スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校の未履修問題

2006-10-26(Thu)
まずは、タイトルと関係なく北海道日本ハム、日本一おめでとうございます!福岡ダイエーが11年かかったことを、北海道日本ハムはたったの三年でやってしまいました。たいしたものです。このまま北海道の根付いた常勝球団になってくれることを期待します。
何事も2年目が勝負です。千葉の某球団みたいにならないように、頑張ってください。
あ、あとアジアシリーズ頑張ってね。

というわけで、続きまして「高校の必修未履修問題」。
いやー、日本全国の進学校出身の皆さんはおそらく「あ?、あるある。使いもしなかった教科書を買わされた事が」と思いでしょう(笑)。僕も全く同じ気持ちです。
まあ、必修科目を履修してない、というのは進学校において「受験に必要ないから」という理由は理解できないこともありません。つーか、実際高校時代、「世界史とか受験関係ねーし、聞かない」と主張して碌に授業を聞いてなかった理系の奴も一杯いました。それどころか、文系も東大、京大を狙う奴以外は世界史を碌に勉強してない奴が一杯いました(東大、京大を狙う奴にもいた・笑)。
僕は別に必修だから勉強しろ、という気は更々ございませんが、「大学で社会科学・人文科学を学ぼう」と思っている奴は最低でも世界史は勉強しろ、とは言いたい。
法学、経済学、社会学だろうと、歴史的経緯というのは必ず重要な問題になります。
例えば、フランス革命を例にとっても、法学では「基本的人権」の成立を理解する上で重要な出来事ですし、社会学にとっては重要な社会変動の一つです。経済学でもニューディール政策を知らずにケインズがどうこうとはいえないでしょう。文学も読む解く際に、その時の社会情勢を知らずには語れないでしょう。哲学も当時の社会と、密接にリンクしていることは言わずもがな。
はっきり言って、世界史は文系(と世間一般で言われているもの)を学ぼうと思っている人は受験に必要あるなしに勉強するべきだと思います。

ちなみに、今日ガイダンスにを聞きに言った表象言語のセンセイも「関が原の戦いとフランス革命がどっちが先にあったかを知らない奴に来られても困る」とおっしゃってました。…て、どっちが先でしたっけ…(汗)。僕の勘では関が原の戦いが先のような気がするのですが…、(授業は聞いていましたが)世界史受験ではないので絶対年代には弱いんです…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。