スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤優『国家の罠』

2009-05-18(Mon)
ここのところ、あまりにもスパムコメがうざいので、コメントに数字認証を導入しました。お手数ですが、コメントを書き込まれる際には、数字認証の入力をお願いします。

*東のエデン

ここ2週間で『東のエデン』がぐっと面白くなってきましたね。さあ、初っ端からふられまくりの大杉君、死亡フラグを回避できるのか、ってのはどうでもいいとしても(おい)、大杉君の描き方といい咲の描き方といい、若者描写が面白い。神山さんだって若くないと思うんだけど、どうやったらこういうアニメが作れるんだろう。

にしても、先週、大杉君が「社会にコミット出来ない奴がどうこう」というのを咲に語ってて、「そんなうざいこと言っているから咲にふられるんだよ」とか思ったけど、自分もリアルでたまにそういうことを語っているような気がする…。
今度から気を付けよう(笑)。

*国家の罠

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
(2007/10)
佐藤 優

商品詳細を見る


話題になったのは随分前のような気もしますが、ついこの間やっと読みました。って、これ読み終わってから一週間たってる気がする(笑)。

佐藤優は外務省の職員で、鈴木宗男とともに対露外交に携わっていた人。ここ数年、総合誌、オピニオン誌あたりではお馴染の人ですね。
で、後に鈴木宗男とともに逮捕され、後のホリエモン逮捕とともに「国策逮捕」というフレーズが流行ったのは記憶に新しいと思います。

で、対露外交の話から、実際逮捕され、検察の取調べを受けるまでのことを書いたのがこの本。

この本の中に出てくる東京地検特捜部の検事曰く「国策捜査は『時代のけじめ』をつけるために必要なんだ」だと。「国策捜査とは、国家がいわば『自己保存の本能』に基づいて、検察を道具にして政治事件を作り出していくこと」と。「そして検察はターゲットとした人物になんとしても犯罪を見つけようとする。そして、みつからない場合は、検察は『事件を作る』」と。

その上で、佐藤優は、(従来型の政治家であり、対露外交にも精通している)鈴木宗男逮捕は「『ケインズ型の公平分配の論理』から『ハイエク型の傾斜配分の論理』への転換、「国際協調愛国主義」から「排外主義的ナショナリズム」への転換を実現する上で好都合な『物語』だった」と総括しています。

金融危機以後の今となってはちょっと隔世の感もありますが、たしかに鈴木宗男事件は国会議員のあり方を大きく変えたのかもしれませんね(地方への分配とか)。この本を読んで、鈴木宗男や森喜朗への認識がかわった、という人は多いと思います。

作中に「新聞にはちゃんと書いてあるんだけど、国民の実質識字率は5%だから何の意味もない」っていうフレーズがあって大爆笑したんですけど、本当にそうだなー、と(笑)。
中学高校の頃は割合新聞マメに読んでいたのに、鈴木宗男が何をしてきたか、とか森喜朗が何をしてきたか、ということはワイドショー的なことしか知らなかったわけですし。あっ、今は新聞すら禄に読んでません。よゆーの95%です。

にしても、この本は本当に面白かった。僕自身が、外交とか国際関係論とかあんまり詳しくない(ってか基本的にほとんど興味ない…)ので、そういう点でも勉強になりましたし、すごく面白かったです。あと、リーダビリティはここ最近僕が読んだ本の中でも一番。どうすればこういう文章、「物語」(物事を順序だてて語る)がかけるのか想像もつきません。

*佐藤優

この本とか次著の『自壊する帝国』とかを読むとわかるんですけど佐藤優マジで頭いいんですよ。これに感染してしまう、ってのはすごくわかる。

同志社神学部出身の佐藤優は、人文の人間が人文の知識を活かしてどう社会で活躍できるのか、っていうモデルとして読めると思います。もともと、佐藤優本人は神学に興味あって、チェコに留学しようとして外務省に入った(ノンキャリア)っていう異色の経歴の持ち主。なので、人文系の人間が読むと色々と共感してしまうところは多いと思います。

『自壊する帝国』の方に、外交官時代の佐藤優がロシアの人文系インテリに人脈を作っていく話があって、そこで大事なのは「教養」なんですよね。「教養」があってお互いにインテリとして認め合う、みたいな感じでしょうか。まあ、そんな世界が日本のどこにあるのか、という疑問はありますけど(笑)。

そんな感じで同じ人文系の人間としても共感しやすく、僕とおつむの出来が桁違いなんだろうなー、と思いつつ久々に勉強しなきゃー、という気分にもなりました。

あと、どうでもいいんですけど、僕の手元に「東浩紀+鹿島茂+佐藤優+松原隆一郎」っていう珍妙な面子の対談の載った『文学界』があって、そこで鹿島さんが「サン=シモンは社会主義じゃなくて、産業超優先の外部注入型開発独裁。公務員的なものを一切認めず全部産業資本化し、完全民営で行う。その中に農民も含まれている。ただし極端な民営化をすすめるとアナーキズムが起きるんので、その予防措置としてテクノクラートという指導階層をつくって、テクノクラートがリードする国家を作ろうという発想。それを実行したのがナポレオン3世の第二帝政」って発言しているんですが…マジ?そんな話始めてきいた…。

って、結局、本書と関係ない話ばかり書いたような(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

思い出せました

私が初めて佐藤さんを知ったのが、TBSラジオ アクセスに出演された時で
民主党小沢代表の疑惑(主に検察のこと)についていろいろ言っていて
佐藤さんという人物に興味ひかれたのですが、作業しながら聞いていたので
名前を忘れてしまいw ずっと「あの時のゲスト誰だったっけ?」
という状態だったんですが、Keiさんのおかげでわかりましたw
ありがとうございます。
今回ご紹介された本も機会があれば読んでみたいと思います。

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。