う小説はいいよ。せめて、日本の命運ぐらいにしておけばいいのに(笑)。
それはともかく、一応二本立てになっているのでそれぞれに一応コメント。

・「好き好き大好き超愛してる」

表題作です。芥川賞ノミネート作です。石原慎太郎にぼろくそに言われた作品です。
「愛は祈りだ。僕は祈る。」とのっけから言われてもね…、いや、そのあからさまなメッセージ性をたたき付けて、話を暴走させて、えーと…これ以上は概念を言語化できない(長門有紀)ので、省略します。でも、個人的には正直最後まで空回りのオンパレードっていう感じを受けました。
舞城作品の持つ強いメッセージ性というのは、その性質ゆえに評価の読者依存度が高いような気がします。僕が舞城作品で一番好きなのは『世界は密室で出来ている。』なのですが、「世界?」が持つメッセージ性がその時の自分にうまくマッチしたせいだと思うんですよね。それに対して、『阿修羅ガール』なんかは「?」という感じがあり、最後まで空回りし続ける印象がありました。この作品も『阿修羅ガール』を読んだ時と似たような印象を受けました。
つまり、舞城の放つ強いメッセージは、受け取る相手次第によって大きく評価が異なるのでは?ということをいいたいわけです。相手が受け取ってくれるとその明確なメッセージ性のもとで、その作品が楽しめます。それに対して、受け取る側の状況によって受け取ってくれないと、どうしても単なる馬鹿騒ぎにしか見えないのが舞城作品の特徴なのかもしれません。
僕にとっては、「世界?」は前者の作品であり、「阿修羅?」やこの作品は後者だということです。

つまり、端的な結論を出すなら、僕が今恋をしていないので、この作品は何の感動ももたらさなかった、ということですが(笑)。

・「ドリル・ホール・マイブレイン」

僕はこっちの作品を指してセカイ系はどうでもいいよ、と冒頭に書いたわけですが…。超簡潔な結論を出すならば「フロイト先生も大笑い」(キョン)みたいな作品である。
別にこの作品に限っての事ではないが、セカイ系の一つの特徴として、「セカイ」よりも「自分とその周りの人を最優先に考える主人公」が多いということが上げられるような気がします。普通、考えれば世界と恋人や友人なら世界の方が重要そうな気もしますが(世界がなければ恋人も自分も存在しない)、なぜかこういう時になって恋人や友人を選ぶ奴が多いのが一つのセカイ系の特徴のような気がします。
これもその系統。いや、舞城センセイは斬新だと思って書いたのかもしれませんけど、僕からしてみれば食傷気味。つーか、「またか」みたいな。相変わらず、空回りの印象が拭えず。うーん、個人的には余り好きにはなれない作品ですね…。
いや、そりゃ言いたい事はわかりますけど…。大体、同じ事を2回も言わんでよろしい。

というわけで、個人的にはそれほど好きになれない作品でした。

でも舞城の作品がすべて嫌いなわけではないので、そこは誤解がないように、お願いします。



っていうか、今頃気づいたが、この日記、最近やたらとハルヒネタが多くないか…?
スポンサーサイト

いじめ…じゃなくて憲法改正議論に終止符を打つ(?)

2006-11-24(Fri)
なんか、いじめについて考えていると色々頭が痛くなってくるので(無意識に封印してある記憶のせいか?・笑)、気を換えて書評。

ハルヒ、佐藤友哉ときて、次は…
憲法とは何か 憲法とは何か
長谷部 恭男 (2006/04)
岩波書店

この商品の詳細を見る


全く、方向性違うじゃん!というわけで、久々に評論のレビュー。

僕が後期、人文のくせに「日本国憲法」(法学部生曰く「ニッコッケン」)の授業をとっていて、そこで参考書として指定されている本です。どうでもいいですが、この日本国憲法のセンセは東大出身の若手らしく、本当にこの長谷部さん(←東大教授)が大好きです(というか長谷部の弟子?)。というか、長谷部恭男とか美濃部達吉とか東大のセンセイになると必ず敬称に「先生」が入ります。しかも、真面目な割には意外と面白かったりします。
そんな事はともかく、本の内容について。

