スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I,Robot.攻殻機動隊総評

2007-02-13(Tue)
ええと、このブログの過去ログを漁るとどうやら去年の12月ぐらいからチマチマと見始めていた「攻殻機動隊」。ようやく、最新作「攻殻機動隊 Stand Alone Complex Solid State Society」(ああ長い!しかもどっかスペル間違えてそう)まで見終わる。まさか押井攻殻を見始めた頃から考えるとテレビシリーズまで全話見るとは想像も着かなかった…(つーか押井攻殻って、「S.A.C」を見終わった後から振り返ると思いっきり存在感薄いんですけど…)。

えっ?感想?一言傑作です。これ以上言うことはありません。

正直、最新作の「S.S.S.」はな…タチコマの復活とかファンを喜ばせるためのご都合主義な感もあってどうかな…と思ったのですが。でも、最後の真犯人の意味がわからなくて、何度も繰り返して見る。それでも釈然としないのでネットを漁る(グーグル万歳!)…おーっ、こういうことだったのか!とようやく納得すると同時に、自分の読解力の無さに愕然とする。やはり真相は、これも「Stand Alone Comlex」だったのですね。

「S.S.S.」と押井版『GHOST IN THE SHELL』の比較論は各地のブログで出尽くしてるようなので、ちょっとタチコマ君のゴーストの問題について若干書こうかな、と。

以下『攻殻機動隊Stand Alone Complex』『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』の結末に触れています。未見の方はご覧にならないでください。本来なら「未見でもネタバレの気にならない方は自己責任でどうぞ」と書くところなのですが、今回は「未見の方は見ろ!」と書かせていだたきます(笑)。

タチコマに本当にゴーストは生まれたのか?

全体的にシリアスな「攻殻機動隊」だが、その中で泣かせ笑わせてくれるのが「タチコマ」だ。「攻殻S.A.C.」シリーズはある意味「タチコマ」クン(?)の「成長物語」という意味合いもある(かくいう僕もタチコマくんは大好きである)。
では、タチコマは本当に2ndの最終話でプロトが言うとおりゴーストを得たのか。結論から言うと押井版「GHOST IN THE SHELL」で「人形遣い」が言うとおり、「科学は生命の定義が未だに出来ていない」から厳密に判断するのは無理である。では、逆にロボットの定義はどうか?ここでかの有名なアシオフの「ロボット三原則」を引っ張り出してくることにする。

* 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
* 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
* 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
(日本語訳は アイザック・アシモフ 小尾芙佐訳 昭和58年「われはロボット」早川書房 P5 より引用)←wikipediaからコピペです。すみません。

これを見ると第1期や第2期でのタチコマの自己犠牲の精神とか呼んでいたものは実はロボット三原則のそのまんまなんですね…。
2ndで少佐の命令を無視したのも「あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。」という補足条項を忠実に守っただけなんです。つまりロボットにとって自己保存とは第3番目に位置付けられるものであり、第1条、第2条を守るためならタチコマの自己犠牲はロボットとして当然の行動である、という結論が出てしまうわけです。

が、それでは面白くない!(←面白い、とかそういう問題か!?)無理やり、理論誘導はしてみよう(おいおい)。
タチコマは作中で幾度となく呼ばれている通り思考戦車である。本編中ではタチコマは少佐やバトーの命令に従い人間に危害を加えている。つまり、タチコマはロボット三原則の第一条がプログラムされているかがまず怪しいのだ。参った、参った。
では、こう考えてみてはどうだろう。三原則の「人間」を「仲間」と書き換えられてプログラムされているとしたら?そしたら、犯人に対する発砲も、1stや2ndの自己犠牲もうまくいくではないか!
そうなると、ロボットは「仲間」という認識、もっと言えば「愛」という認識を持てるのか?よくバトーは「これは機械への愛」なのだ、と言っている。その結果、1stや2ndのラストでバトーは「機械からの愛」で命拾いしている。つまり、タチコマは「愛」を受ける事によって、「愛」という概念を認識した、という推論が成り立つ(かも)。これを持ってタチコマは「ゴースト」を得たと言ってもいいのではないだろうか?*1
タチコマの後継のウチコマにゴーストが芽生えないのは、バトーの「機械への愛」が足らないんだよ!ウチコマを見るときにタチコマと比べているバトーがいる(恋人と一緒にいるのに初恋のあの子の事を考えてたらきっと振られます)。これではウチコマは成長しまい。

