スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外に「スクイズ」というか世界に嵌りすぎた…

2007-10-01(Mon)
なんか意外に嵌ってしまったスクイズというか、世界に(笑)。
『AIR』を「ファンタジックなセカチューじゃん」とかけなしたのに…『SchoolDays』も普通に昼ドラ女子高生バージョンじゃんって言われたらそんな気もするけど…。

07-10-01_17-37.jpg


そんなわけで、世界の魔力に吸い取られ思わず買ってしまった『SchoolDays』。
なんか赤線部分(自分でひいたけど・笑)に突っ込んだら負けそうだ。このままラブコメで終わったら終わったで嫌だけど(笑)。

というわけで、今日は久々に大学に行って、NiceBoatの話しとか新海誠の話とかサークル(そういうサークルじゃないんだけど・笑)でして、「今年のライオンズは酷すぎるよねー」という話を同じライオンズファンとして帰ってきました。久々の学校疲れた…。
あー、ちなみに今日は都民の日らしいですよ?生粋の都民が言ってました、上京人的には初耳だけど。地元にそんな日あるのだろうか…と思ってぐぐったら、案の定なかった「福岡県民の日」(笑)。別になくてもいいですけどねー学校が休みになるわけでもないだろうし。

今日前期の成績発表があったのですが、意外によかった。
というか、社会人類学の「家族」に関するレポートにいたっては、やる気ゼロだったので「家族」関係の本は一冊も読まずに、『文化人類学入門』(←しかも新書!)の家族の章を2500字ぐらい引用して、さらに結論部分にはギデンズ『社会学』の家族の章を持ってきててきとーに検証して、「はじめに」ではこのレポート趣旨がいかに無茶かを延々と書くと言う、凄まじく酷いレポートで、落とされても文句は言わないとか思っていたら、ふつーに4だった(うちの大学は0?5の六段階制。2以上が単位取得…周りに気いても数字で評価する大学って少ないんですかね…)。
正直、思った。
こんなクソレポートが4とかぜーーーぅたい中身よんだねーだろ!!()

と思いたくなった。あながち間違えてなさそうで怖い。ちなみに、僕が先生ならこんなレポート落とします。

P.S.再び「スクイズ」の話
乙女派はないだろ…乙女派は…。言葉派の敵が世界なのと同じぐらい、世界派の敵。
というか、このエントリを読んだ時に本当に反論記事を書こうかと思ってしまった…ホンと、何故か世界様がツボ過ぎてちょっとやばいKeiでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>このエントリを読んだ時に本当に反論記事を書こうかと思ってしまった

ああ、それは是非読みたかったですねぇ、残念です。
私としては世界が嫌いってわけではないのですが、ただ最後の誠めった刺しのシーンだけは不快でしたね。せっかく誠が更正したっぽいのに、そこで殺されるなんてやりきれない……。
しかし、全ヒロインの中で一番まともだったのは、やっぱり乙女なんじゃないかと思いますがね。世界も結構ありそうだとは思いますが、主人公自身を殺してしまうのはいただけません。言葉のありえなさは論外ですが、主人公を殺さない点のみは評価できるでしょう。
そういうリアリティの視点で評価すると、私は乙女派かな、と。
刹那?
あれは言葉と同類でしょう。
基本的に言葉派と刹那派は真性のオタクなんじゃないかと思ってますが。
この二人は非現実的すぎるキャラですから、こんなキャラを本気で好きだとかいうやつは所謂キモヲタに分類されるのではないかと。
それを踏まえて乙女を見ると、ますます普通に見えてきてイイと思えるのですがね。

まぁ、だらだら申し立てましたが、普通に考えたら乙女派になるんじゃないのって思うんですが……。
しかしなぜ乙女が世界の敵なのかよくわからないんですが(今頃かよ)

追伸
言葉か世界かの二択の場合、私なら、現実的に考えたら世界。オタク的に考えたら言葉ですね。結局どっちなんだって?
乙女の延長上と考えて言葉ですかね(敵対!)

すっかりハマっちゃってる…w
遅まきながら僕も見ましたよNice boat.やっぱ好きじゃないわアレ...。
ただなんというか…あのぶっ飛んだ展開は、メタには観させてくれない迫力(というか怨念?)があった。部外者ではいられない。人間のドロドロの部分をこれでもかって描いてるんだもん、どうしても言葉が悪いとか世界が悪いとか感情的に見ちゃいますよね。
ホント「お前は言葉か世界か、どっちだ!?」と糾弾されてる気分でしたよw

ほとんど最終話しか観てないんで難なんですが…誠が嫌われんのは“キャラクター”として、現実の人間の複雑な感情のひだを削ぎ落とされてしまってるからじゃないかと。たぶんアレ、現実にありそうな話だけど、普通の人間だったら捨てたほうの女の子に対して、多少未練なり謝罪なり苦悩なりあると思うんですよ。それが(狙ってかもしんないけど)ヤツはロボットで単純に切り替わってて描かれてないから、みんなキレたんじゃないかな。僕はそうでした。

あとこの話、女の子がみんな一途で可愛いのが余計悲惨さを増してますね…。ホント何て話だw

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。