いや、参りました。おっしゃる通り。TVの憲法議論のレベルの低さを認識

まずは結果から言おう。長谷部さんは「憲法改正の必要ない」という意見である。でも、その理由は共産党だの社民党だの短絡的な護憲運動とは大きく違う。長谷部さんは「憲法典を改正しても、憲法は変わらないから変えなくてよい」という考えなのである。
法学部の方はご存知だろうが、まずは用語の説明。「"憲法"とは国家を成り立たせているルールを指して用いられる言葉であり、そのルールの少なくともその一部が成文化されたとき、それを"憲法典"とよびます」(←日本国憲法のレジュメから引用)。つまり、ルールとルールブックは違う、ということですね。
長谷部さんは「憲法」において多くの条文(←すべてではない)は、「原則」であり「準則」ではない、と言っています。例えば、「表現の自由」が準則であるなら、ポルノの出版などに制限が加わることは違憲になります。しかし、これはあくまでも「原則」だからこそ、「憲法」と「わいせつ物陳列罪」(刑法)が両立できるわけです(最も、チャタレイ裁判とかありましたけど、児ポ法に反対する人は余りいないでしょ?)。
つまりどういうことか。「憲法」は何ら法的拘束力を持たないので、法的拘束力を持つ「法律」が必要となるわけです。
何故、憲法は改正しずらくなっているのか、を考えるべきだ、と長谷部さんは主張しています。日本国憲法の基本原則は「リベラル・デモクラシー」と「平和主義」であり、この原則を変えるのでなければ、長谷部さんは憲法改正の必要は無い、ということを言っているわけです。自衛隊を容認している多くの人たちでも、「平和主義」の放棄を言っているわけではない(はず)。ならば、現在の憲法解釈(*1)で認められている自衛隊の存在を改めて、憲法"典"改正で入れる必要はないじゃないか、と言っているわけです(つまり、現行"憲法"で認められているということ)。

*1…かの有名な憲法9条「国際紛争を解決する手段として、永久にこれを放棄する。」現在の主な憲法解釈によると自衛戦争は国際紛争には入らないそうだ。屁理屈くさいが屁理屈としては立派だ。確かに与那国島(←国内)で中国と戦争するなら国際紛争とは言えないかも。でも、先制攻撃論は明らかに憲法違反では?

さらに長谷部さんは自衛隊の正統性を剥奪することによって、軍隊の政治介入を防止する効果があると主張しています。戦前、戦争に突っ走った原因として政府やマスコミが二・二六事件以降、軍部を抑制できなかったことはよく上げられることは周知のことです。ならば、最初から軍隊の正統性を剥奪して、軍隊の政治への影響力を減殺するために9条は必要だ、長谷部さんは主張しています。
うーん、お見事。軍隊が全く権力を持っていない世界を60年過ごした日本人は確かに平和ボケしてるようです。確かに外国では軍隊を掌握できなくて、倒れた政権は数知れずあります。軍隊が大きな物理的な力を保有してることを日本人は忘れすぎており、軍隊の政治的な介入は出来る限り防止する必要があるという視点は完全に抜けておりました。歴史の反省が本当に活かされてませんなー、日本人つーのは。ヴァイツゼッカーはやっぱ正しいです。
その他、「首相公選制」についての議論(長谷部は明確に反対を表明)、「憲法」の改正の容易化(同じく長谷部は反対)、現代における「政治」の意味、さらに「国境は何故あるのか?」ということまで明確な回答を出しています。勿論、皆さん色々意見はあるでしょうが、長谷部さんの論に個人的には完全に参りました。というか、何一つ反論も思いつきません。
TVなんかのつまらん政治特番を見るぐらいなら、ぜひともこちらを読んでみてください。
しかし、本当にテレビってのはレベルが低いなあ…。

P.S.小笠原は結局、巨人かよ…。

ユヤタン、復活!!佐藤友哉・新時代への序章!

