スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはマジメな話も書く…って、ロリコンの話かよ!?&コメント返信

2007-09-22(Sat)
仮に、「右翼/左翼」という未だに二項対立が有効だとして(もちろん航空工学の話じゃないですよ・笑)、「あなたは右翼か左翼か」言われたら、「まあ左翼じゃない?」と答えると思う。

だからと言って、別に北朝鮮が好きなわけでも、共産党が好きなわけでもないし、チェ・ゲバラは好きだけど、スターリンが好きなわけでもない。ただ単に渋谷をウロウロしている黒い車とか、テレビで偉そうにしている禿げたオジサンとか、新宿の二つの塔にいるまばたきオジサンが嫌いなだけで、福田和也や江藤淳ぐらいは読むし、別に天皇家自体なんの恨みもない。まーあるとするなら、天皇を利用しているその周りの奴(宮内庁etc.)とかで、プリンセス・マサコは(多分)いい人だと思う。

そんなわけで、多分政治ポジション的には大塚英志あたりが一番近そうな気がする、ということに最近気づきました。今まで、「どうせマンガ原作家でしょ?」みたいな感じがあって、どうも無視してきたところがあったので…大塚英志とそのファンの方々、申し訳ありません。
そんなわけで…

新現実 Vol.3 (カドカワムック (199))新現実 Vol.3 (カドカワムック (199))
(2004/04/22)
大塚 英志

商品詳細を見る


これ、なんてロリコン雑誌?
マジで大塚英志調子乗りすぎ(笑)。三年ぐらい前に出た本ですけど、今回バックナンバーを本屋で見つけて、中身の魅力さに較べて、買いにくすぎるよ、この表紙!?
そりゃ、有瀬さんとこに紹介されていたロリコンの法則によると、二十歳でアスカ萌えはロリコンらしいけどさ(!)、いざとなったらかがみんに乗り換えるから大丈夫な…はずですよ!!って、何だその取替え可能性は(笑)。というか、キャラデザ的にかがみよりアスカの方が年上に見えるのは突っ込んじゃいけない。
でも、『ラピュタ』とか『エヴァ』とかが実はロリコン趣味で出来ていることを自覚しろ!的な大塚英志の批評性が盛り込まれているような気がしてならない表紙でもありますが…。

で、いい加減中身の話…この中にめっちゃ面白い対談があるんですよ、それも「宮台×大塚」とかいうあり触れた巻頭対談…じゃなくて、
「志位和夫×大塚英志」

表紙とのアンバランス感がシュール(笑)。志位さんも、こんな表紙だと知ってたらOK出さなかったんじゃなかろうか。
しかも、タイトルが「日本共産党は信頼できるのか?」。大塚英志、どんだけ喧嘩売ってるんだ、と(笑)。中身は左翼の拠り所だった社会党が崩壊して(社民党?なんだっけ、それ?)、共産党しか左翼の拠り所がない、でも「共産党は嫌だ」的なアレルギー*1は右翼、左翼問わず確実にある、つまり「左翼の拠り所として、共産党は機能するのか?(信頼できるのか?)」という内容。
これを読んで、勿論大塚英志は価値判断はしていませんが、個人的に価値判断させていただくと、共産党駄目すぎる(勿論、個人的な価値判断ですので、皆さんそのつもりで聞いてください)。
すごく気になるのが、ヘーゲル的というべきかマルクス的と言うべきかはわかりませんけど、発展段階的歴史観が違和感ありすぎるんですよ。

志位「(前略)じゃあ、その先の社会は資本主義で終わりかという問いが最後に残るわけです」
大塚「そうですね」
志位「われわれは資本主義を人類が到達した最後の社会制度だと考えていない。(後略)」

僕は別にマルクスを読んだ事も(持ってはいますが・笑)、ヘーゲルを読んだ事もないので、何とも言えないんですけど、「何でその歴史観を信じられるか?」が僕には全く理解不能なんですよ。
ヘーゲルなにそれ?、マルクスなんかきもーい、っていう渋谷のギャルにこんな歴史観が通用するかって言ったら疑問ですし、渋谷のギャルまで酷くなくても、「R25」を読んでいるようなまじめな若者サラリーマンにすら届きそうにない。
しかも、他の文章を読んでいると大塚英志が突っ込んでいるように、具体的な政策としては共産党は社会民主主義政党にしか見えないような政策を上げているわけです。で、大塚に「社会民主主義政党じゃないのか?」と突っ込まれた志位が上げている理由が上の歴史観なんですよね…つまり、資本主義の修正をしっかりしなければならない、それから国民の合意をとりつけてから社会主義、共産主義に移行すべきだ、みたいな…。
はっきり言って、社会民主主義との違いが全く分からないのに、なんか無理やり共産主義と繋げている感があって、一言で言えば意味不明。まーソ連崩壊後の共産党なんてどこの国でもそうかもしれませんが…そう考えると意外に日本共産党は頑張っているのもしれない(笑)。

まぁ、たまにはマジメな話も書いて見ました。オタクネタばっかりでもあれですしね…。ちょっと記事が真っ赤ですけど。

*1…レーニン、毛沢東、スターリンとかにはアレルギーある人が多いのに、何でチェ・ゲバラだけは普通に通用しているのかが謎すぎる(笑)。『モーター・サイクル・ダイアリーズ』の影響?それともみんなキューバは野球親善国だからイメージがいい?それとも単なる格好いいから?

*コメント返信
>あもさん

>>これでOperaを上書きしていたというオチだったら笑う。
>やっぱりそういうところ敷居が高めですよね、Operaって。

そういうところ…というニュアンスがよくわからないのですが、好意的にとっていただいたということでよろしいんでしょうか。
考えられるなら、拡張機能のことだと思われますが…やっぱりOperaの拡張は本当に大変ですよね…Firefoxと違って最初からある程度機能があるからだとは思いますが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。