スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1ヨーロッパGP感想

2008-08-25(Mon)


SUPER GTに参戦した初音ミク仕様の痛車は結局レギュレーション違反で決勝出れなかったらしい…。残念。次回に期待。
ちなみに、今年の星雲賞の自由部門は初音ミクだそうです。はい。

というわけで、F1バレンシアGP感想。正式にはヨーロッパGPっていう名前らしいんですが、バレンシアバレンシアいい続けたせいで、僕の頭の中ではバレンシアGPに勝手に名前が変更になっています(おい)。ヨーロッパっていうとニュルブルのイメージが強いし…来年ニュルブルがカレンダーに復帰するらしんですが、名称はどうなるんでしょうね。ホッケンハイムが意地でも「ドイツGP」の名称を使わせたくないらしい…。

今回、初めてのバレンシア市街地サーキット、ということで楽しみにしてました。市街地サーキットとはいえ、上空からの映像を見る限り、市街地というより港湾部にサーキットを作ったって感じですけどね(笑)。壁は迫っていますが、道はそこそこ広かったし、ランオフエリアもあるところはあるし、なかなかの高速だったし普通のパーマネントサーキットって感じでした。日本もお台場あたりで開催したら、あんな感じになるのかな?
でも、市街地だけあって人が多いのはいいですね。祭りって感じがします。
レース自体はオーバーテイクが少なく、単調なレース。ここ最近、とんでもないレースが続いていたので、一休みって感じでしょうか(笑)。

マッサ PP→WIN
ハンガリーに続き、完璧な走り。ポールトゥウィン。
ライコネンより長くフェラーリにいる分、タイヤを最適温度に持っていくのがうまいって話なんですが、どうなんでしょう…。
予選では軽かったにせよ、ポールをとっているし、レースでも速かった。ハンガリーではついてなかったですけど、マッサに好調ぶりは本物みたいですね。
今後のマッサに期待。

ライコネン 4→Ret

ミハエル・シューマッハが来た時点ですでに暗雲が立ち込めていたライコネンですが…
・予選4番手
・スタートでコバライネンに抜かれ、ひっかかる。
・その後、ピットアウト直後のマッサにひっかかる。
・2回目のピットインで給油リグが抜けず、タイムロス
・ピットアウトではトゥルーリの後ろにつける
・フェラーリ二戦連続エンジンブロー

2度目のピットインでのミスは地上波ではロリポップマンの責任とか言ってましたが、フェラーリはロリポップ式からシグナル式に変更しているし、リプレイを見る限り、シグナルがすべて点灯する前に発信しているので、どっちかというとライコネンのミスだと思うんですが…。
まあ、でもシグナル式とかわかりにくいものを採用したチームが悪いともいえるわけですが(笑)。

それにしてもフェラーリはグダグダですね。さすが、ヘタリアの地が出てきたのかな(笑)。

ハミルトン 2→2

可もなく不可もなく2番手スタートで2番手ゴール。きっちりポイントゲットでポイントラインキング首位の座を守る。事前予想ではマクラーレン有利という予想もあったんですが…マッサにはついていけず…。
ライコネンがコバにずっと引っかかっていたし、若干フェラーリの方が速かった?

クビサ 3→3

久々の表彰台。ここのところBMWは苦戦したので、マクラーレンを抑えたというのは大きいですね。

トゥルーリ7→5
グロック13→7

トヨタ勢の進化はすごい。トゥルーリの予選のスーパーラップから、安定したレースペース。
グロックは予選13番手からの1ストップ作戦で入賞。
確実にBMWを食えるポジションにあがってきてますねー。グロックの作戦勝ちも見事。
ただ、ここのところハンガロリンク→バレンシア市街地と特殊なサーキットが続いたので実力はまだ未知数。スパで真の実力を見せてもらいましょうか。

中嶋一貴11→15

アロンソの母国でアロンソにぶつけちゃって…。無事、スペインを出国できるのか不安だ(笑)。
それにしても、アロンソはスペインでは本当についてないですね。アロンソのおかげでせっかくスペインが一国ニ開催出来たというのに…。

ベッテル6→6

ついに食っちゃったよ、親チームを(笑)。天才ベッテル21歳(同世代)、驚きの6位。
いやー、本当に将来楽しみですね。大体、トロロッソのマシンで予選6番手って…トヨタにはさすがについていけなかったけど、レッドブル、ウィリアムズを上回った、すごい。地味にブルデーも予選も決勝も10番手。
それにしても、今回トロロッソ勢の躍進と対照的にレッドブルは大不振でしたね。何でだろう…ちまたで言われているルノーエンジンはストレートスピードが伸びないってのは本当なのでしょうか…。
…まあエンジンブローするフェラーリエンジンよりは全然いいですが。トロロッソも結構冷や冷やで走っていたんでしょうね…。

こんなところで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんてったってシャークフィン

レッドブルはエンジンよりもシャークフィンをマネされたことが大きいかと。
シャークフィン装備がレッドブルだけだったのが3戦目まで。
第4戦スペインGPでルノーが導入
第6戦モナコGPでトロロッソが導入
第9戦イギリスGPでフォースインディアが導入

ここまでは問題なかったでしょう。
問題は7月末のヘレステスト。
フェラーリ、トヨタ、Hondaが一斉に導入を決定。
合同でバッケージの改良に取り組んだのでは?という話もあります。
(トヨタにはフェラーリと契約中の技術者が数名在籍、Hondaにはロス・ブラウン)

第11戦ハンガリーGPでこの3チームがシャークフィンを導入します。
Hondaにとってはあまりありがたくない結果になったそうですが、フェラーリがすごい速さを見せました。トヨタもグロックの表彰台。
そして先日のバレンシアでも、この2チームが速い速いw
シャークフィンはどうやら新しいF1のスタンダードになるようです。

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。