スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウンGP勝利に今更ながら思うホンダF1撤退

2009-03-30(Mon)
日曜日は朝5時まで大学にいたり、F1みたり、00みたり、「みなみけ」最終回みたりしているうちに終わってしまいました。

F1開幕戦・オーストラリアGPはHONDA F1を受け継いたブラウンGPが1-2を決め、ジェンソン・バトンが3年ぶりの勝利!
バリチェロはミスもありましたが、ベッテルとクビサが絡んだおかげで、2位。まさか今年もバリチェロの表彰台を見ることになるとは、数ヶ月前に誰が想像しただろう(笑)。トゥルーリはペナルティでせっかくの3位表彰台をふいにしてしまったわけですが、どうもF1のペナルティって毎回毎回不可解なんだよなぁ…。

*今更ながらホンダF1撤退の話

今にして思えば、ホンダのF1撤退って、金銭面の問題よりも、ブランドイメージの転換を目指したのが大きかったんじゃないかなぁ、と思います。実際の今のブラウンGPの運転資金はホンダが出しているという噂もありますし、2009年3月期決算でホンダは通年ならば黒字の見通しらしいし(もちろん下期のみなら赤字ですが。ひょっとしたら赤字に下方修正されてたりして)。派遣切りするぐらいなら、モータースポーツを切れっていう批判はもちろんあるわけですが。

F1を切る、っていうことで「レース」「スポーツ」っていうイメージのあるホンダブランドの転換を狙ったような気がします。次期NSXの開発も中止になったのがいい例で、F1に付属する様々なイメージをホンダはもはや必要としてない。もっと言えば、宗一郎の威光も必要としてないんじゃないでしょうか。

今、ホンダが売りたいのはインサイトで、F1で「エコ」がアピール出来るならば、ホンダがF1に参戦し続けることが出来たのかもしれません。しかし、ホンダF1が2007年に投入したアースカラーは、その遅さも相まって「モータースポーツなのに環境保護とか偽善的」とかボロクソに叩かれた、と(そういえばバトンの苦悩はこの年から始まった・笑)。

まあ、そういうわけでモータースポーツファンはこれ以上ホンダに何か期待しない方がいいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。