スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「働く理由」と「働くための理由」って別だよね&コメント返信

2008-11-29(Sat)
先日はレヴィ=ストロースの100歳の誕生日だったそうです。ホント、長生きしますね…生存確認が出来ているレヴィストロースはともかくとしても、J.D.サリンジャーとか生きているのでしょうか、死んでいるのでしょうか。このまま本当に消滅する媒介者になるんでしょうか。

昨日知り合いの女の子が何故かアスカの髪型にしていて、可愛かったので、ニコニコ大百科に「ツーサイドアップ」とかいう記事を作ってきました。どう考えてもいらない(笑)。なんか、最近大澤真幸とか大塚英志とか誰得記事ばっかり作っている気が…。

*『CLANNAD』
今週の『CLANNAD AFTER STORY』を見ていて、つい感動してしまいした。

ベタベタなのはわかってるさ!わかってるんだけど、ベタもここまでストレートに来られると威力を発揮するんだなぁ…とか思いました。
ってな話を、昨日後輩にしたら「20過ぎて、アニメでないたんですか?」と心底バカにされたような目線で言われました。…わるーございました。

まあー、ほら。ベタな物語に感動するってのも大事だよ、うん。昔は、シニシズムというかアイロニカルというか、とにかく天邪鬼なところがあったで、ベタな物語なんて鼻で笑っていたのですが(実際、今のネット文化やオタク文化ではベタをネタにする、という文化が見られますが)、最近丸くなってきたのか、ベタベタな物語を享受できるようになってきました。…水戸黄門が享受できる、一歩前かもしれません。

まあ、最近異様に「卒業」という展開に弱いってのもあるんでしょうけどね。大学本当に卒業したくないし。渚の卒業式とかマジで涙腺崩壊かもしれません。

*戦うことが前提だよねー

『ガンダム00』みてて思ったんですけど、よく戦闘ものアニメで「戦う理由」とか「戦うための理由」って奴あるじゃないですか。で、00にもアレルヤとかスメラギさんが「戦うための理由」だか「戦う理由」だかを求めているらしいんですが、「戦う理由」と「戦うための理由」って全然別だと思うんですけど。

「戦う理由」ってのはある理由ゆえに戦うってことですけど、「戦うための理由」って「戦う」ことが前提で、でも意味の無い戦闘には精神的に耐えられないから、「理由」を探しているという意味だと思うんですけど。

それこそ、00で言えば二期のスメラギさんなんて存在はまさに後者で、トレミーにいる時点で(クルーと一緒にいる時点で)、多分戦わざるを得ない(いくらなんでも、仲間を見殺しは出来ないでしょうし)。でも、無意味さには絶えられないから、それの意味づけをやっているようのがまさにスメラギさんなわけで、「"戦う"ための理由」探しですよね。

で、実際就活やっててつくづく思うのは、「働く理由」ってのは「とりあえず生きていくために就職しなきゃいけないよね。」ということだけ。まあ、勿論他の生き方はありますが、それは僕の能力が無くて、(あるいは視野が狭くて)他の生き方が出来ない&思いつかないっていうのが前提にはなっていますが。

で、それでは、ただ単に無意味に働くことは大変だし、そもそもモチベーションが上がらないから、「働く」ことが前提に、何とかして「働く」ための理由探しをしなきゃいけないよねー、とか思っているのが今の状況です。

要するに、今キャリアデザイン(笑)とか言われるときに言われる、「何で働くか」「自分は何がしたいか」ってことなんだけど、これがなかなか見つからない。そんなもの元からないから、当たり前ちゃ当たり前なんだけど(笑)。

実際、自己啓発セミナーを使おうと何しようと、「これでいける」って思った方が就活にせよ何にせよ、勝つんだろうなぁー…。ロマン主義シニシズムとか決断主義(笑)の時代だしねー、ホント(笑)。

昨今、大学でも企業系サークルとか就活系サークルって言われるのが流行ってますが、自発的に集まって、自己啓発セミナーみたいなことを普通にやっていてビビります。
まあ、でも正直、自己啓発セミナーでも何でも使えるものなら、頼りたい気分ですけどね(笑)。

そんな状態なので、無理やりモチベーションをあげて行きたいと思います、その結果どうなるかは知りませんが(笑)。精神が決壊したら、そのときはそのときで。

*コメント返信

>職業ニートさん

コメント返信遅れてすみません。前の記事、更新したあとに、コメントに気付いたので…。

>就職したヤツはけっこう色々面白そうな会社見つけてくるんですよね。
>僕のように「就職するorしない」なんてアホなこと考えてないから

就職自体について考え始めたら、結構つらいですよね…なんかビジネス系の学生とか本とか読んでいると、視野の狭さに唖然とすることも多いんですが(笑)、あの「就職」当たり前みたいな姿勢は見習いたい…というか、そうするしかないというか…。

>『ロスジェネ』とか読んでると反面教師でやる気出…ないかw

絶対無いですね(笑)。まあでも、ビジネス系の人って、本当に若年労働問題というか、ロスジェネ的なものは本当に視野に入ってないんだなぁ…と最近実感しています。
確かに、生きていくうえで知らなくてもいいことなんですけどね…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。