スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクイズとか東浩紀とかコメント返信とか

2008-10-27(Mon)
友達に「現役なんだから、就職する前に海外でも行ってくれば?」とか言われて、マジで考え込んでしまったKeiです。
まあ、明らかに現実逃避だけど(笑)、「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」?そんなの知らないさ。
今から思えば別にシンジくんは逃げても良かったと思うし(笑)。その逃げ続けた結果として何があるかは知らないけど。
…本当は今、「逃げ続けた結果に対しての責任をとればいいんだし」って書こうとしたんだけど、それを言ってしまうと、「自己責任論」肯定という形になってしまいかねないなぁ…とか思って書きませんでした…って結局書いてるし!

というわけで、先週色々あって告知しかせず、先の週末はただ単に『School Days』をやっていたという理由でブログ更新しなかったKeiです。まあ、色々あったと言っても、そんなに忙しかったわけじゃなくて、ちゃんとアニメぐらいは見てますが…。

*School Days

『School Days』は随分前から持っていて、主要なBADENDだけクリアしてあとは放りっぱなしだったのですが、せっかくのフルアニメーションがもったいないので(そういう理由!?)残りのENDを地味に攻略してました。って、我ながら暇人だなぁ…。
まあ、このブログを「Nice boat.」騒動の頃から見ている人は、僕がいかにスクイズ好きで、世界派であることはご存知かと思われますが…。

世間では「こいつ何がしたいのかわからない」とかで世界は散々叩かれまくりですが、世界の感情の動きって、結構よく出来ていると思うんですけどね。たとえば一話で、世界が誠を奪ってしまえば、スクイズはそこで(物語的には)終わっていたわけですが(大体、あの時点で誠君は言葉のことは「いいなぁ」ぐらいにしか思ってないわけだし)、それがうまく出来なくて、言葉とのキューピッド役とかやってしまうわけですよ、世界っていうキャラは。そのリアリティみたいなものは、本当によく出来ていると思う。…まあ、自分なら好きな人の好きな人(表現わかりずら!)を知ってしまったとしても、そんなの無視して告白できるよ!みたいな強靭な精神をお持ちの方にはそのリアリティはわからないかもしれませんが(笑)。でも、そんな人がアニメやギャルゲーなんて触れるかなぁ。

スクイズって話は、誠も言葉も世界もメタ的な視点にいる人間(プレーヤー)から見れば、呆れるほど不器用で、それ故にBAD ENDに突っ走る話だったりするわけで、世間の世界バッシングには「おまえら、School Daysのスの字もわかってない」とか言いたくなります(笑)。
まあ、スクイズはキャラのファン同士の仲は相当悪いので、そんなことを言いたくなるだけかもしれませんが(笑)。

完全に余談ですが、某所で「世界」は英語でworld、「言葉」は英語でwordって言われていて、ちょっと感動。

*ニコニコ動画で東浩紀がとんでもないことになっている件


ピストン東―ニコニコ大百科

ポストモダン(笑)ってすごいね。『キャラクターズ』なんてやらなくても、東浩紀はキャラクター化してますねー。これぞ、批評的実践なんですよ、きっと。これは、日本の批評界においては、『an・an』の表紙を飾った吉本隆明に匹敵する出来事なんですよ、きっと。そういうことにしておこう!

まあ、でもネットスターの『柚木涼香と東浩紀の、動物化してもいいですか?(はあと)』は毎回楽しみに見てますよ。
というか、東浩紀のエンターテイナーっぷりに感心しているというか。

この間のワセブンシンポでも思いましたが、福田和也とか東浩紀とか売れる批評家はトークうまいんですよね…いや、これからどこの世界でも、受けるためにはトークの才能がいるのか…とかどうでもいいことを考えている今日この頃。
でも、今更ながら喋りは大事ですよね…面接的にも。コミュニケーションスキルって奴で。

まーでも、あずまん見てても思うし、自分のトークでも思うけど、人文系はくどいですよね…特に思想とかちょっとかじったりしている人。とりあえず、議論とか物事を複雑化しかしないとかね(笑)。人文系の論文とか、ツッコミ対策みたいな注釈が大量についていることあるしね…。
もちろん、単純化されている議論の視点を変えるということも大事なんだけど、それじゃ受けないよねーって話なので、いかに物事を簡潔に語るということをやっていきたいなぁ…とか思っています。

コメント返信

>双城さん

>えっと・・・三重からは近いですか?
>Kei「論外じゃボケェ!」
>双城「ひえぇぇ」

>リニア新幹線は直線ルートをとるべきだと思います。
>え、開通は17年後?
>せいぜい迂回して長野県に貢献してあげるといいよ。

「何でやねん」(『CLANNAD』のことみ風に)
「ボケばかりでツッコミどころがわからへんわ」(『ハヤテのごとく!』の咲夜風に)

…ホント、どこをどう突っ込めばいいんでしょうか。決して、このコメント返信のツッコミを考えるために一週間放っておいたわけではないですよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スクイズやったこともなければアニメはちょっとしか知らない(最終回だけフルでみた)にわかコメントをお許しください。

私も世界の方が好きですかね、冷静に考えたら……
恋愛観の話になっちゃうんですけど、絶対自分の好きな人にはその人が好きな人(わかりづら)とくっつけばいいって思う奴でもあるんで。
身を引くっていう選択肢をえらぶ人は、わりと多いと思う。
世界はいじらしくて可愛いなあ(何の意図もないただの萌え発言です)
「それから」の代助や「こころ」の先生をフト思い出しました。

でも言葉も可哀想だなーと思ったりするので……
結局は誠氏ねでまるっとおさまる……のか?

あずまんが大学の先生とは思えない件について
はしゃぎすぎだろ、常考

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。