スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活時期に勝手に夢を語ってみた

2009-01-17(Sat)
そういえば、今日はセンター試験があっているんですよね…。まあ、こっちはそれのせいで想定外の事態になってしまったりもしたんですが、受験生には頑張って欲しいです。今回、国語難しかったみたいですね。僕たちの年(2006年)の国語は結構簡単だったけど、小説で点数落としたなぁ(笑)。

でも、就活は選択肢が大学受験の比じゃないですよねぇ…。大学は多いと言っても有限だし、偏差値とかである程度絞られるんだけど、就活は企業ってのはくさるほどあって(特に東京は!)、何をどう選べばいいのだろうって感じです。みんなどうやって選んでいるのでしょうか。
やりたいことは勿論あるけど、やっぱり一番の本音としては最終的に内定は欲しいってのもあるし…。

あんまり言ってませんが、僕は地元(福岡)の企業もいくつか気にしてはいるんですが、こっちの方がまだ絞りやすいんですよね…(福岡の企業で東京でも採用活動をやってくれる企業ってのはそんなにないので)。

就職活動って何をやればいいのかもわからないし、ぶっちゃけ何もやらなくても当分問題がない…けど、将来困るという(笑)。計画性のない僕にはなかなかつらいです…。

でも、就活初っ端から人の力って偉大だなぁ…と感じてます。ほんと…がんばろ。

*就職ジャーナルから勝手に語る夢

随分前に買ったけど、ちょっとだけ読んで、かなり放って置かれていた就職ジャーナルを今更ながらちゃんと読む(笑)。二月分まとめて読んでたら、1月号(多分出たのは随分前)でカンサンジュンがインタビューに答えていた。ホント、紅白といいカンサンジュン神出鬼没というか不意打ちすぎる(笑)。ってか、仕事し過ぎだろ…。

カンサンジュン「大切なのは、安定というのは幻想で、不確実性の時代を生きるんだということをしっかり念頭に置くこと。そのうえで、自分が何をしたいのか、そこだけをはっきりさせる。仕事に対する動機付けが強ければ、職場は変えることはできるんです。でも、動機づけが弱いまま『寄らば大樹の陰』で職場を選ぶと、会社の運命に左右され、非常に揺れ、振幅の激しい人生を送るのではと思います」

やっぱり、そーですかー。まあ、よく言われることですけど。
ITベンチャーとかで、平均年齢20代!とか宣伝している企業がありますが、そんな企業に人生40年間任せます!ってわけにはどう考えてもいかないだろうし、キャリアプランとか聞くだけ無駄なのかもしれない(笑)。

どこの業界にいくにしても、3年間はちゃんと仕事を教えてくれる企業にいきたい。そのあとのキャリアはその時に考えるってことで。いきなりアクセン(以下略)とかに放り込まれたくはないなー(笑)。そういえば、マイナビで見てたら、IT系ベンチャーで社員55名、募集人数45名とかいう企業があってビビった。意味がわからないんだけど…。

まあ、前からmixiとかでこそこそと言ってるけど、最終的には雑誌かウェブサイトつくりたい(笑)。ただ、おじさんになってから作ったとしても、ただでさえ敏感ではないアンテナがますますさび付いているかもしれない(笑)。

ただ、雑誌も凋落気味だし、ウェブサイトもテキストサイトやニュースサイトは盛り上がらなくて、コミュニケーションのフィールドを提供するぐらいしか出来ないのかもしれないけど。

ってわけで、最後は単なる夢です。あんまり気にしないでください。ってか、本当に雑誌とか作りたいなら、今の段階からまとめサイトとか情報提供系のサイトとかを作ってから言えって話なんですが(笑)。

2009年の目標&コメント返信

2009-01-06(Tue)
会社でもなんでもないのに、正月休みと称して、新年のブログ更新をサボってました。今更ですが、あけましておめでとうございます。

年末年始はまあ寝正月でしたが、なんかメッセで色んな人と『苺ましまろ』からバイエルン・ミュンヘンまで色んな話をしていた気がします(笑)。

というわけで、新年早々何もしてないので、特に書くことありません。

2009年の目標。
・就活頑張ろう!
・卒論頑張ろう!

終わり?…われながらつまんない人生だなぁ…。

他なんかあったかなぁ…。
でも、今年はもうちょっと生イベント行きたいかな。多分、大学生最後の年として、時間がある最後の年だと思うので。よく考えたら、去年とかあずまんイベントしか行ってないし(笑)。

今まで生で見てことないので、モタスポ生で見たいなぁ。F1は無理にしても、SUPER GTかFポン。出来れば、前者。ミクカーも多分来年の中盤以降は健闘するだろうし。
まあ、現実的には富士かな…?

