スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1ブログではないゆえのF1の宣伝

2009-05-26(Tue)
先週末は(人生で初めて?)リア充ならぬF1充やってました。F1について酒飲みながら昼間からくっちゃべって、夜はモナコGPを見て…。
普段まわりにF1について語れる人がなかなかいないので、本当に楽しくて貴重な時間でした。

まわりの人を聞く限り、「F1大好き」って人は「友人の友人」レベルでそれなりにいるみたいですが、直接の知り合いにはなかなかいないんですよね…。ちらほら見る、って人は結構いますけどね。

そんなわけでまわりにF1をこそこそ宣伝中したりはしてます(笑)。

F1もっと広まらないかなー。ブラウンGPがホンダのままだったら、今頃F1ブーム再来していたかも…と思うと、もったいなすぎる…。

*F1の魅力

せっかくなので、あんまりいないと思いますが(笑)、一応ブログの読者向けにF1の魅力は語ってみる。

F1の魅力はマシンの格好良さ、ガチンコバトル自体の面白さ、戦略の面白さから、ドライバー・チームの裏話や裏政治の面白さ(←スポーツとしてそれはどうなのかと思いますが・笑)まで色々あって語ろうと思えばいくらでも語れるんですが、どうしても一つ選んであげるとするなら、「人間」をあげます。
あらゆるスポーツそうといえばそうかもしれませんが(笑)。

たとえば、今のF1って、ドライバーからしてみれば、本当に「平等」という名前とは程遠いスポーツで(笑)、レースの結果はマシンの速さで6、7割は決まってしまう(マシンは全車同じではないので)。

でも、遅いマシンでもコンマ1秒でも速く走ろうとドライバーは努力する。マシンの120%が引き出せれば、自分より速いマシンに勝つことができる(かもしれない)。信じて走り続ければ、運が転がり込んできて優勝できたりする(かもしれない)。
さらに言えば、(ドライバー本人がマシンを直接つくるわけではないですが)マシンの状態を的確にエンジニアにフィードバックすることによってマシン自体を速くできる(かもしれない)。

本当によく思うんですけどF1って平等とは程遠い(笑)。やたらと政治が介入してきたりするし、ドライバーの決定に能力以前にナショナリズムとかお金とかが介在してくることだって珍しくない。トップ走行中にエンジントラブルでリタイアとか、こんなに理不尽なスポーツないですよ、本当に(笑)。突如として、車会社の本社が撤退を決めたりとかね(それは他のスポーツでも今は普通になってしまったりしてますが…)。

でも、ドライバーしかりエンジニアしかり、そんな与えられた環境の中で、全力をつくす。
たしかに、不確定要素も多くて理不尽なことも多いけれども、その中で全力で戦う「人間」がすごく輝いていて、僕の中でF1を見る最大の理由になっている気がします。
…もちろん、理不尽なことは減るに越したことはないんですが。

なので、R28に続いて、これまた微妙なR29で戦うアロンソに今年も頑張って2、3勝してほしいなー、と思う今日この頃です。厳しいかなー。

…色々いいましたが、F1はまだマシで他のモータースポーツはもっと知名度は低かったりするんですが…。まずはF1って感じでしょうか…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

keiさんがいつになく男前に語っているのでかなりときめきました。リア充っぽいです(笑)
機会があれば私もテレビからでもいいので見てみたいですけどF1って放送時間結構遅いですよね…?

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。