スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterって意味あるの?

2009-07-09(Thu)
前回のヱヴァのエントリは想像以上のはてブを頂きました。ありがとうございます。なお、普段は次回記事でコメント返信をしますが、ヱヴァの記事はネタバレの観点から、該当記事のコメント欄でしています。

*Twitterの内容は面白くない?

で、ヱヴァの話とは今回は全然関係なくて、Twitterの話。
Twitterを使い始めたのは今年の3月ぐらいから。Follow、Followerも二桁後半にはいり、POSTも順調に4桁をこえ、初心者ユーザからアクティブユーザになったかなぁ、って感じのユーザです。

この記事に書いてあることは、Twitterヘビーユーザには結構当たり前のことかもしれませんが、Twitter初心者に向けてTwitterのメリットを紹介するという感じの記事です。そもそもTwitterって何ぞや、って人はこの当たりを参照してください(丸投げ・笑)。

Twitterにメモ残しておけばええやん、とも思ったけれど、Twitterと日記はやはり違いますよね。Twitterは便利すぎて、ポストするまでの手間がなさすぎて、世界に情報を発信するメディアとして即時的すぎて、ポストする内容について深く考察しない傾向があると思う。抜け殻みたいな、意味がありそうで薄っぺらい意見ばかり垂れ流される。価値のない情報ばかりログにたまる。
ありえねにっきぃ?



renさんがこんなことを書かれていました。僕の友達も同じようなことを書いてたし、実は僕も同じようなことを書いたことがあります。

もちろん、人によってTwitterの使い方は違うので何ともいえませんが、僕も基本的にrenさんの考え方に同意します。たとえば、僕のこの中身のなさそうなブログでさえ、あれだけ書くのに結構手間かかってます。どういうことを書くか、やっぱりああ書くのはこう書こうとか、色々考えた上で書いてる。

でも、Twitterの場合はほとんど考えずにPOSTしてる。一見、考えて中身がありそうなPOSTでも、ある物に対して、ずっと思っていたことを書いてることが多い(他の方はわかりませんが、僕の場合は)。そんなものは数ヶ月程度では変わらないので、今見てもその意見がさほど面白いとは思えない。
そういうわけで、自分のPOSTの過去ログを見てもそんなに面白いと思えないんですね(ひょっとしたら、数年たったら違うのかもしれませんが)。

そういう意味で、ブログ代わりにTwitterを使おうとすると、ブログに書いてたことよりも面白くないことを書くことが多いような気がします(もちろん、個人差はありますし、これは僕の感想です。以下、面倒なのでこの注釈はつけませんが、以下同と思ってください)。

*単純にTwitterは面白い

で、それとはまったく話は別として、Twitterは単純に面白い、と僕は思ってます。フォローするユーザが増えれば増えるほど、Twitterの見方はかわってくると言われていますが、とりあえず現状では面白い。

そもそも、僕は今考えていることを、ネットという誰かが見ているかもしれない、という空間に書くのが好きなので(だからブログもやってる)、それを手軽に書けるTwitterは僕にとっては結構楽しいです。また、突発的にチャットが発生したりするのも面白いし、当然、僕がそこそこ趣味などがあう人をフォローしているのでフォローしている人の発言をTL上で見るのも面白い。人間関係もよく言われるように「ゆるい繋がり」で、非常にいい。それに、興味持った人を誰でも好きにフォローできるってのもいいですね。

そういう意味でTwitterは僕としては面白いと思ってます。

*では、バカと暇人以外にとってのTwitterメリットとは?

ただ、僕みたいなバカと暇人は「面白いから」でいいですが、世の中には忙しい人もいるわけで、そういう人にTwitterは勧められるのか。ようするに、Twitterに「時間の無駄」というデメリット以上の「面白い」以外の利点はあるのか、と僕の3ヶ月間ぐらい経験から考えてみた。

それは情報が速い。そして、自分にとって本当に重要な情報を手に入れられる、ということだと思います。

実はマイケル・ジャクソンの死も、忌野清志郎の死も、栗本薫の死もそれを知ったのはTwitterでした。それは僕がTwitterばかりを見ているからですが(笑)、Twitterという場はフォローした人数分の口コミが集まっている場なので、ニュースをチェックしなくても、本当に人口に介錯するような重要な情報ならば手に入れることが出来ます。

その最たる例が栗本薫の死で、僕はそのことに気づいたのは前述の通りTwitterでした。当然、真偽を確かめるべく、Yahoo!のトップに飛んだわけですが、トップには一切書いてません(すでに掲載時間を終えてたみたいです)。正直、栗本薫という人の残した功績を考えれば、一日中トップに上げていてもおかしくないと思うんですがね…(ぶっちゃけ、Yahoo!の中の人の教養を疑う)

それはともかく(笑)、一部の人にとっては重要なことであっても、多くの人にとってはどうでもいい情報って多いですが、同じようなことに興味を持っている人をフォローしていればそういう情報を入手できるというメリットはあると思います。
もちろん、ニュースサイトをRSSにいれて、それを全部チェックすれば同じことは出来ますが(笑)、ニュースサイトのRSSをすべて見るのは大変ですし、自分の手で入ってくる情報をある程度取捨選択できる、というのはTwitterならではかなー、と。

あと、情報の速さ、手軽さも同時に魅力。意外な話なんですが、Twitterは基本的には同期メディアなので(アーカイブが残るという非同期的要素もありますが)、TVとの相性がいい。「今、TVで○○やってる」「今、アニメはじまた」といった形で、TVで自分が興味あることがやっている時に気づきやすい。実際、僕もTwitter始めてからTV見る時間が増えました。そのまま実況することも可能ですし…そういった形の同期メディアとしての魅力があると思います。

また、反応が即座に見えるってのも魅力です。ブログ検索などを使えば、結構反応はすぐ見れたりしますが、Twitterはもっとリアルタイムに簡単に見ることが出来ます。

さらにゾーニングができるというのも一つの魅力です。基本的にフォローは興味のある人のみをすればいいので、自分が興味のない意見ばかりをいう人をフォローする必要は無いし、そこそこ自分が信頼を置いている人のPOSTのみがTL上に表示できるという利点があると思います。

そんな感じでPOST自体には「内容がない」ことは多いですが(笑)、それ以上に色々とTwitterは魅力があるんじゃないかなーと、僕は思います。

ただ、本当に使い方によって全然感じ方はかわってくるので、ここに書いたのは僕の感想に過ぎないので…再度念のため。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。