まあ、強引な理論誘導の塊ですがこれもタチコマへの愛の深さ故です。お許しを

*1…ある動物が人間に近い行為をとったから、この動物は"高等"だ、という考え方は人間の傲慢である、という話はよくある話だ。なので、タチコマが「人間」の「愛」に近い行動を取ったところで、「ゴースト」を得たと判断するのは滅茶苦茶だ。
でも「攻殻」を見ていると「ゴースト」の定義は「人間だけ」に備わるものなのか、「すべての生命」に備わるものなのかはよくわからない(『イノセンス』を見る限り押井は後者だと考えられるが)。従って、ここで呼ばれている「ゴースト」は「人間だけ」に備わるもの、と定義づければ、タチコマはゴーストを得たという結論は成り立つかと…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

結局私は、ただルリルリに「バカ」って言われたいだけで…

どうも、双城です。
週末はバイト疲れでネットがあんまりできない双城です(見苦しくここでも言い訳)。

ああ、まず最初に。
「ウチコマ」じゃなくて「フチコマ」ですね(ぉ

ええ、では、「タチコマにゴーストは宿ったのか論争」につきまして……(論争!?)
まぁ、これは仮にでも良いから、タチコマにゴーストが宿ってるって事にするための論法的なものとして仰られたことでしょうから、まじめな指摘(まじめになってるかどうか解りませんが(何))は無意味かとは思うのですが、敢えてしちゃいましょうw

(1)
そもそも、アシモフの「ロボット三原則」は、本当に正しくロボットを定義しているのか? という問題。
(1)―1
そもそも、タチコマは「ロボット」なのか?
(2)
バトーの「機械への愛」は、バトー専用のタチコマへの印としての、天然オイルの供給であったが、それはタチコマたち全般に対しての愛ではないと思うが、何故タチコマたちは全員まとめてゴーストを獲得できたことになるのか?
(2)―1
そもそも、タチコマがゴーストを獲得したのだとしても、タチコマたちの「全員(全機)」が全員、漏れなくゴーストを獲得したのか?
(2)―2
もしかするとタチコマたちは全員がまとめてゴーストを獲得したのではなく、バトー専用タチコマのみが、まずバトーの「機械への愛」によってゴーストを獲得し、後に、タチコマ同士が劇中でもよくやっているようなデータのやりとりを行い、それによって連鎖的にゴーストを獲得したということもありえそうではないか。
(3)しかし、結局のところ(2)で行った考察は、アシモフの「ロボット三原則」に寄りかかっており、(1)の問題へと帰着する。

簡単にまとめましょう。
アシモフの「ロボット三原則」への信頼の根拠は?

え? それだけなら最初からそれだけで良いって?
こりゃまた、失礼しましたm(_ _)m

なんだか強弁を吐いてしまいましたが、なんだかとってもナンセンスなことに長文を費やしてしまった気がします。
それでも書き込む私は……
バカ?(ルリルリ風に)

「バカ」違いでごめんなさい

あんた、バカァ?そんなのわかるわけないじゃん!(アスカ風に)

…ええと、キャラも作品も違いました、すみません。

ご指摘の「ロボット三原則」への信頼の根拠ですが…、有名なこと以外ありません!

と、言って結論付けるのも難なので、再び無茶な抗弁をやってみたいと思います。

「ロボット三原則」はwikipediaの項目に書いてように決してロボットの「本能」というわけではないと思います。勿論、プログラミング技術とそれをロボットで実行できるだけの技術さえあれば、"殺人マシーン"だって開発可能だと思います。

では、ロボット三原則とは何なのか?これは人間がロボットに最低守って欲しい、と思っているものではないでしょうか。
つまり、ロボットを開発する際にプログラミングする人間が最低限組み込まなければならない"原則"ではないでしょうか。

タチコマはロボットなのか、というご指摘がありましたが、それはひとまず棚にあげておきます(おいおい)。が、ロボット三原則は何らかの他の物に干渉する力を発揮するためのAIには、組み込まれてしかるべきだと考えています。

ただ、ロボット三原則を忠実に組み込んでしまうと、兵器としては役に立たないので、タチコマには"三原則"の項目にある「人間」を「仲間」としてプログラムされているのではないでしょうか?