2006-11-16(Thu)
というわけで、2連続書評です。

しかも、今度はあの佐藤友哉です!

サークルの友達がなぜか「新潮12月号」を読んでいたので、佐藤友哉の最新小説『1000の小説とバックベアード』を読ませてもらいました。
新潮 2006年 12月号 [雑誌] 新潮 2006年 12月号 [雑誌]
(2006/11/07)
新潮社

この商品の詳細を見る


ユヤタン、復活?佐藤友哉新時代への序章

ハルヒの次が佐藤友哉かよ、というツッコミはスルーで。というか、ハルヒのおかげで佐藤友哉の良さを再度理解できたような気がするぐらいです。
正直、ココのところのユヤタンは迷走状態で、正直「どうなのかなぁ?」という作品が多く(「鏡姉妹」は酷かった!)、HPのプロフィールの欄にも「好きだった作家」に分類していました。
しかし、今度「新潮」に一挙掲載してきた『1000の小説とバックベアード』は本当にユヤタン復活です!
というか「新潮」に一挙掲載というところをみても、本気で編集者は三島賞狙いの様子。というか、僕が選考委員なら絶対あげるし。
でも、場が読めない宮本輝センセイ(まだ選考委員だっけ?)あたりに反対されそうなので、僕がここで勝手に「Kei的現代日本文学大賞」を差し上げます!って、そんなもん貰っても迷惑ですかそうですか。

というわけで、
いい加減、ストーリー紹介&感想

うーん、ストーリーは紹介できるはど単純なものではないんですよね…。まあ、ざっというと、よく小説家が「書けない」ことに悩んでいる私小説ありますよね?多分、原稿に追われて書くことが無くて、苦し紛れに書くんでしょう。「実験小説的だ」「メタだ」なんだかんだ言って褒められても、どこかつまんない、そんな印象のあるこの手の作品。そりゃそうです、既存の小説枠内で悩んでいるんですから、そりゃそうだ。毎回、同じことだし。
でも、さすがセカイ系を代表する佐藤友哉センセイ。思考回路が違います。セカイ感が違います。当然、言葉で表現できない概念、ものというものはあります(現代思想で言われる暗黙知って奴ですね)。人間はことばでセカイを分節化し、認識しているのです。ならば、新たな言葉(=セカイ認識)を作ってしまえばいい!

つまり、いわば佐藤友哉は自らハルヒの役割をやるぞ!と言っているわけですね。さすがに言ってないか

と、いきなり脱線気味の暴論をのせておきます。さすがに、佐藤友哉はここまではいってないと思いますが、佐藤友哉の小説に対する真摯な考え方というのが伝わってきます。実際、この小説で提示される小説観はどっかの都知事の小説観なんかよりも100倍ぐらい切実だし、今文学が抱えている問題に対して自覚的。しかし、この事に気づいていない作家が余りにも多すぎる!
この小説は佐藤友哉が「現代日本文化」における「文学」に果たすべき役割を明示したものだと思うし(勿論、役割についての異論はあるだろうが)、ある意味この小説自体が現代の『浮雲』にならんとしている…はいい過ぎか。

おそらく過分な評価だと僕も書いていて自覚しているが、僕が小説を読んで久々に色々な面で熱くなったのも事実。この小説を純文学界が高く評価できないならば、それは「僕がこれレベルの作品が日頃書かれているのを知らない」or「日本の純文学の評価制度は文学の枠の中に閉じこもっている」のいずれかとしか思えない(出来れば前者であることを願うが…)。

涼宮ハルヒ…って、一発変換出ないじゃん!

2006-11-12(Sun)
なーんか、最近分けわかんない本ばかり読んでいるので(アドルノとか丸山圭三郎とか)、久々に小説を読みました。しかも、ライトノベルを…!

というわけで、古本屋で江藤淳『成熟と喪失』(函入り!)とロバート・ハインライン『The door into Summer』(←英語)と一緒に買ってきた
涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒの憂鬱
谷川 流 (2003/06)
角川書店

この商品の詳細を見る

の読了報告をいって見ましょう!
ちなみに、三冊合わせて1000円でした。

とうとうここまで来たか、セカイ系。みくるちゃん萌え?

