スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斉藤美奈子のレトリック

2007-01-11(Thu)
久々の書評です。部室で一気に読んじゃいました。

文壇アイドル論 文壇アイドル論
斎藤 美奈子 (2006/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


斎藤美奈子の鮮やかなレトリック。でも三度も騙されたくない!

斉藤美奈子の代表作はやはり文芸評論の世界に新風を吹き込んだ(と言われる)『妊娠小説』だと思う。もちろん視点が鮮やかなのはもちろんだが、何よりも素晴らしかったのがアイロニー。『妊娠小説』において作中で取り上げている作品に対して"批判"的な言動は全く無く、ともかく相手の作品を「妊娠小説」という評価軸を使って褒めまくる。全く持ってその手法には感服であります。
その斎藤美奈子が文壇アイドル(←若干、キャッチコピー気味だ)に、その矛先を向けたのが本書である。村上春樹、俵万智、吉本ばなな、林真理子、上野千鶴子、立花隆、村上龍、田中康夫。押しも押されぬビッグネームが並んでいるが、斎藤美奈子が行っているのはあくまで80年代アイドルの批判である。正直、僕らの世代が読んでも"暖簾に腕押し"の感すらある。村上龍や立花隆が僕の中でブランドとして存在していないのだから無理も無いのだろうが…。
そんなわけで、僕らの世代が読んで有効に機能すると思われるのは「村上春樹」と「田中康夫」の項目ぐらいかと。何故なら僕らの世代でもブランドのある春樹(とその信望者)に対する批判と、僕らの世代にはブランドのない田中康夫への意外な評価という点があるからなんですね。
ただ「吉本ばなな」論は解説の松浦理恵子も言っている通り傑作、というより見事に見抜いていると思います。なのでちょこっとご紹介。
斎藤美奈子は吉本ばななをコバルト文庫の延長線として見るべきだと主張しています。それと同時に、海外の少女文学との共通性を主張しています(だから、ばななは海外で売れる!とこのこと)。吉本ばななと新井素子と『赤毛のアン』を同一路線で論じるという、まあ相変わらずとんでもないこと(←いい意味で)をやっているわけです、美奈子センセイは。
あと、もう一つ気になるのがやはり村上春樹。村上春樹を「ハルキ・クエスト」と呼び、みんなを謎解きに夢中にさせたと言っています(『妊娠小説』で春樹を謎ときをして、「妊娠小説」を発見した斎藤美奈子もその一人)。でも、面白いのがこの図式がそのまま『新世紀エヴァンゲリオン』にも当てはまる事。この春樹の項の初出が96年なので微妙なころであるが、作中で『エヴァ』についても触れてよかったのではないだろうか(敢えて無視したのかもしれませんが)。

ただ、この本を通して読むと田中康夫を評価したいがために、他の7人を批判したという感すら受けます。勿論、斎藤美奈子の田中論は面白いと思いますが、こんだけのために興味の無い「林真理子」論まで読まされたのかと思うと、正直うんざり。
斎藤美奈子のレトリックなのかもしれませんが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。