スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ヘヴンズ ストーリー』感想

2011-10-27(Thu)
278分あってあの『愛のむきだし』より長いことで定評のある『ヘヴンズ・ストーリー』を「川崎しんゆり映画祭」で見てきました。



この映画は父母姉を殺された少女、妻娘を殺された夫、その犯人、復讐を生業とする復讐屋、若年性アルツハイマーを宣告された人形師、そうした人たちがいくつもの殺人を介して繋がりっていくお話です。

最初、父母姉を殺された少女サトが妻娘を殺された夫が復讐を誓ってTVに向けて復讐を誓うシーンをみて失禁する章から始まります。この印象的な始まりはtwitter「おもらしクラスタ」の人には是非見ていただきたい……長いから勧めづらいですが。

それはともかくPVみてもこうした始まりをみても最初は「理不尽な暴力」に人間にどう立ち向かっていくか、を描いているのかなと思っていました。こうしたモチーフはここのところ頻繁に描かれているような気がします。最近だと園子温の『冷たい熱帯魚』がそうですし、『ノーカントリー』とかもそうでしょうし。古くから不条理劇はあるわけですけど、こうした理不尽な暴力を描いた作品に個人的には違和感は覚えたりもしてました。

こうした作品において、理不尽な暴力を行使する主体として「理解不可能な他者」(この場合は殺人鬼)が鮮明に描かれ恐怖を覚える。でもそれは本当に理解不可能な他者なのか。こうした当然の疑問に『ハンニバル』シリーズなんかはトラウマ・幼少期の体験である意味合理的に説明してしまいした。が、単純にこうした手法は理解可能なレベルにおろしてしまうっていう点で余り感心しなかったります……。90年代のミステリも同様の手法をとることが多かったように記憶しています。

いわゆる犯人のトラウマなどに原因を帰着させる作品を直線的というならば、『ヘヴンズ・ストーリー』は「殺人」を多面的に立体的に描いていると言えると思います。この作品において担う女性と赤ちゃんを殺してしまった男性が後半において重要な登場人物として描かれています。前半ではこの「殺人鬼」への復讐というのが物語を形成する軸となるのですが、この犯人は後半部において刑務所での手紙と面会で出会った女性(後に若年性アルツハイマーとなる)を支える「人」として出てきます。

この作品は群像劇になってて、終了後の監督のトークショーでも「阿部和重の『シンセミア』のような作品を意識したか」などの質問が出てました。それに対しての監督の回答は「中上の紀州サーガのようなものを目指した」とのことだったように記憶してます( 間違えてたらすみません)。もっともサーガとしてみるには4時間あったとしても広がりは足らないと思いますし、個人的には中上のサーガよりは『シンセミア』的の方に近いような気もしますが……。
その群像劇なのを生かして、複数の人間を複数の文脈、複数の方面から描き出すことに成功しているわけですが、では、それを用いて何を描きたかったのか。

「母と子」を殺した彼は「理解不可能な他者」であったはずなのに、この映画では彼の「生」「愛」といった「人」としての側面も描かれる。でも、結局何故その「母と子」を殺したのかははっきり描かれないんですよね。成長した環境が問題だったとは匂わされますが、それも裁判のときに問題になる程度。本当に「魔」が差したとしか言いようがない。「理解不可能な他者」である彼をトラウマなどに還元して解体するのではなく、「闇」の部分はそのままにしつつも、愛することも愛されることも知った「人間」として描くことに成功している、この描き方が本当に面白かった。

この作品は「理不尽な暴力」を描いているわけですが、その「理不尽な暴力」を受ける側がイノセンスなものとして描かれているかというとそうではない。同時に「理不尽な感情」も何重にも描いている。実際、作中の電話をかけるシーンで「理不尽だとはわかっています。だけど私はあなたが憎い」との趣旨の台詞があったと思います。
4時間半という尺を使って、俗っぽい言葉でいえば「心の闇」を心理主義的に解体するのではく、作中の登場人物が「人間」と「怪物」の両方を兼ね備えていることを群像劇を用いて描いていく。この丁寧さは「理不尽な暴力」を描いた作品の中でも群を抜いて素晴らしいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。