あわわ…、みくるちゃんはともかく真面目な書評。まあ、色々最近世間をお騒がせなオタク界。この間チャイ語の先生がチャイ語版の『涼宮春日的憂鬱』(←確か字はこうだった)を持ってきてましたが、もちろん僕が読んだのは日本語版です。
正直な感想は…とうとうここまできたかセカイ系というのが本音です。だって、どう考えても典型的なセカイ系&「キミとボク」小説でしょ。この間、レポートで村上春樹が80年代以降の「閉じた青春系」という風潮にマッチしただの、色々書いたのですが、まさに「SOS団」こそ「閉じた青春系」。その「閉じた青春系」が中間段階(学校や社会)を通り過ぎて、セカイの終わり(←なんかちょっとポストモダンっぽい・笑)だのに直結するのがセカイ系と定義されております。
まさに、これこそセカイ系の究極形。有名なセカイ系が『新世紀エヴァンゲリオン』なんですが、そこではなんかSF的な屁理屈がこねられていたいたのに、これはなんじゃ!
<以下反転ネタばれ>
そして、一番気になったのが、セカイ系としての終わり方。ここで、セカイ系の代表作家・佐藤友哉先生に出てきていただくと、ユヤタンの魅力はセカイがわけわかんないところにいって、結局破滅したまま終わるところ(←『エナメル』and『水没』)。それに対して、ハルヒはセカイが結局「キミとボク」小説的展開で結局帰結しているんですね。
勿論、本文中にはこのベタな展開に語り部も自覚的なようですが、いかにいいわけしても、セカイ系が新たなセカイを作り出せないならば、通俗恋愛小説、という批判はやむをえないのでは?と思うのですが。

まあ、そんなわけで、ボクがセカイ系に期待しているのとは色々と違う方向性のようです。こんなもんをわけわからんSF展開にする理由がわからん。
東浩紀的にいうならば、オタク界において、(キャラだけでなくストーリーまで)データベース化が進んでいるということなんでしょうか。
ただ最もそういった事に作中登場人物も自覚的のようですし(=作者も自覚的)、朝比奈みくるも一種のパロディっぽいですし。そういったところに一種のメタっぽい感じを受けることは確かです。
なんか読んでて論理学的に引っかかることがあったんですが、忘れちゃいました(笑)。

おまけ:ウィキペディア項目「涼宮ハルヒ」に長門のことを「今世紀最大の萌えキャラ」と書いてありましたが、本当でしょうか(笑)?
まあ確かに長門は典型的なデータベース的なキャラですが(注:分からない人は東浩紀『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)を読んでください)。

でも、本当はみくるちゃんよりハルヒみたいな強気の女性に弱かったり…(笑)

追記:ふと思い出したので追記。ハルヒで割と感心したのが日常物理学の相対化ということ。詳しくは述べませんが、日常物理学というのは相対的なものだというのは、現代思想においても、(多分)現代物理学でも重要なタームになっているはず。そこはちょっと感心しました。

プロ野球、移籍関連"まとめ"!

2006-11-11(Sat)
というわけで、じゃんじゃん行きましょう。
ストーブリーグ企画第2弾!プロ野球移籍情報!

まずは
小久保(G)、ホークス復帰決定!

分かりきった事なので、別にコメントしません。ただ、ソフトバンクがベイル(C)を狙っているという噂が…、ソフトバンクはもうピッチャーは補強しなくていいって!普通

G生え抜きの仁志、YBへトレード

巨人の生え抜きで地味に頑張っていた選手をあっさりと…いや、勿論原監督に嫌われている(?)以上、巨人にいても仕方ないけどさ。なんというか、交換条件が小田嶋の時点で巨人側が仁志を放出したかったというのがミエミエ。やれやれ。
ぜひとも、横浜で頑張ってください。

