スポンサーサイト

--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメにおけるフェミニズム的作品批評の限界?「格好良さと戦闘美少女」1?&コメント返信

2009-05-19(Tue)
随分前に書いたけど、HDDの中で眠っていた文章です。なんかもったいないので公開して、ついでに次の記事への伏線にして見ました。あっ、タイトルは適当なんで気にしないでください。

紅一点論―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像 (ちくま文庫)紅一点論―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像 (ちくま文庫)
(2001/09)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る


アニメにおけるフェミニズム分析の本として、斎藤美奈子の『紅一点論』という本があります。
学問的精度はともかく、戦後アニメ史をフェミニズム的に分析し、斎藤美奈子お得意のアイロニーで包み込んだエンターテインメントな一冊です。斎藤美奈子的なアニメ史観に基づくと、オタク(の消費する)アニメは、「たくさんの男性と少しの女性」から「1人(2人)の男性とたくさんの女性」という経緯をたどっている、と(具体的に言及されているのは『ヤマト』→『ガンダム』→『エヴァ』)。

斎藤美奈子は比喩的に男の子向けのアニメを「男の子の国」、女の子向けのアニメを「女の子の国」(いわゆる魔法少女もの)とよび、それぞれへの分析をしています。前者を代表する意匠は「科学、未来、宇宙、正義」といったもので、後者を代表とする意匠は「魔法、地元の街、恋愛」といったもの。で、この『ヤマト』→『ガンダム』→『エヴァ』というのは前者の話ですね。

斎藤美奈子はフェミニストなので、アニメの女性の描き方、そして数の少なさに散々ケチをつけているんですが、その斎藤の論法だと『エヴァ』『ナデシコ』はもう褒めざるをえない。なにせ、『エヴァ』『ナデシコ』は組織のかなり重要な部分をになっているのは女性で、ぶっちゃけ現実よりもはるかに女性の社会進出がアニメの世界で進んでいる。

で、筋金入りのフェミニスト・斎藤美奈子が、超がつくほどのオタクアニメ『ナデシコ』を褒めざるをえないっていう時点で、『紅一点論』の考え方にはかなりガタが来ていると思うんですが、これを現代のオタクアニメへと延長させようってのはも完全に無理になってしまう。今、オタクアニメの主流たる『涼宮ハルヒ』にせよ『なのは』にせよ、斎藤美奈子の分類法で言えば、「女の子の国」に近い意匠を兼ね備えていて、ほとんど斎藤美奈子的な考え方は通用しない。

もちろん、98年に出たことを考えれば、斎藤を批判することは出来ません(そもそもオタクじゃないしね、斎藤美奈子は)。もっとも斎藤が「ロリコン」と切って捨てた「女の子向けアニメを消費する大きなお友達」っていう図式をもっと拡張して分析出来ればこの本の寿命はもっと長くなったのではないか、とは思いますが…(前述のとおり今の萌えアニメは「女の子」アニメにかなり近い)。

で、この本が教えてくれる最大のことは、「作品分析」に基づいたフェミニズム的批判が成り立たなくなったということじゃないでしょうか。
じゃあ、フェミニズム的批判をしようとするとどうすべきか(ってか、フェミニズム的批判することが前提なのかよ!・笑)。それはオタク文化の中でどう消費されているか、っていうところにシフトせざるを得ない。こういった図式が、東浩紀の言う「環境分析」といったところになるのかもしれません。

いや、この本自体はものすごく面白いですけどね。

って、ところでまた次回(次回あるのか!)。

コメント返信

>Eiジさん

コメントありがとうございます。

シークレットコメントも拝読しました。『東のエデン』面白い、とかいいつつ、僕自身東浩紀と神山健治の貴重な対談があったことすら忘れてました(笑)。今度、レビューの元ネタとなった対談をもう一度読んでみたいなぁ、と思います。

>名前を忘れてしまいw ずっと「あの時のゲスト誰だったっけ?」
>という状態だったんですが、Keiさんのおかげでわかりましたw

お役に立てて何よりです。

>今回ご紹介された本も機会があれば読んでみたいと思います。

今のところ、佐藤優が逮捕されるまでを描いた『国家の罠』とソ連崩壊時のことを書いた『自壊する帝国』(当時、佐藤優はモスクワ大使館にいたので)しか読んでませんが、本当に頭きれる人ですし、非常に読みやすいので(結構分量ありますが・笑)、もし良かったら読んでみてください。