あと野球行きたいかなぁ。せっかく、東京にいるのにまだ神宮しか行った事ない。西武ドーム、横浜スタジアム、東京ドームぐらいは行きたいな、やっぱり。

あとは…声優イベントぐらいか、思いつくのは(笑)。でも、前も言ったけど、これといってファンいないんだよなぁ…。

コメント返信

>しょぼぼん(笑) さん

>かんさんじゅんにはびっくりだよー

全くです。それにしても、本当に自己啓発要員…。

>間借花さん

>明けましておめでとうございます!
>先年は大変お世話になりました。
>今年も宜しくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2008年について

2008-12-31(Wed)


例の水着事件について、平野綾が語っています。平野綾かわいいと思うけどなぁ…。

さてさて、2008年もあと数時間となったわけですが…。珍しく、ちゃんと紅白見てます。エンヤが出るって噂なので。
っていうか、カンサンジュンが審査員でいるんですが…、しかも今や『悩む力』が代表に上げられる…自己啓発の人…。

このブログの過去ログを参照して2008年を振り返ってみた。

1月…『CLANNAD』見てたっぽい。あと、成人式のために2日だけ帰省した。
2月…なんか1月から2月かけてMAD作ってたっぽい。あと、『ef』叩き(笑)。このあたりのブログは、東浩紀&宇野っちヲチブログ状態(笑)。
3月…F1始まる。たしか、この年は青春18切符で帰省していた。
4月…新学期。交友関係が広まる、けど、段々切れる人間関係もあるので、何ともいえない。『思想地図』創刊。アクセスが急上昇。
5月…オフ会。他に特になし(笑)。
6月…秋葉原通り魔事件。この秋葉原通り魔事件については色々考えさせられた。あと、何故か『恋空』問題でなんか盛り上がってた。元となったのは、『ザ☆ネットスター!』の記事。今年はねとすたには楽しませて貰いました。あと、少しは就活について考え始める。
7月…『ポニョ』見た。『CLANNAD』プレイ終了。このあたりから、ニコニコ大百科に嵌りはじめる。そのせいで、学期末のレポートが大変なことに…。
8月…『ファウストvol.7』『ゼロ年代の想像力』『ケータイ小説的』を読んで感想を書いているっぽい、まあ、色んな意味でゼロ年代を示す本3つですよね…。地元の友達が東京に来て色々大変だった。
9月…『コードギアスR2』終了。『スカイ・クロラ』見に行ったっぽい。
10月…ワセブンシンポ。大学祭準備は色々大変でした…。
11月…就活いよいよそれなりに始まる。けど、サボりまくり。
12月…早くも就活にやる気なくなる(おい)←今ここ

まあ、1月からは本気出します!きっと!

なんか、ブログ記事中心に振り返ったら、オタクネタばっかりになった件(笑)。っていうか、特に今年も何もなかったなー…

まあ、いいや。よいお年を!

コメント返信

2008-12-18(Thu)
*スバル、WRC撤退

どうも、毎回ですがお久しぶりです。
ブログも書かずに何をやっていたかというと、『CROSS†CHANNEL』をやってました。で、ギャルゲーから覚めて、世間のニュースを見てみるとスバルがWRCから撤退してました…。

日本企業はモタスポに投資しても、(国内のモータースポーツの認知度が低いので)費用対効果が低いのはわかるし、モタスポに投資するぐらいだったら雇用を守れ、ってのは正論だけど、何だかなぁ…。…まあ、WRC見てない奴が何を言っても説得力がないので、このあたりでやめておきます。

*『CROSS†CHANNEL』

本当はクロスチャンネルの感想を書こうと思ったんですけど、何度書いてもかけねー!さっきから3回ぐらい書いては消してを、やっているのですが、一向に書けそうもないので、あきらめました。

当たり前の話なんですけど、ちゃんとした感想を書くって言うのは難いんですよね…。いや、女の子が可愛かった、とかどうでもいい話は書けるんですけどね。でも、真面目に冬子とミキは良かった。ある意味、自分を見ているような気がして。プライドと他者への興味のなさ。僕自身、両方とも結構持っていたりするので。いやー、よくないよねー。

ちゃんと、田中ロミオも読むべきかなー。ちょっと、気になるところもあるし。

コメント返信

rinnkenさんへの内容上、コメント返信は該当記事につけさせていただきます。

>tamakiさん

>タイトルみてどうしたkeiさんと思ったたまきです

すみません、全然深い意味ありません(笑)。

>サブカル系とオタク系の区別がつかなくて本気でヤバイと思いました。

区別つかないというか…大した区別ないですよ…。かなり感覚的なものなんで。ただ、その本読んでて、うまいわけ方だなー、と個人的に納得して使ってしまっただけなので…。

>曲はいいけどアニメーションがアーティスティックなものを志向して逆にオタ的にはあんまりおもしろみのないものになってるなあ

ノイタミナ、アニメーション微妙ですよね…。制作会社は違うはずなのになぁ…、何でだろう。サンライズとかに比べれば、タイアップの曲とかはいいと思うんですけどね。

コメントありがとうございました。

コメント返信

2008-12-07(Sun)


