スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治的、左翼的、村上春樹的&コメント返信

2009-02-11(Wed)
*声優ネタ

フジオカ 茅原実里Blog

たまたま茅原実里ブログ見てたら、リアルフジオカがいた(笑)。不気味可愛らしいってこういう時に使うんですかね。
たしかに、フジオカをリアルにするとこんな感じになりそう。

どうでもいいけど、フジオカを抱えているみのりんは、かわいい。

*舞城王太郎

セレクたん、メディア芸術祭に出現。-ねとすたブログ

舞城王太郎だと…!?金曜日にシュウカツ帰りによろう…と。なんか金曜日は20時までらしいし。
それにしても、竜騎士07にインタビューしたり、覆面作家で正体不明の(!)舞城に執筆依頼したりと…ねとすたの中の人って何者なんだろう…。

そして、なんでストパンが推薦作に入っているんだろう…。

*政治的、左翼的、村上春樹的

大阪の団体、村上春樹さんに「エルサレム賞」辞退求める asahi.com

はてなとかで話題になっていた村上春樹問題。朝日の記事になっていたようです。

簡単に説明すると、ガザ空爆直後にエレサレム賞という片方のエレサレム(イスラエル)から賞をもらうのは如何なものか、という話。
村上春樹がエレサレム賞だかイスラエル賞だか受賞しても、正直僕には「春樹はユダヤ系に受けるもの持ってるのかな?(春樹が影響を受けたと公言しているアメリカ文学は、ある意味ユダヤ系の世界なので)」ってぐらいしか思わなくて、そういう風に考える人もいるとは思いもよりませんでした。

そもそも僕がこの話を最初に聞いたのは哲学の先生のはてなのブログで、「政治的」となるものがどこかに存在するわけではなく、同時に「非政治的」な場所は存在しえない、という要旨のエントリでした。RSS巡回するブログの中に一個ぐらいサヨク系のブログを入れておくと、便利なものです(一気に同じ問題を取り上げるので)。

まあ、この問題自体は、エレサレム賞自体を受賞するかは春樹先生の自由ということで片付いてしまうんですが(まあ、受賞辞退を呼びかけるのも別に自由ですが)、この問題から波及した「はてな」界隈の村上春樹論というか、村上春樹ファン論が面白かった。

そもそもガザ空爆直後に日本人が受賞した時点で、こういう問題が出てきてもおかしくなかった(村上春樹である必要はなかったんですが)、村上春樹の持っている特殊性がここまで話題を大きくしてしまたようです。

「"村上春樹"的なるもの」についてOhnoblog 2

どうでもいいんですが、クオーテーションをつけて強調する場所は村上春樹"的"じゃないかと思うんですが…。明らかに、村上作品とか村上春樹本人とかを通り越して、春樹ファンなどから想定される村上春樹"的"な問題になっているので…。

僕も一応ハルキストなので(そもそもこのブログタイトル、元ネタは春樹)。、この人の言わんとすることはわからないでもない。
僕も高校時代に村上春樹に嵌って、今でも大好きな作家です。でも登場人物の口調で喋り始めたってのはさすがに無かったなぁ、中2の頃に(なんて中2病)それっぽいことはあったけど罹患した作家は春樹じゃなかった。

で、結局「村上春樹的なもの」が嫌いな人は何が嫌いなんだろう。それがよくわからない。無責任さ?相対主義?デタッチメント?その「政治的」なものを忌避するという政治的態度か…。

ちなみに、この人たちの言う「春樹的なもの」のスタンスをとる人のこの問題に対する模範解答は、さっきも言ったとおり「春樹先生が決めてください、春樹先生の自由です」で終わりなので、そこにほとんど問題は存在しない。まあ、確かにソンタグみたいに授賞式で、声高にイスラエル批判をし始めたら、失望する春樹ファンもいるでしょうが。

コメント返信

>tamakiさん

毎度毎度遅れてすみません…。

>アイテムはタコなんですか?マグロはどうなったんだ……

ルカ本人がタコになって、持ち物がマグロになるようです…なんじゃそりゃ…。

>Eyes on Meすごく好きなんで紹介ありがとうございます。さっそく聴いてます。ルカすげー、ちゃんと英語の発音してる。これは調教したらもっとすごい洋楽ボカロになれますね

なれそうですよね、出た直後でこれなので。あの記事書いた後、ニコニコ動画をチェックしてなかったりするんですが、どこまで進化したのかわからないんですが…。

>マンマミーアは私も機会があったら見てみたかったりします。

ABBAはいいですよねー、ポップな感じで。映画のマンマ・ミーアはどうしよう…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近村上春樹の本読みました。オレも感想書こうかなぁ。

>問題に対する模範解答は、さっきも言ったとおり「春樹先生が決めてください、春樹先生の自由です」で終わり

↑の文の意味がちょっと分からなかったんですが、エルサレム賞に対する村上本人の姿勢だったらたしかに本人の自由だと思うんですが、ここで言われているのは春樹ファンも含む“村上春樹”的なものへの不信感なので、村上とファンを切り分けるのはたぶん違うんですよ。村上春樹的なスタンスをとる人全体の政治的ふるまいに対する問題なんです、たぶん。
ファンと村上を同一視する「“村上春樹”的」ではなく、「村上春樹“的”」ファンと村上春樹本人を切り分けてしまうあたり、ハルキストのKeiさんはやはり政治的無(ry

ところで、村上春樹の小説の「ぼく」を“あの顔”で全部本人の体験談だと考えるとムカついてきませんか?(笑)
ようするに嫌ハルキ厨は新海誠ファンなんかのちょうど逆で、僕のように作者の人生に嫉妬している非モテだと思うわけです。

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。