スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斉藤環って一発変換ででるんだ…

2007-07-07(Sat)
7/7は、なんか京アニが何かやってたり、柊姉妹の誕生日でニコニコ動画のかがみ系のMADにいったら、「かがみ誕生日おめ?」のコメで埋め尽くされていて、つかさ系のMADに言ったら「つかさ誕生日おめー」で埋め尽くされているという異常事態に。

みなさん、今日が七夕って知ってます?

とかいいつつ、京アニが「笹の葉ラプソディ」をやっていたから思い出したんですけどね(笑)。
休日でもないし、なんか凄い存在感の薄い年中行事ですよね…。七夕なんてやってたのは幼稚園ぐらい?

しかし、「ハルヒ」に「らき☆すた」にと強力なライバルがイベントを発動中に、「07/07/07はレナの日だよ?」とか気持ち悪いギャグをバナーに出している「ひぐらし」陣営の気が知れません(笑)。まー、そんなギャグは無視して、「ひぐらしのなく頃に解」が始まりましたねー。本当は首都圏ではまだ放送されてないんですが(笑)、そのあたりは気にしない気にしない。OPに出てくる人がことごとく泣いてました。相変わらず意味不明「ひぐらし」クオリティです。

で、全然はなしが変わって
斉藤環『心理学化する社会』を読んでいたら、福田和也と同じことを言っていてびっくり。二人とも「最近の作品はトラウマもの多すぎ。それはどうなんだよ!」みたいなことを言ってました。
本人の努力ではどうしようもない、ところで運命が決まっている、って…うーん、正直この図式はどうよ?と僕も思います。

でも、近年の作品にこれだけこのような作品が現れるというのも、やっぱり僕たちが何か見えないレールの上に乗せられて生きている、そこから抜け出そうと努力する、みたいなイメージを持っているからなんですかね。よく考えたら「ひぐらし」もそうですね。

ところで、昨日一晩かけて京アニ版「AIR」全話視聴。どうみても、泣かせだよね?というところが興ざめ。
みちるのエピソードとかミステリでよく見かける話だし…。何が面白かったのか、わからない。いや、だって図式的には「セカチュー」をファンタジックにしただけじゃん…。京アニのクオリティの高さには感動しましたが。

でも、今日ニコニコで「らき☆すた」のMADを見たら、ナナコ先生が神尾晴子にしかみえねーよ、京アニ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。