>「ウチコマ」じゃなくて「フチコマ」ですね(ぉ

おっ、そうでしたか。聞き間違えのようです、ありがとうございます。

>それによって連鎖的にゴーストを獲得したということもありえそうではないか。

なるほど、「愛」という概念の並列化ですか。さすが、タチコマ。
確かに本編中でも感覚とか概念の並列化をしばしばやってますよね。

こんな駄文にコメントありがとうございました。あと冒頭キャラ違いで申し訳ありませんでした。

ユーゲットバーニィイン!!(アオイ・ジュン風に自棄になって)

返事が遅くなってすみません。先週は色々ありまして^^;
この返事に気づいてもらえれば良いのですが……。

>あんた、バカァ?

うわ、ルリルリじゃないのか!残念!!(爆死)
ところで(急転換)、Keiさんがこうして使われるまで、その台詞の存在を忘れていました(爆)
アスカの印象は「気持ち悪い」が大きすぎたせいか、それしかありませんw

>ご指摘の「ロボット三原則」への信頼の根拠ですが…、有名なこと以外ありません!

なるほど。まぁ、そうですよね(普通のコメントだな、おい)。

>と、言って結論付けるのも難なので、再び無茶な抗弁をやってみたいと思います。

おお!(パチパチ←拍手の擬音。え? コメント細かい? そしてこの自己言及ウザい?)

>人間がロボットに最低守って欲しい、と思っているもの

ああ、なるほど。「ロボットっぽいもの」が「こう」だから「ロボット」の定義を「こう」にしよう、というのではなく、「ロボット」の定義が「云々」だから「云々」なものを「ロボット」として作ろう、ってことですね。
それなら、「ロボット三原則への信頼の根拠」の必要無しに、そういうものとして始めから作られたわけだから、そうでないはずがない。
ん? となると、タチコマは完璧なロボットってことになりませんか?
それに、バトーに対する自己犠牲は、そのプログラム(保護対象を「人間」から「仲間」に変更したプログラム)によっているわけですから、タチコマはただ機械的に、バトーを助けたのであり、それは「機械からの愛」ではなく、プログラム通りの演算結果による、単純な「作業」だった、ということになるのではないでしょうか(つまり、別にバトーの「機械への愛」など必要なかったし、あっても何も意味は無く、どちらにせよタチコマはバトーを助けるために自己犠牲を実行したであろう、ということ)。

あれ?
ってこれ、Keiさんが始めに示された「タチコマはやっぱりただの機械なのよ」説そのまんまになっているような気が……(ぉ

(4)
タチコマが認識したのは「愛」ではなくて、単に組み込まれた「ロボット三原則第一条」だった、ということではないのか?
言い換えれば、ロボットにとっての「愛」とは「ロボット三原則第一条」のことなのではないか?
(4)―1
つまりタチコマは「愛」を認識できていないことになり、タチコマがゴーストを獲得した、とは言えなくなるのではないか。

いや、違うか。
そもそも言及しなければならなかったことは、「仲間」の認識が「愛」の認識とイコールにならないのではないか、ということでした。忘れてました(ぉぃぉぃ
私の言いたいことは、タチコマは保護対象を「人間」から「仲間」に書き換えることは可能だと思います。これは単純なプログラムとして。別に、9課のメンバー全員の遺伝子やら何やらと、あらゆる個人情報をインプットしてやれば、それで9課のメンバーは特定できるでしょうから、9課メンバーを主要な保護対象として絞り込むことは可能だと思います。
ですから、こうして従来のプログラムのみによって「仲間」の認識が可能ならば、「仲間の認識=愛の認識」とはならず、上のような私の反論がなされるわけですが……。
なんだか、やっぱり私はとてもナンセンスなことを言っている気がして、虚しさを感じるのは何故でしょう?

ああ、遅れたというのに長文を失礼しましたm(_ _)m
では、この辺で。

オモイカネにゴーストはあるのだろうか?

レスは最新記事にかかせていただきました。
上の記事を参照してください。

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。