スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バリケロ」表記の真相はイタリア語読み!?――バリチェロvsバリケロ論争・解決編(暫定版)

2009-09-14(Mon)
昨日のイタリアGP。さすが知将ロス・ブラウン。見事にバリチェロが今期2度目の優勝を飾りました。おめでとうございます。

さてさて、このルーベンス・バリチェロ(Rubens Barrichello)。もともとバリチェロで統一されていたと思うんですが、ここ最近バリケロと書くメディアも多くて、僕はてっきりブラジル・ポルトガル語でバリケロ、英語でバリチェロと思ってました。ところが、「いや、ブラジル人はあれでバリケロなんて読まない!」という証言を見たので、バリケロは結局何語なの?と思って調べてみました。

で、ググって得た情報とついったーの皆様の情報提供をつなぎ合わせた結論(注:僕は英語もポルトガル語もイタリア語も出来ません。念のため)。

英語:バリチェロ(ひょっとしたらバリケロ?)
ブラジル・ポルトガル語:バリチェロ、バヒケロ、バリシェロ…複数証言あって不明。詳細後述。
イタリア語:バリケロ
彼本人の発音:バリケロ。

正確な発音記号などはわかりませんので、カタカナにするとこんな形が近い、ということでご了承ください。あと、カタカナ表記時の「バリッチェロ」と「バリチェロ」のような促音、あるいは巻き舌表記は省略しました。そこまではわかりませんw

では、ブラジリアンな彼は何故イタリア語読みのバリケロで、自分の苗字を呼ぶのか。

フェラーリのドライバー、Rubens Barrichello。イタリア系の名字なのでイタリア語読みのバリケロを採用している。
【読者からの指摘】サンマリノGP、3位はバリケロではない! レスポンス



というわけで、ブラジルポルトガル語どうこうより、彼本人はイタリア系の苗字なのでイタリア語読みで「バリケロ」と読んでいるようです。あと、フェラーリ時代が長かったのもあるのかもしれません(不明)。
実際、彼が「バリケロ」と呼んでいる、という産経新聞の記者の証言もあります。

 「バリチェロ選手、あなたの名前を母国の言葉、ポルトガル語で発音してください」
 バリケロ、答えて
 「Rrrrrrぅ?ベンス、バRrrrリケッッロ」
外国人名地名の表記について(4)こんなエピソードも:証城寺の夜



元発音のソースを後で探します…多分、どっかに自分の名前を言ってるのがあったと思うんだけどなぁ…。ただ、インタビューは英語で行われるのが普通なので、「ミヒャエル」→「マイケル」みたいに英語読みしている可能性もあるのでアテにはならないのですが…。

■イタリア語

一応、念のため。イタリア語でもう1個ソース見つけたので貼っておきます。イタリア語でバリケロなのは間違いなさそうです。

バリチェロの綴りはBarrichelloなので、「バリケロ」と言うのはイタリア語読みである。フェラーリ在籍時代はイタリア語読みで「バリケロ」と呼ばれる事も多かったので、
1701 OOPer: バリチェロ?バリケロ?バリシェロ?[2007/07/20(Fri) 04:28:04]:OOPer's BBS



■ブラジル・ポルトガル語

では、彼の母国・ブラジルではなんと呼ばれているのか。これが実に諸説ありまして、バリチェロ(バッリチェッロ)説バリシェロ説バヒケロ説と様々な説があります。

バリシェロ説が結構詳しそうな人から2票(もう1個のソース)あるので、正書法(なるものがあるらしい)でバリシェロというのは信憑性高そうです。

ただ、

ポルトガルでは r の発音はスペイン語とほぼ同じように語頭や rr は巻き舌、語中、語尾は日本語のラ行に近い音が正則とされていましたが、20世紀後半頃までに都会部ではブラジルと同じように語頭と rr はのどの奥から出す音に変わったようです。現在でも田舎の方では昔の発音が残っているそうです。のどの奥から出す音でも、ブラジルでは [x],[h] で表される音でハ行に近いものですが、ポルトガルでは懸壅垂の摩擦音でフランス語の r に近いものです。
ポルトガル語の発音:教えてgoo



「rr」の発音ですらこれで、「che」に至っては謎。こんな感じで、読みの地域差も半端ないようで、実際バリチェロがどうブラジルで呼ばれているのかはさっぱり不明です。ニュースではバリシェロなんでしょうかね。

■英語

僕の乏しい英語の勘でBarrichelloは「バリチェロ」だろう、と思っていたので、特に疑ってなかったんですが、英語でも「バリケロ」じゃないか説を指摘されました。実際、この動画でも「バリケロ」と連呼してます。

ただ、これらは英語喋っている人が、本人の発音に合わせて「バリケロ」と発音しているんじゃないか、と思います。実際、数少ないですが英語の発音が「バリチェロ」だ、という指摘もあります。

なので、バリチェロじゃないですかねー。

■結論

まあ、別にバリチェロでもバリケロでもどっちでもいいと思います(何)。

ツッコミ歓迎です。ツッコミ入ったら、どんどん内容継ぎ足していきます。

適当にググっただけですが、これらの疑問を呈している人は多かったですが、こんな感じでまとめている人は見当たりませんでした。ひょっとしたらいたのかもしれませんが、残念ながらGoogle上位には表示されてませんでした。
何度も貼った「レスポンス」のこの記事を読めば大体の真相はわかるんでしょうが、残念ながらこの記事、グーグルではなかなか引っかからなかったです。

この記事が「バリチェロ バリケロ」問題を調べる人の助けになれば幸いです…。もっともうちのブログじゃ、Google先生上位には載りませんがね…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。