あらら、Bsが谷放出でG入り!シンジラレナ?イ
やれやれ、予想外ですな。まず、言いたい事。確かに谷をここ2年碌に活躍できなかった(というよりアテネ五輪で怪我をして以来?)。しかし、あの弱かったオリックスブルーウェーブで唯一敵チームに"怖い"と思わせた選手ですよ!?盗塁王も取ったし、HRも打てるし、打率もいいし。まさに、走攻守揃った野球選手の鑑ですよ?(怪我は褒められたものではないが)
そんな選手を長田だの鴨志田レベルの選手と交換しちゃていいんですか?宮内オーナー。まあ、人気が余り無くて(←オリックスの中ではあるけど)年棒の高い選手はいらないんでしょうが、過去の貢献とかは関係なしに。
谷を斬るぐらいなら、ファーストの使えない元G戦士とサードのデブを斬れ!

日高(Bs)のFA

これまた巨人が狙っているとか…つーか、何でソフトバンクが動かないのかが理解出来ない。ただ、巨人は第二捕手待遇ということになるから、的山(Bs)引退後の正捕手が約束されているオリックスに残留の可能性は高い。他のチームからもオファーは無いそうだ。

いくら探しても岡島(F)の情報が出てこない…って、当たり前か。よく考えれば、アジアシリーズ中だった…忘れてました。
あと、磯部はFA行使せずに残留だそうです。

それと同時に気になる情報をもう一つ。
・楽天が前日本ハム・吉崎と前中日・川岸の2投手をテスト
楽天が元日本ハム坪井に触手
なんで、吉崎をクビにしたのかさっぱり理解できなかった僕としては、このニュースは大歓迎。ぜひとも、あの変則フォームをフルスタで見せてください。
あと、もう一つ気になったのが坪井。いつの間に坪井がクビになってるんでしょう?ファイターズはこっそり大リストラ敢行中?まあ、確かに打撃よりも守備力の面で…どうかと。とはいえ、守備が全般的に悪い楽天なら目立たない!
でも、新庄も抜けるのになんで坪井をクビにしたんだろう…?

もう一つ気になるニュースが
中内前ダイエーホークスオーナーは2月に巨人のオーナー顧問に就任。


知らなかった。中内(馬鹿息子の方)の悪口なんて、いくらでも言えるよ!なに、ちゃっかり巨人から金もらってんだよ!小久保放出はてめーの責任じゃないのか?あきれてものも言えない、とはまさにこのこと。

Opera vs. Firefox

2006-11-09(Thu)
先日、有瀬さんにコメントを頂きまして、ようやくMozilla Firefox1.508を本格的にいじってみることにしました…

最初に衝撃だったこと…

なーんだ、簡単にFirefoxでも
マウスジェスチャー
ができるじゃん!
僕がOperaを使っている最大の理由が実はこのマウスジェスチャー。マウスだけで、ブラウザの基本動作「戻る」「進む」「新しいタブを開く」「タブを閉じる」が出来るというのが、このマウスジェスチャー(他にも出来るらしいが、覚えて無いし、まず使わない)。これに慣れてしまうと、InternetExplorerがまどろっこしくなる(笑)。
でも、Firefoxは拡張機能であっけなく出来る事を発見。Operaにこだわる最大の理由が消滅。
その他、2chブラウザで開ける機能はOperaは惨敗(←グーグルで過去ログが引っかかったりする際に大抵もう落ちているので便利)。

かといって、Firefoxへの乗り換えるかというとまた別問題で…。やはり最大の難点はブックマークの問題。Operaもそうですが、IEからのブックマークのインポート機能は備えているのですが、Operaからだといちいち登録しなきゃいけない。
あと、言葉をドラッグして、Wikipediaで検索してくれる機能。これは比較的使います(でもなぜかOperaは翻訳が不調)。
その他、現在僕が使っているOpera9.0はかなり自分用に初期設定とは桁違いにカスタマイズされているゆえに、同じ環境をFirefoxで再現できるかは微妙…。
っていうか、いい加減Opera9の最新版をインストールしないと…。

