スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始の堕落

2007-01-04(Thu)
ベックを読まなければならないのに、まだ1ページも手を付けて無かったり、そろそろ進路決定のために社会学の勉強をしなければいけないのに、全くギデンズに手を付けて無かったりするKeiです。まあ、いいや。社学の試験に落ちれば、楽しい楽しい国文所属ですから(←やけ・笑)。

ちょっと説明しておきますと、うちの大学は学部内の所属は2年次に決定するんですね。
そこで僕は第一志望に社会学専攻を、第2志望に国文&中文(←何故一緒なのかは突っ込んじゃいけない)なんですが、第1志望の社会学は人気が高い故に試験があるんですよ…はい。第2志望の国文中文は人気は全然無いので(笑)、第2志望には最低でも滑り込めるかと。
ちなみに専攻の中で一番人気が無いのは哲学。逆に一番人気があるのは心理学となっております。どこの大学でも哲学が人気無いのは同じのようですな?、かつてはうちの哲学は看板だったらしいのですが…。

まあそんなわけで、完全に寝正月を過ごしたKeiです。箱根駅伝自体はさほど熱心に見て無かったのですが(午前中「メジャー」見てたし・笑)、たまに昔高校駅伝に出ていた選手がいて微妙に嬉しかったり。箱根駅伝って本当に何が楽しくてみんな見てるんでしょうね…。甲子園なら地域ナショナリズムを通して理解できますが、箱根駅伝は出ている大学は東京ばっかだし…(神奈川大学がある、とかいうツッコミはなしで)。別にどこを応援しようと言う気にもなりませんしね…。

そう言えば、昨日古本屋で400円で売ってた
新現実 Vol.2 新現実 Vol.2
大塚 英志 (2003/03/31)
角川書店

この商品の詳細を見る


を買っちゃいました(笑)。「新現実」という雑誌は知っていましたが、
新現実 Vol.3 新現実 Vol.3
大塚 英志 (2004/04/22)
角川書店

この商品の詳細を見る

↑こんな表紙を本屋で見かけたりしていたので(笑)、完全に誤解しておりました。何せ、vol.2は宮台真司×大塚英志の対談に福田和也『「天皇抜きのナショナリズム」について』、それに佐藤友哉の小説に貞本義行の表紙絵(←関係ない)がついて400円はお得です。大体古本屋でも「天皇」特集のところに置いてあったし。大塚英志様、完全に誤解してました、すいません(笑)。

ま、ともかく今月も初っ端から本に関しては無駄遣いしまくりのKeiでした。というかいい加減iPod欲しい…。

>有瀬さん

>佐藤友哉とか。

でも、今度の三島賞には確実にノミネートすると思いますよ。三島賞は舞城も受賞したし、何せ新潮主催だし…(出版社で各賞の票読み・笑)。

>北方謙三って直木賞の選考委員だった

ミステリ界では泣く子も黙る北方御大も、直木賞選考会では自らお茶汲みをしようとしたとか…。しかも某大家から「キミそんなことしなくていいよ、キミも"そこそこ"大家なんだから」と言われたそうで…。でも東野圭吾が直木賞とったりと、ミステリ界の直木賞躍進には"そこそこ"貢献しているようですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。