スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にーこにこどーがについて&コメント返信

2008-07-16(Wed)
やばい。最近、ニコニコ大百科といいコミュニティといいニコニコプレミアム特権がうますぎる。ニコ動自体は段々見なくなっていたから、解約を検討していたのに、やめられないじゃないか!
あるサービスが拡大していくと、「拡大して詰まらなくなった」「新参が来て詰まらなくなった」っていう奴が必ず出てきますが、逆に言えば始まった当初、人数が少ない状態のサービスはやっぱり面白い。自分のやれることが多いこととメンバーや全体の動向が見えるからなのでしょうか。

実際、ニコニコ大百科で僕はF1関連の記事をよく書いてますが、F1関係の記事なんて編集している人は僕も含めて数人で大体把握できる。ついでに大百科の東浩紀の記事を作ったのも僕です(笑)。ウィキペディアやはてなキーワードみたいに発展したサービスでは考えられない(笑)。
ミクミクシィってネタも冗談じゃすまないかも。

コミュニティの登場(SNS化)やニコニコモンズとか見ていると、ニコニコ動画も第二ステージに移行してきたな、って感じはしますね。…でも、かつての違法動画だらけだったクローズド世代のニコニコ率も同時並行で下がって言ってるんだろうなぁ…僕も最近あまり見ないし…って、来週はもうテスト週間だった…。

そういえば、FC2さんは一年ぐらい前にコミュニティ機能をつけたり、ブロとも機能をつけたりと積極的にSNS化を進めていた気がするんですが、最近はさっぱりですね。まあ、これ以上打つ手が無いだけかもしれませんが…FC2アクティブ率低いしね…(印象論ですが)。

というわけで(?)、プレミアム特権でニコニコミュニティ作ってきた。



どうせ、世界とか誰もはいらないだろなー、と思っていたら意外と人が集まったので僕がびっくりしてます。しかし、コミュニティとか掲示板とかどうやって使うんだ…(運営経験無し。せいぜいFC2ブログコミュだけ)。
ニコニコ動画はzoomeみたいにもとからSNSじゃないので、マイページがプロフィールとして機能してないんですよね。プロフィール非公開の人も多いし、公開の人でもほとんど何もかかれてないことが多いし。
ってことは、コミュニティが機能しようと思えば、コミュニティ自体(掲示板とかコミュニティ動画とか)で機能する必要があるわけで…相当難しいぞ、こりゃ…。

mixiぐらい人がいれば別でしょうが、FC2コミュニティの惨状(大体のコミュニティは自己紹介トピしか機能してない)を見る限り、なかなか難しそうですね。mixiやFC2みたいにマイページなりブログなりが機能しているなら、人と人をつなぐ役割としてコミュニティは意味有るんですがねえ…。
あと、匿名コミュニケーションを前提としてきたニコニコ動画で、匿名性のあまり無いコミュニケーションが成り立つのか、とか…。

ついでなんでニコニコ動画を張ってみる。



BBCの日本紹介番組。これの存在はニコニコ動画の某ポッドキャストで知ったんですが、その際にイギリス在住の方にかなり好意的に紹介されたんですよね。で、実際いざ見てみたらニコニコのコメがバッシングばっかりでビックリ(笑)。

まあ、元々好意的に紹介されなかったら、僕もバッシングしたかもしれませんが(笑)。改めて思わされるのは、あるべき「日本紹介番組」って何だろうってことですよね…。

例えば、オープニング。鉄腕アトム+氷川きよし+ウルトラマン+ロボット+パパイヤ鈴木その他を足してMAD風に編集。時代が古いのはともかく(日本紹介番組が現代のみを紹介しなきゃいけないって決まりは無いし、ある程度古くて有名なものを使わなきゃいけないのも確か)、よく戦後日本を表していると思う。少なくとも、フジヤマゲイシャガールの日本紹介番組なんかよりはるかに現実の日本に近い。
確かに、変な文化を紹介するという点ではオリエンタリズム観も見えなくも無いけど。

一個目も二個目も日本のニュース報道と比べてもそんなに違いないと思うんですが。日本のオタク紹介番組だって相当酷いし。たとえ、日本のニュース番組の翻訳でもオタク特集や暴走族特集だと「日本の恥だ!」ということになってしまうんでしょうか。…あっ、これがベネディクトの言う「恥の文化」って奴ですか(笑)?大聖堂落書き騒動の時にもイタリアメディアに「恥の文化だから、落書きを大事(おおごと)にするのでーす」みたいなことを書かれていたみたいですし(自分で後から読んだときに大事を「だいじ」と読んで吹いた)。

改めて、フランス文学者がフランスに行くと急に普段は縁もゆかりもない源氏物語について喋り出すというネタを改めて考えさせられました。
………それにしても外人は『AKIRA』に攻殻好きだなぁ…。

比較用:日英国交150周年記念サイトのフラッシュ(伝統芸能と科学技術)



やばい、新ローゼン意外と面白い。絶対、単行本出たら買いますよ。てっきり、あの薄い8巻黒歴史化かと思ってたら、そういう展開にするんですねー、さすがにちょっとこじつけ感があるけど(笑)。
「真紅以外文字化けみたいな名前ばかりじゃないか」に吹いた。確かに、きらきーは読めない。しかも、ディアゴスティーニ(笑)。
…さすがに、幻冬舎版持っているので、新装版を買おうとは思いませんが…。あと、この動画を見るまで連載誌をヤングマガジンと勘違いしてた…当然新装版も講談社と思ってた…どこで勘違いしたんだ…。
…ところで、うp主大丈夫なんですかね。この動画で単行本を買う気になりました!って太字で書いておきますか。まあ、著作権の問題って、本来は経済的利益の問題だけじゃないと思うけどなぁ…。

コメント返信
>職業ニートさん

>この『きみぼく』表紙の病院坂のポーズって『氷の微笑』のパロディじゃないかなぁ。

あう。僕は映画、弱いんですよね……元ネタが分かりません…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。