ちなみにWikipediaによるとヨーロッパではFirefoxの使用率が20%を越えているらしいです、嘘でしょ!?
というか、日本の多くの一般ピープルは「ブラウザ」という単語すら知らなかったりするんですが…(InternetExplorerを普通名詞と思っている人、絶対いる)。

と、Firefoxでの更新でした。

追記
最新バージョンOpera9.02インストールしました。

追記2
OperaからFirefoxへのブックマークのインポートできました。ただ、Operaはブックマークを常に左側に表示を前提に多数登録してあるため(というか初期設定からかなり登録してある)、整理が大変そう…。

InternetExplorer7

2006-11-03(Fri)
ちょっと、注目のブラウザが出たのでご紹介。IT系の話題はこのブログで始めてかも。そんなわけで、わざわざカテゴリーを作りました。

待ちに待ったInternetExplorer7(IE7)の日本語版ようやくリリース!Operaユーザーとしてはあんまり関係ない話ですが、早速ダウンロード。もともと、WindowsVistaへの標準装備でリリースとなる予定だったらしいですが、Vistaの発売が余りにも遅れている(また遅れる噂あり)、WindowsXP SP2用のIE7をリリースしてきました。

ひとまず感想。ある程度は評価できるブラウザには仕上がってきたかな、と。IE6以前との決定的な違いはようやくタブブラウザを実装した事。遅すぎ、という批判は当然出ますが、これまでIEコンポーネントブラウザの存在すら知らなかった人には驚きではないでしょうか。
それと、注目する点はRSSフィーダーを(これまた)ようやく実装(ちなみにOperaにはとうの昔に実装)。これの使い方が普及すれば、このブログ時代においてRSSフィーダーはますます重要度を増すことになりますが、これの欠点は企業広告がカットされること。ブログサービスの提供会社もまた別の形で広告スタイルが要求されることになるかもしれません。
その他、フィッシング詐欺防止とやらを実装。これは画期的かもしれません、がどれぐらい使えるかは未知数なのでノーコメント。
あとグーグル検索バーを実装も褒めたいところ。相変わらず、Operaはとうの昔に実装してますが。
ひとまず、褒める点はこれぐらい。続いて文句。

やたらと重い!

Operaはもともと軽快なブラウジングがウリ。それと比べるのは大人気ないですが、IE6よりも絶対重い!おそらく、IEはOSとの連携の良さがウリですが(おかげで昔はOperaより起動が速かった、もっともOpera7あたりからは逆転)、IE7はスペック馬鹿食いという噂のVistaとの連携を前提に開発されていたからだと思われます。Vistaになった際のブラウジングにIE7の評価はかかっているのではないでしょうか?

しかし、WindowsVistaはいつ出るのかな…最低要求メモリが512MBって本当かよ(笑)。このパソコンがギリギリ512MBだぞ!?
今のところ、WindowsVistaは2007年1月リリース予定らしいですが、これ以上遅れると年度末にも間に合わない可能性が…そうなるとメーカーに恨まれるぞ、きっと。つーか、年末商戦が盛り上がらんだろ、二年後にサービス打ち切りが決定しているOSの入ったPCを買う馬鹿はいないだろうに…って、一杯いるかも(笑)。
皆さん、この年末はWindowsの入ったPCは買わないがいいと思います。
よし、これで売り上げは一個ぐらい減ったかな(笑)。

そういえば、スペック馬鹿食いといえばPS3。こちらはVistaよりも早く、年末商戦に間に合うようにリリースされるようですが、これまたとんでもないスペックを要求するそうです。当然ハードもその要求に答えるように開発されるわけで、とんでもない発熱をするらしい(笑)。大丈夫か、SONY?ただでさえ、パソコン電池でやばいのに。というか、ブルーレイ陣営の夢と希望が託されてるのを自覚してるのか?
と、偉そうにいいながら、次世代DVDなんて、DVD再生機がパソコンしかない我が家には、全く関係の無い話です(笑)。パソコンもXPのサポートが打ち切られるまでは使い続けるつもりだし(なので、Vistaリリース遅れは逆に歓迎・笑)。

それでは、IT系の話題でした。大祭関連は下に↓

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。