スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ☆ネットスター6月号&コメント返信

2008-06-07(Sat)
NHK始まった、と言われる今月の『ザ☆ネットスター』見てました。なんか、これを楽しみに1ヶ月生きているのかも…ってぐらい楽しみにしてます。スーパー内輪空間発動!受信料を使ってこんなことをやっていいのか??という疑問はとりあえず横に置いておかないと見れない番組ですが。

今月も暴走、でもちょっとネタ切れ気味。それにしても、演奏曲が『エヴァ』→『AIR』→『らき☆すた』って…あずまんの選曲っすか!?

「『恋空』は文学かどうか」に関しては、東浩紀と全く同感です。「文学かどうか」とかそういう線引き権力には反対したい。どこまでが「文学」かというのは客観的な線引き基準に寄るべきだと思います(=価値判断が入るべきところではない)。言うならば、活字メディアにおけるフィクションぐらいの意味(フィクションってのも曖昧だったりするわけですが…)。逆に言えば、それ以上の象徴的な意味を持たせるべきではないと思ってます。

「文学」にせよ、「小説」にせよ、時代によって変遷してきているわけですから、既存メディア側から「ここまでが文学」という線引き権力には感心できません。なので『恋空』『ハルヒ』は文学だと思います。でも『Fate』や『エヴァ』は文学ではありえない。あくまでも、何らかの象徴的な意味を持たない「メディア」の種類名(それこそ「ゲーム」と同じぐらいの意味で)ぐらいで「文学」という言葉を使うべきではないかと思ってます。
これから新たなジャンルが出てくるたびに「文学だ文学じゃない」論争やるなんてアホらしいじゃないですか。まぁ、ここでこんな「べきだ」論言っていても仕方ないんですが、僕はそう思います。

というか、そういう話を最近良くしてたんですよね、去年レポートにも書いたし。多分、人文系の人はそういう「線引き」問題には敏感な人が多いと思うので、同意見の人が多いのではないでしょうか。それにしても、最後「ひとで」がもらえなかったあずまんが本当に憮然とした表情してたなぁ…(笑)。気分はよくわかるけど…。
それにしても「ずっとあずまんのターン」コーナーは是非とも存続して欲しい!

「『恋空』は美嘉を風子にビジュアル変換すればいける」by東浩紀
とのことなので、ペイントを使って即効で(←5分ぐらい)作ってみた。




『恋空』アキバ特装版、スターツ出版から2008年10月出版決定!アニメイト秋葉原店などで予約受付中!



日本全国の風子ファンの皆さんごめんなさい!僕も風子ファンなので許してください!でも、確かになんかライトノベルっぽい…。

本当はもっと長くて、それなりに「まとも」な記事を書く予定だったんですが、それはもっと長くなりそうなので後日アップします。

コメント返信
>tamakiさん

相当、コメント返信遅れてすみません!

>京都っていいよな?と我が脳内で勝手にユートピア化されとりますから(近世の文運東漸が起こるまでは文学の中心都市だったし)モリミーもっと読みたいです。

京都は確かにユートピア化されてますよねー。文化都市と言うこと以外に、「何か」ありそうな都市ですよね。実際、住んでいる人は「違う」とか言うのかもしれませんが(笑)。

>夜は短し?のアニメは当然京アニ制作じゃないと始まりませんて

ですよねー。

>はたから見てるとものすごくアホそうなんで出来たら立命館あたりがつくってくれないかしらとか思ってしまう(笑)

いやー、立命館が作るなら「戯言部」でしょう。「戯言部」vs「詭弁論部」とか…見てみたいような見てみたくないような(笑)。

>ツンデレとかヤンデレとかの個性を表す記号も便利ですし。
>葵上はツンデレで、六条御息所はヤンデレで。
>そうなったのはやっぱりオタク文化の影響なんでしょうか?

