スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと、声優オタクになろうと思った21歳&コメント返信

2008-12-13(Sat)
なんか前の記事と随分間が空いてしまいましたが…、久々の更新。

*『SIGHT』が出ない

ロッキング・オンの雑誌『SIGHT』が出ない。普段は東浩紀の連載ぐらいしか立ち読みしてないんですが、『SIGHT』の冬号はブックオブザイヤーが斎藤美奈子×高橋源一郎という、僕が個人的に好きな作家&評論家なので、2年ぐらい前から買ってるんですよね。実は3年前にはブックオブザイヤーだけ独立して本になったりもしていたんですが…。

それはともかく、毎年12月のはじめに出ていたのに、何故か『SIGHT』が本屋にない!最近、左派雑誌がドタバタと潰れていているので心配していたら、単なる延期らしい…。…って、ひょっとして東浩紀が原稿落としたせいなんじゃ…?

*ふと、声優オタクになろうと思った21歳



『14歳からの社会学』で宮台さんが「アイドルオタク」の生き方を肯定していて、まあ何故かは『14歳からの社会学』の感想の時に書きますが、簡単に言えば「仕事なんかに生きがいを求めるな!それ以外に求めろ!」っていう例でアイドルオタクを出してたんですね。

前、某動画で宮台さんが「誰やねん」ってつっこみたいようなB級アイドルについて楽しそうに語っていたので、それを見て、B級アイドルオタクになろうと思ったんですよね(←単純思考)。まあ、実際彼らって楽しそうなんですよね、「日常に祭り(=ライブ)がある」「祭りで横のつながりもできる」し。二次オタの場合だと、同人誌即売会がその役割を果たすんでしょうけど。ちなみに、何でB級がいいかというと、なんとなくのマイナー感が僕は好きなので(笑)。

そういうわけで、適度なB級アイドルとして、声優オタクになろうと思ったけど、やっぱり諦めました(笑)。なんでかというと、僕は意外と好きな声優がいないんですよねー、マジで。
いつぞやの、声優ソートでは茅原実里が1位でしたが、みのりんはもうA級アイドル声優だったりするし…。
というわけで、幸いにも(?)声優オタクになるのは諦めました(笑)。

でも、宮台さんの本を読んでいると大学の間に様々なカルチャーに触れるべきだなー、と改めて思った。今日からもっと本も読もうと思います。映画も見ようと思います。漫画もアニメも触れようと思います。音楽もちゃんと聴こうと思います。ちゃんと感想もアップしようと思います。
まあ、ここで宣言していけばするかなー、と思っただけで深い意味はありません(笑)。

ある人が、大学生をマスメディア系/オタク系/サブカル系に分類していて、簡単に説明すればそれぞれの聖地は「渋谷・原宿/秋葉原/下北沢」って形になるわけです。で、言うまでもなく僕は現状オタク系に分類されるわけですが、少しはサブカル系を目指そうと思いました、はい(笑)。



声優ネタのついでに、ニコ動にあったオーケン×みやむー。
そういえば、『絶望先生』が流行っていた頃に、後輩に「大槻ケンヂって有名なんですか?」って聞かれたのは忘れられない(笑)。中央線サブカルチャーとか言われるものって所詮そんなものだったのかと思った瞬間。別に筋少のファンでもないけど、絶望先生の10倍は有名だろ、JK。

コメント返信

なんか、相当遅くなってしまいまして、すみません。

>しょぼんさん

>島宇宙化とは、いわば丸山真男のたこつぼ化であり、社会が複雑になれば、避けられない。いい悪いという道徳的判断は横において、弊害は議論の余地あり

解説ありがとうございます。確かに、弊害は議論の余地ありますね。コメント返信で出来る範囲でもないので…。

>双城さん

>「島宇宙化」って言葉については、どうも誤用しているらしいですね。
>なんとなくのニュアンスで使ってみましたが、やはり勉強不足はよくないですね

誤用というほどではないですが、もともと哲学的に深い意味がある言葉ではないので…。もうちょっと大雑把に捉えた方がいいと思います…。

って…、全然説明になってないなぁ(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

タイトルみてどうしたkeiさんと思ったたまきです

オーケンを知らない人がいることにびっくらした……けれど私も中学まで筋少聴いたこと無かったからいいのか。

私はとにかくいろんな話を求めたいどこかファウスト的な欲求のために、マンガ・アニメ・ドラマ・映画に接しますねえ。これがひどかったのは特に夏ごろでした……大学二年生の頃だったらまだ余裕あったのになあ。

サブカル系とオタク系の区別がつかなくて本気でヤバイと思いました。

ノイタミナのアニメってOPとかあんま見たこと無いんですけど、曲はいいけどアニメーションがアーティスティックなものを志向して逆にオタ的にはあんまりおもしろみのないものになってるなあ、って思います。ハチクロとか、キャラがわーっと出てくるような楽しげなのの期待したら全然違ってたし……
のだめ観たいなあ私も。原作の方は作者さんが産休なので進んでないんですよね。。。

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。