スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユヤタン、復活!!佐藤友哉・新時代への序章!

2006-11-16(Thu)
というわけで、2連続書評です。

しかも、今度はあの佐藤友哉です!

サークルの友達がなぜか「新潮12月号」を読んでいたので、佐藤友哉の最新小説『1000の小説とバックベアード』を読ませてもらいました。
新潮 2006年 12月号 [雑誌] 新潮 2006年 12月号 [雑誌]
(2006/11/07)
新潮社

この商品の詳細を見る


ユヤタン、復活?佐藤友哉新時代への序章

ハルヒの次が佐藤友哉かよ、というツッコミはスルーで。というか、ハルヒのおかげで佐藤友哉の良さを再度理解できたような気がするぐらいです。
正直、ココのところのユヤタンは迷走状態で、正直「どうなのかなぁ?」という作品が多く(「鏡姉妹」は酷かった!)、HPのプロフィールの欄にも「好きだった作家」に分類していました。
しかし、今度「新潮」に一挙掲載してきた『1000の小説とバックベアード』は本当にユヤタン復活です!
というか「新潮」に一挙掲載というところをみても、本気で編集者は三島賞狙いの様子。というか、僕が選考委員なら絶対あげるし。
でも、場が読めない宮本輝センセイ(まだ選考委員だっけ?)あたりに反対されそうなので、僕がここで勝手に「Kei的現代日本文学大賞」を差し上げます!って、そんなもん貰っても迷惑ですかそうですか。

というわけで、
いい加減、ストーリー紹介&感想

うーん、ストーリーは紹介できるはど単純なものではないんですよね…。まあ、ざっというと、よく小説家が「書けない」ことに悩んでいる私小説ありますよね?多分、原稿に追われて書くことが無くて、苦し紛れに書くんでしょう。「実験小説的だ」「メタだ」なんだかんだ言って褒められても、どこかつまんない、そんな印象のあるこの手の作品。そりゃそうです、既存の小説枠内で悩んでいるんですから、そりゃそうだ。毎回、同じことだし。
でも、さすがセカイ系を代表する佐藤友哉センセイ。思考回路が違います。セカイ感が違います。当然、言葉で表現できない概念、ものというものはあります(現代思想で言われる暗黙知って奴ですね)。人間はことばでセカイを分節化し、認識しているのです。ならば、新たな言葉(=セカイ認識)を作ってしまえばいい!

つまり、いわば佐藤友哉は自らハルヒの役割をやるぞ!と言っているわけですね。さすがに言ってないか

と、いきなり脱線気味の暴論をのせておきます。さすがに、佐藤友哉はここまではいってないと思いますが、佐藤友哉の小説に対する真摯な考え方というのが伝わってきます。実際、この小説で提示される小説観はどっかの都知事の小説観なんかよりも100倍ぐらい切実だし、今文学が抱えている問題に対して自覚的。しかし、この事に気づいていない作家が余りにも多すぎる!
この小説は佐藤友哉が「現代日本文化」における「文学」に果たすべき役割を明示したものだと思うし(勿論、役割についての異論はあるだろうが)、ある意味この小説自体が現代の『浮雲』にならんとしている…はいい過ぎか。

おそらく過分な評価だと僕も書いていて自覚しているが、僕が小説を読んで久々に色々な面で熱くなったのも事実。この小説を純文学界が高く評価できないならば、それは「僕がこれレベルの作品が日頃書かれているのを知らない」or「日本の純文学の評価制度は文学の枠の中に閉じこもっている」のいずれかとしか思えない(出来れば前者であることを願うが…)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ゆーたん万歳!(開き直り)

ハルヒの「宇宙人、未来人、異世界人――」のくだりを見た瞬間、「何この鏡稜子は」とすかさずツッコミを入れつつ予言者の登場を待ち望みに読み進めたら、それ以上の破滅的超能力者だったことに圧倒された、そんな有瀬慎二の今日この頃――。

ユヤタン復活おめでとうございます!ゆーたんならきっとやってくれると思ってましたよ!いやっほう!さすがはファウスト組のダークホース!(人気で言えば筆頭は、西尾維新なんでしょうかねえ…。)

……えっと、勢いでコメントしてしまいました。特にそれ以上は考えておりません(苦笑)。雑誌はなかなか手が出ないので、早くノベルズなり文庫なりで出るといいなあ、と思いつつ、実は凄い期待してなかったり。これは、もはや、怖いもの見たさでしょうか(笑)。

PS.
鏡姉妹、酷かったですか?まあ、エナメルに比べれば劣るような気はしましたけれど…(それはもう色んな意味で。)

オープン模試…懐かしさを感じる今日この頃

>ユヤタン復活おめでとうございます!

本当に、久々です。調べたら去年のファウスト以来1年ぶりの小説。もう終わった戯言シリーズより先に始まった鏡家サーガなのに、いつ終わる事やら。
個人的には佐藤友哉以上に本を出していない氷川透が大変不安です。というか、売れなさ過ぎて、仕事がこなくなった…のかも?

>雑誌はなかなか手が出ないので、早くノベルズなり文庫なりで出るといいなあ、と思いつつ

僕も佐藤友哉のために「新潮」を買ってくる変な奴が友達にいなければ、多分読んでませんでした(笑)。370枚らしいので、加筆修正で来年中には新潮社からハードカバーで出ると思います。文庫は…いつになることやら。
佐藤作品は過去一度も文庫になった事がない、らしいです。『フリッカー式』の文庫化の話は何処へいったんでしょうか…。

>鏡姉妹、酷かったですか?

いえいえ、佐藤友哉には常に進化を(勝手に)求めているので(笑)、正直どうかな、と。それに比べて、「1000の小説とバックベアード」は確実に進化を遂げてます(と、勝手に断言)。

わざわざ、コメントありがとうございます。

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。