スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『涼宮ハルヒの消失』感想――すれ違いのユキ、そしてハルヒとキョンの物語であるということ。

2010-02-13(Sat)
2月10日、バルト9で『涼宮ハルヒの消失』を見てきました。

元々『消失』は原作を読んでおり、「涼宮ハルヒ」シリーズの中で最高傑作であるとは思っていました。が、もともとハルヒ派であり長門にあまり興味がない僕はハルヒの出番が少ないこともありさほど興味もありませんでした…。

が、やられやくに貼られていたハルヒの一枚の絵を見てようやく重い腰をあげました。このハルヒはかわいい!かわいすぎる!

というわけで、行ってきました。そして、感想。

想像以上に素晴らしかった、と思います。
というより、『消失』ってこんな作品だったのかと思わされました。
とりあえず、原作に忠実と言っていいとは思うのですが、同時にアニメスタッフの再解釈の部分も多々あった印象です。
何せ一度しか見ていないので、どこが原作になくてどこが映画オリジナルかなんてよくわからないので、その辺は混同して以下ネタバレ感想を書きたいと思います。

---ネタバレ---

続きを読む

スポンサーサイト

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。