湊かわいいよ湊。ヤンデレ平野いいよヤンデレ平野。
…なんで、こんなどうしようもないアニメ見ているんだろう…ただ単に、ニコニコで消されないからたまに見ているだけなんですけどねー(必死な言い訳)。声優の豪華さゆえに「声を聞くアニメ」とか言われているこのアニメですが、ニコニコでコメつきで見るとどんなアニメでも楽しいですよねー、ほんと。

でも、本当に適当にしか見てないので(かつ、飛び飛びで見ているので)、未だに登場人物の名前がわからなかったりするのですが(笑)。ジェノキラーは何でジェノキラーって呼ばれるのかとか、くぎゅは何で主人公と同居しているのかすら知らないという(笑)。

とかいいつつ、いい感じでスクイズになってきたので次回期待(笑)。なにせ、スタッフがスクイズスタッフだし。

「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
(2006/12)
コリン ジョイス

商品詳細を見る


「歌舞伎町で歌舞伎をやっていない」「結婚式には招待されないようにしよう」…帯につられて本屋で立ち読みしてたら、めちゃめちゃ面白かったので、そのまま買ってきてしまって、一気に読んでしまいました…。まあ、外国人が書いた日本人論に弱いのは、日本人の特徴でもありますが(笑)。

でも、今まで読んできたものが、アメリカ人が書いたものが多かったので、イギリス人が書いたというのは新鮮でした。
「日本とイギリスが似ている」というフレーズはありますが、それを言っているのは日本人だけ、とか。まあ、普通に考えればそうですよねー。実際、外国人の中の日本のイメージは「七人の侍」か「ブレードランナー」(押井版『攻殻機動隊』でも可)らしいですし(笑)。

あと、「グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国」の国の構造のわかりにくさはイギリス人も自覚してるんですね…って、イギリス人って表現を使っていいのだろうか、と今更ながら思ってしまった(笑)。

さあ…次こそ、『14歳からの社会学』の感想記事を書こう…。

コメント返信
>双城さん

前回の記事は、若干説明不足かつ論理矛盾なところがあって、「まー説明つけるのも面倒だし、誰もつっこまないだろうから、いっか」ということでそのままアップしたんですが、まさか双城さんから突っ込まれるとは…。

>そういう身としては(ネトスタなるものは一度も見たことないですけど)、マイナーな歌い手や踊り子を紹介するような番組内容は充分アリだと思えます。

おっしゃるとおり、アリです。今までも、ネットスターはそういう方向性で来ていたところがあります。それが一部だったら、「そういうのもあるんだー」と感心できますが、ただ、今回はあまりにもそればかりだったので、「面白くなかった」という感想を正直に書いたまでです。知らない人ばっかり出ている音楽番組は面白くないし、今回僕にとってはネットスターがそれだったわけです。

「正直書く」っていうフレーズがなんか免罪符になっている感もありますが(笑)、ネットっていうのは超私的な感想を書くことが出来る場で、前回の記事はまさにそれに当たる記事です。…それに当たらないブログ記事なんてあるのか、と突っ込まれたら、突っ込まれたで、困るんですが(笑)。

>「自分が知らないことばかりネタになってることになんで腹を立ててるんだ? 自分が知らないのが悪いんじゃん」

そのツッコミはテレビ番組にはナンセンスでしょう。ネットスターが、今回のような路線で行くのは行くので結構ですが、言うまでもなくそれなら僕は見ませんよ、という話になるだけなので。面白くもないテレビ番組を誰も見ないでしょう。
でまあ、僕と同じように考える人も多いんじゃないの?っていうのが前回の僕の記事の「やばくね?」というフレーズに出ているわけです。

>グループとして捉えるから孤立状態に見える島宇宙が駄目に見えるだけじゃないですか?

まあ「島宇宙化」って言葉(元ネタは宮台界隈のジャーゴンなんですが)について、大きく誤解されている気がするんですが、話が長くなくなりそうなので、それは置いておきます。まあ、こんなわかりづらい言葉使った方が悪いんですが…。

前回の記事では少なくともニコ動の島宇宙化が進んでますよ、そして島宇宙化がすすんでいる状況において、一つの「島宇宙」にのっかったような(あまりにもパイが小さいので)番組作りはまずいんじゃないの?という話しかしていないはずです。

少なくとも、島宇宙化ダメだ!とかそういう価値判断は下してないはずです…「とんでもないところ」とか表現は使ってますが、それほどネガティブな意味は持たせてないはずです。…うまく、伝わっているかはわかりませんが。

今回は一テレビ番組への率直な感想で、全然大したことが書いてないので(大したことなんて常に書いてませんが)、それぐらいの気持ちで読んでいただければ幸いです。

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。