つぶやき。

2009-04-05(Sun)
Image013.jpg

春ですね。手前の街路樹はまだまだ冬景色なのに、菜の花と桜は満開。にしても、この写真、三井アウトレットパークの回し者みたい(笑)。

昨日国文の友達に会ったら、大して勉強好きでもないのに(僕主観ですけどね・笑)「院いきてええええ」とか言ってました。就活やっているとものすごーくその気分はわかります。僕もここ2週間ぐらい「地元帰ろーかなー」とかこっそり呟いたりするぐらい結構滅入ってます。地元帰ったところで、就職の厳しさは(多分)東京以上なので、全然事態は改善しないので、気分的な問題なんですけどね…。

明日、月曜日か…。

*けいおん!

『けいおん!』が案外面白くて、今期も「ひらがな4文字マンガ原作アニメ」を見る予定になりそうなこの頃です。1週間に1回、空気系アニメでなんとなく癒されるっていうライフスタイルは、意外とやめられません。もうなくてはならないという意味でも、空気です。あれ、空気系アニメの空気の語源って何なのだろう。

『けいおん!』のED映像いいですね。さすが京アニ。なんで、こっちをOPに持ってこなかったんだろう。ガールズバンドはいいですよねー…とかいいつつ、あんまり聞かないけど(ガールズロックは結構聞いたりはするけど、メンバーが全員女性っていうとそんなにないような)。

それにしても、何であの二人はベースとドラムをやろうと思ったんだろう…ギターが足らないってのはあんまり無さそう…。まあ、現実の軽音楽部の実態なんて知らないので、よくわかりませんが。実際の軽音楽部はリア充の巣窟だしね。

ガンダム00

2009-04-01(Wed)
ニコニコのランキングにも上がった『とらドラ』の川嶋亜美のMADのせいで、脳内をミクの「ワールドイズマイン」がリピートしています。なんか、ニコニコの流行の1年ぐらい遅れている気もしますが。
ばかちーはかわいいと思います、マジで。

新年度になりましたねー。学校は4月2日からが新年度らしいですが、細かい事はいいや。もう4年生なのか…時が過ぎるのは早いですね。
三浪していた友達が大学に受かったっていう話を聞いて、今から一年生とか「うらやましいなあああ」とか思っている今日この頃です。ホント、就活とか勘弁してください…。
まあ、大学生最後の年…になるはずなので、色々と今年度は学生生活エンジョイするために頑張りたいと思います。

そのついでと言っては難ですが、4月1日というキリがいい日付でもありますので、今日からブログを毎日更新したいと思います。

*ガンダム00

そういえば、ようやく「ガンダム00」終わりましたね。00ってみんな叩く割には意外と見ていたような…われながらなんで4クール全部見ちゃったんだろう。今のガンダムは叩いてもOKっていう何となくのコンセンサスが出来てしまっているので、叩きやすいってのはあるのかもしれませんが(笑)。

ただ、つまらなくても、「つまらない」っていうこと自体がネタになるのがさすがガンダムブランド。っていうか、他のアニメならつまらなかったら誰も見ませんしねー(笑)。

それはともかく、ガンダム00。なんで、00をダラダラと見ていたかと言うと最後どうするかに興味あったんですよね。

以下ネタバレ注意

結局ラストは、ソレスタルビーイングとか、国際協調とかで、今ある社会をいい方向に斬新していきましょう、っていうところなんでしょうか。

ギアスもそうなんですけど、反逆する側に「理想の社会」って基本的にないんですよね。そういう点では、デスノとは違う。そして、00はファーストガンダムやギアスと違って植民地の独立戦争でもない。

そういう00がどういうラスト持ってくるか、っていうことに興味あったんですが…なんというか随分あっけないラストでした。結局、そんなところなのかー、と。

ギアスも終わった後、「それじゃ全然恒久的解決になってないじゃん」とか散々呟いたんですが、デスノにせよギアスにせよ00にせよ、すごく現実的なところに最後は落ち着いている気がします。3つとも設定は過激で面白かったと思うんですけどね、結局そんなところが想像力の限界かなぁ…と。

