スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける少女&西尾維新

2008-07-14(Mon)
メモ代わりのてきとーレビュー・フィクション編。

時をかける少女 通常版時をかける少女 通常版
(2007/04/20)
仲里依紗石田卓也

商品詳細を見る


とーきーをーかけるしょうじょー♪(原田知世風に)
去年?一昨年?ぐらいに話題になった細田守版『時をかける少女』を見ました。「時かけ」と言えば、数々のパロディを生み出した上の絵でしょう(笑)。最近コードギアスにもありましたねー、時をかけるルルーシュ。

というわけで、感想。
いかにも青春!って感じでした。いいねー、うらやましいねー、こんな学生生活。
原作の主人公(魔女おばさんですね)より、真琴の方が時を"駆ける"感があっていいですね。悩むより駆ける!絶対遵守の力を得た少年とか名前を書くと死ぬノートを拾ったどこかの少年とは正反対ですねー。
…でも、世間で持ち上げられるほど、そんなに面白かったっけ…?とか思ったりもしたんですが…ノスタルジとかじゃなくて、「それは良かったねー」みたいな上から目線で見ているオジサン(何歳だ、お前は)みたいな気分だったんですが…。少なくとも、こんなもので鬱になるほど(ネットの『耳すま』現象)、やわじゃないですし。

どうでもいいけど、真琴の携帯が僕の携帯と色違いでした…vodafone 703SH。随分前のモデルなので、もう売ってないはず…そろそろ携帯変えようかな…でも、何となくiPhoneに変えるのは負けた気がするので嫌だなあ(どうせ手に入らないみたいですが・笑)。

きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス ニJ- 22) (講談社ノベルス ニJ- 22)きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス ニJ- 22) (講談社ノベルス ニJ- 22)
(2008/07/08)
西尾 維新

商品詳細を見る


「きみぼく」シリーズ第3弾。くろね子さん、様刻くんとロンドンに行く巻。
メタメタでした。最後は世界を壊して、現実帰りましたオチなのかな。随分、西尾維新としては陳腐なオチだと思うんですけどね…まあ、この人、手抜き作品(「きみぼく」シリーズの二作目とか)を平気で書くからなぁ…。くろね子さんがお化け屋敷で怖がるシーンは萌えますけどねー。『ドグラ・マグラ』は…妹萌え小説だったらしいですよ?まあヤンデレっぽいかも…。
あと解決編で"「"連続ネタは面白かった…翻訳ミステリの定番ですよねー。特に創元推理文庫あたりに多い(笑)。
というわけで、いつの間にかシリーズ化しているらしい「世界」シリーズ。続編に期待。…って、今までは「きみぼく」シリーズって言われてなかったっけ…?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ルルーシュの「時かけポーズ」もそうですけど、この『きみぼく』表紙の病院坂のポーズって『氷の微笑』のパロディじゃないかなぁ。
…もしかしてネタバレとか?w

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。