葵上や六条御息所がキャラクターとして認識され、オタク的な分類されるようになった?ということなんでしょうか。何せ今読むのは現代人ですからね…、どうしても「現代人的」な読解になってしまうでしょうし。
『源氏物語』をキャラクター小説として読解しなおせ、とかいう話もありましたけどね(笑)。まぁ、読み方は人それぞれでいいのではないでしょうか。授業じゃないんだし(笑)。

コメントありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ネットスター視聴者をまたひとり発見(・∀・)
画像ワロタw それはさておき・・・

恋空を文学と思えないのが僕。
ハルヒ等ラノベももちろん文学ってカテゴリに入れてはないです。
じゃあ何よ?・・・えと・・・聞かれても困りますw
ごまかすな!・・・えと・・・怒られても困りますw

いや、僕は漫画みたいな感覚で読んでるんで、その視点ではホント文学って感じがしないんですよね。
じゃあ何よ?・・・えと・・・聞かれても困りますw
ごまかすな!・・・えと・・・無限ループって怖くね?w

決して強硬に文学から除外したいわけじゃないですけどね。

文学は日本酒みたくテイストのレーティングが付けられませんよねぇ・・・
日本酒度+7 酸度1.3 甘辛度-2  ←酒飲みが好きな味

文学って箱から強硬に作品を除外したがる人って「甘辛度がプラスに転じた日本酒なんぞ日本酒じゃねぇよ!」って言ってる酒飲みと同レベルかもしれないです。

恋空問題はかーなーりデリケートな問題で扱うのが難しかったりしますそんな私。
私の中では「こんなの文学じゃねーよw」っていう自分と「言語芸術の一つである以上ケータイ小説だって文学だ」っていう自分がいて、いつも悩むんですよ。今もムズムズする。どちらかというと自分も物書きであるからか、後者をとりたい。どんな二束三文な文章でも書いた人の気持ちを尊重したい。
んーでもプライドの問題なのでしょうかね。最終的にどちらをとるかで。それは、文学をどうとらえるかという非常に主観的な問題になってきますね。ああ、文学の線引きって難しいなあ。
この回のネットスター、見ようかな……

>文学」にせよ、「小説」にせよ、時代によって変遷してきているわけですから
そう、まさにそれで……文学史の勉強してた頃はそれが当たり前のことなんだけどすごく不思議でした。
まあ、結局は百年後くらいの判断にまかせるしかないですね。当時はあまり注目されなかった作家が別の時代で再評価されるのはザラですから。

fateもエヴァもシナリオという文字にあらわされたものがある以上文学でいいかなって感じですね。まあ、結局のところ言語でやったならなんでも文学なのかなあ、自分的には……うーん難しい問題。文学部だからかなあこんなくだらんことで悩むのはw
とりあえず画像は保存するかどうか悩みます(笑)まだCLANNADやったことないので…でも可愛いから保存しとこう
ここで名案、恋空は萌えアニメ化したら別にああだこうだと問題にならないんじゃないの?……なーんて

あ、葵上=ツンデレ、六条御息所=ヤンデレっていうのは私が思っているだけで世間的に浸透はしてないんです。スイマセン。ただわかりやすいかなと
あと確かに立命館なら戯言部ですね(笑)うっかりうっかり

どもども。
文学なんて幻だと思いますよ。僕はシニカルに捕らえているという点で違ってますけど(笑)
詳しくは昨日のメッセに譲りますが、世間で大さわぎするほど文学ってすごくないと思うんです(笑)
というのももともとの僕の疑問がミステリってなんで同じ小説なのに「世間」から評価してもらえないんだろう? 逆に純文学はなんで評価が高いんだろう? というものから発してるんですね。
谷崎とかはポルノ作家となんら変わらないですし。
紀貫之にいたってはこんな感じ

 男の人ゎ日記ってゆーのを書いてるみたぃだからぁ、ぁたしも書いてみょうかなぁ、なんて思ってまーす☆

 なんて野郎が書いてるんだぜ? オエー(>_<)
昨日も言いましたけど文学論争なんて「たすうけつ」による「みんしゅしゅぎ」ですから。ただし石原慎太郎という将軍様による「みんしゅしゅぎ」ですけど(笑)
 ただある程度の理想(イデア)はいると思うんですよ。「人間を描く」と言うイデアが。もちろん中世の演劇は殆どキリスト教のプロパガンダでしたけど、それでも「神」、「信仰」を通して人間を描いてましたし。
じゃあ、恋空が全く持って人間を描いていないと言うと……うーん。袋小路なのに気が付いていったん棚上げしてます。
 つらつら書きましたが、的外れだったらごめんなさい

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。