スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな元気。

2007-05-30(Wed)
さて、休みに突入した事もありまして、久々のレビューいきますか。

みんな元気。 みんな元気。
舞城 王太郎 (2004/10/28)
新潮社

この商品の詳細を見る


ゲーム的リアリズムへのアンチテーゼ!?人生は選択せざる終えないんだ!!(多分)

文庫版はAmazonではまだ書影が出ないので、↑単行本版です。というわけで、新潮文庫で舞城が読める時代になりました。佐藤友哉も三島賞を取ったし、自分のところでは金を使わずにメフィスト勢(←講談社)から新時代文学を作りたい新潮社の思惑が見えます。
それはともかく、舞城『みんな元気。』。文芸誌に書くようになってから、ますます純文学色が強くなっている気はしますが、舞城の凄いところはストレートにメッセージをぶつけてくるところ。
帯びの文句は「人生は愛と選択に満ちている。」ですよ。それで、好きな彼氏とその子供が一つの世界に出てきて、それを殺すことで選択する。どこまであざといんだ、とか思わないでもないですが…。
余りにも露骨なメタファーを文学的に評価するかしないかは微妙ですが、少なくとも僕はいいと思います。
ストレートに物事なんて大人になればなるほど言えませんからね…。そういうストレートに物事を言う、ということも大事だと思います。だからこそ、これぐらい露骨なメタファーもありかと…。
この間、「道化師」として生きていけ、とか言っていた奴の科白とは思えませんが(笑)。だから小さなコミュニティで生きていけ、と書いたんですが。
でも、"選択する"ということが"みんな元気。"と繋がるのかはいささか疑問ですが…。

感想はここまでにして、東浩紀のゲーム的リアリズムの話。この作品はゲーム的リアリズムをベースにしていると思います。この作品自体にはマルチエンディングを用意されている。でも、ゲームとは違って実際の人生は選択肢は一つしか選べない。ゲームなら選択肢まで戻ってすべてのエンディングをプレーすることが可能だ。でも、現実はそうではない。
という、"ゲーム的リアリズム"へのアンチテーゼが入っていると思います。まぁ、ゲーム的リアリズムに"リアルさ"を感じているのは舞城本人もでしょうが、だからこそ、こういった作品をものにできる。
多分、ゲーム的リアリズムがわからないオジサマ世代(ex.I原S太郎)あたりは「なんだこの非現実的な作品は!」と怒るのでは無いでしょうか?これが僕らの世代の"現実"感なわけですが(笑)。

追記
昨日、休講になった後に、サークルの先輩とラーメン(博多ラーメン)を食べにいって思った事。店内に貼ってあったポスターに「ますます本場の味に近づいたとんこつらーめん」みたいな記述があって内心「この店はアホか」と思ったのはここだけの話。
だって、「ますます近づいた」という表現は自らコピーです、と宣伝しているようなものですからね…。福岡人的に「そんなキャッチコピーあるかよ」とか思うわけです。福岡じゃ絶対ありえないキャッチコピーですから。
攻殻機動隊で「オリジナルを改編するのはオリジナルだけ、コピーは限りなくオリジナルに近づこうとする」とか言ってましたが、まさにこれですよね。
肝心の本場の方は独自の味を出そうとしようとして、辛くしてみたり(←「一蘭」嫌い)、黒くしてみたりするわけです(テレビでやっていたが「新風」とかいうラーメン屋がスープが黒い博多ラーメンを作ってるらしい)。
つまり、そのコピーが目指そうとするオリジナルは何なのだ、っていう話なわけで…。「オリジナルの不在がコピーを生み出す」という攻殻機動隊の話に無理やりつなげてみたかっただけです。微妙に違う気はしますが…。
要は「オリジナル/コピー」が「主体/客体」の二項対立としては成立しない、というわけですよ、はい。(え?やや牽強付会?まあ気にしない気にしない)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。