スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロアカ道場in文学フリマ&ブックファースト新宿店

2008-11-10(Mon)
ライオンズ日本一!やったー!

と、レオファンなのに、ゼロアカ同人誌読んでたりしたせいで日本シリーズ見忘れました…。
ふと思ったけど、自分がファンのチームが勝つと喜びが先で「おめでとう」って言葉は最初に出てこないですね…。他チームなら「おめでとう」が先に出てくるのに。

*ゼロアカ

というわけで、文学フリマ、ゼロアカブースに行って参りました。僕が見本コーナーでどれ買おうか迷っていたら、ブースのほうで歓声があがって何かと思ったら、あずまんが娘連れてきてました。批評界のアイドル化してますが、本人は10年後こんな状況をどう思うのでしょうか(笑)。

僕は東スレの住人でもなければ、ゼロアカ関係者と誰も知り合いでなく、ほとんどその場の立ち読みだけで買うもの決めました。一応、部数は票になるみたいなので、選んで買ってきました…(まあ、結果的にはほとんど完売に近かったのであまり関係なかったみたいですが)。

というわけで、買ってきたのは
『最終批評神話』…ただ単にわかむらPインタビューが読みたかったから。(最終結果2位)
『Plateau』…ぱっと立ち読みしてて、柄谷行人と宇野常寛の話から始まっていて、面白そうだったので。あとデザインが一番良かった。(最終結果4位タイ)
『チョコレート・てろりすと』…腐女子とどっちにするか迷ったあげく、こっちの方が面白そうだったので。あと、佐藤友哉特集。(最終結果3位)
『新文学』…短いながら、黒瀬論文&濱野論文が面白かったので。正直言うと、黒瀬論文(?)がネタとして使えそうだったので(笑)。能登麻美子の位置が違うと思うんだけど(笑)。(最終結果6位)

本当はユヤタンのためにXamoschiも買おうかと思ったけど、まあいいやと思って結局買わず(笑)。それにしても、人多かったですねー。文学フリマの他のブースとの差が…他の文フリのブースも一通りまわってはみたんですけどねー…コミケの同人誌と違い今一つ選別しようがなく、そのまま帰ってきました。

…で、結局、僕は最終結果1位のやつを買い損ねたわけですが。

まだ全部読んでないですが、個人的には『プラトー』のいかにも文学やってます!みたいなノリは好きです。あと、編集の綺麗さすげえ!このまま出版社に就職できるんじゃないかと…。あと「エヴァはセカイ系じゃない云々」は基本的には同意するけど、アスカの「気持ち悪い」は承認である拒絶である、そんなことは重要じゃなくて、強烈な「他者性」を意識させることの方が重要で…って、エヴァの話になるとつい熱くなるので、以下略。

ちなみに、『チョコレート?』の論壇人チャートは宮台でした(笑)。どうでもいいんだけど、90年代ならいざ知れず、今の宮台は『恋空』褒めてないと思うんだけどなぁ…ってか、ボロクソにけなしそうだけど(笑)。

まあ、感想は書きたいものがあったら、後に書きます。

*ブックファースト新宿店

ブックファーストが新宿西口にオープンしたということなので、アキバからの帰りに寄ってきました。新宿には大型書店が東口に二つ、南口に一つありましたが、西口には今までなかったので助かります(僕はターミナル駅が新宿西口の人なので)。
…ま、そのかわり、渋谷からあのブックファーストが消えてしまったのですが。いや、でも渋谷って、他に大型書店ありましたっけ?大型書店もない「文化」の街ねぇ…。

で、新宿店。行ってみたのはいいのですが、地上からいったせいで、まず入り口が最初どこかわからなかった(笑)。店舗は地下にあって、新宿都庁に向かう地下通路から行くのが一番アクセスしやすいようです。

店舗は2フロア、1フロアあたりそこそこの面積があるので、そこそこの本の量はあるようです。それになかなか店内のインテリアも凝っているので、好感触でした。

ただなぁー、ぶっちゃけ個人的にはジュンク堂の方が使いやすい(笑)。ジュンク堂新宿店が素晴らしいのは「人文」系の本と、「文庫・新書・文学関係」の本が同じフロアにあること。ブックファースト新宿店は人文専門書と文学本が違う階なので、個人的には使いづらいですね…。このあたりの読者層はそこそこ被っていると思うんですけどね、文芸評論読む人は思想系の本も読むし。

あと、ブックファースト新宿店のランキング見て衝撃だったのが濱野さんの『アーキテクチャの生態系』が人文・社会部門で2位に入ってたこと。3位が金子勝とかだったので、濱野さんの本は意外と売れているんですね!
てっきり、ゼロアカの界隈で売れているだけかと思ってました…すみません…。まあ、でもこの感じだと『ゼロ年代の想像力』の比じゃないぐらい売れているんでしょうねー。

アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたかアーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか
(2008/10/27)
濱野 智史

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。