スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラスアルファをパブリックに評価すべきなのか――岸とまーくんの年棒から思いついた暴論

2008-12-28(Sun)
いきなりなんですけど、服装で高校入試の選抜をしたとかいう話があったじゃないですか。まあ、あれは不良を排除するという名目があったらしいですが、やはり問題になった。が、賛成していた人が多かったのは意外でした。

極端な話、イメージアップのためとか言って、オタク(っぽい人)排除とかもOKになってしまうかもしれないので(だってあまりにも基準が恣意的でしょう)、高校というところがそういったことをやるのは問題があるのではないかと個人的には思っています。

要するにパブリックな機関が「成績」で判断するとかいいながら、「プラスアルファ」の部分で評価するということを社会的に容認するかどうか、っていう話なわけです。特に「プラスアルファ」の部分で、本人の努力の問題ではないところを評価するということを、社会的に容認していいのか、っていうのは意外と重要じゃないかと思う今日この頃。

まあ、社会にはそんな「成績」っていう画一的で絶対的な評価基準なんてないのですが、高校入試や大学入試は一応、「成績」で判断するということになっている。そして、スポーツの世界も一応、そういうことになっている・・・わけですが…。

楽天マー君1500万円増7500万円でサイン
【野球】西武・岸孝之投手、越年決定! 2度目の交渉も怒りの保留

岸孝之(西武)
2007年 24試合11勝7敗 3.40
2008年 26試合12勝4敗 3.42 ※日本シリーズで大活躍

田中将大(楽天)
2007年 28試合11勝7敗 3.82
2008年 25試合 9勝7敗 3.49 ※北京五輪選出

この2年目プロ野球選手の二人がチームに7500万円を提示されて、3900万円アップの岸は怒りの保留、1500万円アップの田中のまーくんはニコニコでサインしたという記事。

野球の世界というのは、一応私企業ですが、ある程度パブリックな要素があるところだし、基本的には成績で年棒は判断されるという大前提があるという、すごく特殊な世界なわけです。

正直、僕としてはこの二人が同じ年棒ってのは違和感がある。二人とも2年目ながら、ジンクスになることなくすばらしい成績を残しているわけですが、チーム成績(西武は日本一、楽天は5位)、岸は大卒、まーくんは高卒とかいうプロ野球の慣習的なことも考えれば、岸はまーくんよりは100万でも200万でも高く評価されていいんじゃないか。…まあ、今のプロ野球選手の年棒は高すぎっていう批判は横においておいて、相対評価という意味で。

ただ、球団的にはグッズ売り上げや広告効果は、岸とまーくんはそれこそ10倍…ひょっとしたら100倍ぐらいの差があるんじゃないか。まーくんの2年目の年棒が7500-1500=6000万円なんですが、3400万の岸や他の例と比べても6000万円はあんまりにも高すぎるわけで、どう考えても人気代が入っていたと考えるのが妥当なんだと思う(まあその反省もあって2年目の上げ幅が小さくなったんだと思うし、多分岸もまーくんが7500万と分かれば、近々サインするんじゃないと思いますが)。

でも、やっぱりそれちょっとまずいと思うんですよね。日本の野球界って地域ナショナリズムとかも絡んで高校野球が(大学や社会人野球に比べて)異様に扱いがでかくて、甲子園で活躍すればプロはいる前からスター扱い。
で、まーくんのこの人気って、この歪んだ野球界のシステム(と持ち上げるメディアね)に乗ったものなわけで、こんなの岸が高校生のときまで戻って甲子園のスターにでもならない限り、どうしようもない。

新庄みたいなプラスアルファを評価すらならわかるんですが、まーくんの人気を評価しちゃっていいのかな、とか思う今日この頃。

いや、多分球団側は私企業だし、経営に直結しているので、そういう「人気」を評価するだろうけど、それを「まーくんの方が実質的に稼いでいるんだから、岸ごねるなよ」(実際、その手の反応は結構あった)みたいな形でファンが容認するのはまずいと思う。
人気(ある意味私的な評価)は成績から結び付けられるとは限りませんが、「年棒」というパブリックな評価は、やっぱり「成績」から導き出される方向性に持っていた方がいいんじゃないかなー、プロスポーツである以上。

そういう部分を評価するという方向性自体はなくならないだろうけど、「ちょっと、まずくね?」ぐらいは誰か言った方がいいんじゃないかなー、と思う僕はライオンズファンなわけですが。

…うわー、相当久々に野球の記事書いたな…。しかも、めちゃめちゃどうでいいし、結局何がいいたいのかよくわからん…ってか、ほとんどライオンズファンの僻みだし。大体、このブログを見ている人で「野球記事」なんてわかる人は多分ほとんどいない…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。