いや、でもテロリスト(カタロン)が政治参加するってのはある意味新しいと思いますが(笑)。

にしても、アレだけのことやっておきながら、抜けぬけとソレスタ生き残りましたねー。
ま、00は劇場版で宇宙人と対決するらしいので(本当かは知らない)、00はどうでもいいです。

4月アニメ&コメント返信

2009-03-27(Fri)
こんな大事な時期に風邪ひいてました。
今日は大分よくなりましたが、未だに頭の頭痛が痛い状態です。暖房なんて久々に使いました(普段はこたつだけで問題ないんですけどね…)。うー、悪寒が…。

前回は大したこと書いてないので、このブログ実に2週間ぐらい碌な更新がなかったという…すみません。

2009年春期放送開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

京アニ的に『けいおん!』、原作的に『シャングリ・ラ』、神山健治的に『東のエデン』。気になるのはそんな感じでしょうか。
『東のエデン』ってオリジナルものっぽいけどどうなんでしょう。なんか、去年の4月アニメでI.G.の二作に裏切られた記憶が…。まあ、神山健治なのに期待しましょう(そういえば、結局『精霊の守り人』みなかったなー)。
『グイン・サーガ』とかもちろん名前は知ってますけど、中身は全く知らないなぁ…。何気に未だに新刊が出ると売り上げランキングに入ってきたりするのがすごい。

>職業ニートさん

>じつは僕、Keiさんのはてブをチェックしてるので『とらドラ!』が気になってがんばってもう1回観てみたんですが、やっぱりつまんなくてなかなか進まないです…。
>何話くらいから面白くなりますかね?なんて(笑)

「最初面白くなかったんだけど、どこまで我慢すればいいの?」ってリア友にも同じこと聞かれちゃったんですが(笑)、別に無理して見なくていいと思いますよ。ラブコメ、恋愛ドラマとして面白かっただけですし。

「家族」の描き方、人間関係、キャラ造詣、ストーリー展開、そういったところが割合複雑で、単なる「ラブコメ」に終わらなかった、という点が面白かったと思います。
はてブのコメの、オタ風味の少女マンガってのが一番的確なのかもしれません(笑)。というか、そういうニーズがありつつ、今までそういう作品が少なかった?のが成功の要因なのかもしれません。

本当に面白いなぁ、と思ったのは15話ぐらいから、個人的には5話(川嶋亜美の登場回)ぐらいから面白い、と思います。
最初は4話は「なんだこのラブコメは…」とか思ってみてたりもしました(笑)。

コメント返信

2009-03-21(Sat)
*草食系男子(笑)

今週の「週間オートスポーツ」立ち読みしてたら、F1ドライバーのベッテルのインタビュー記事に「牛をかる草食系男子」とか書いてあって、もう勘弁してくれと(笑)。

新しい言葉になんでも(笑)をつける風潮もどうかと思いますけど、何でも草食系男子ってホント勘弁してください…。インタビュー読んでも、どこがどう草食系男子なんだと。
大体、F1ドライバーに草食系男子って使うのは失礼だと思うけどなぁ。いいイメージで使われている言葉だから使っちゃえ、と思って使ったのかもしれませんが、レースしているドライバーに草食系ね…。

それにどうしても使いたいなら、中島カズキくんとかに使えばいいんじゃないかなぁ、あのドライバーのわりには冷めたとことか、妙に遅いところで安定した走りとか(笑)。

*ブログ

すでに数日前からですが、ブログのテンプレ変えてみました。なんか、トップに画像がないのもないので寂しい気が…。でも、これで低速度で初見の人にも優しくなったはずです(笑)。なんか、黒背景っても飽きたし、あまり目によくない気がするので、明るい色に。春だしね!いっそピンクにしようかと(ry
就活生的に色々と明るいってわけにもいかないのですが、だからこそ明るくしてみました。はい、そこイメージにあってないとか言わない。

ついでに、右側にTwitterをはりつけてみました。ブログ以上にどうでもいいことしか書いてませんが(笑)。というわけで、ここ一週間Twitterにくだらないことを書くようにしてみたら、ブログに書くネタが本当になくなってしまいました…。日ごろから、ブログにはくだらないことしか書いてなかったってことですね…はい(笑)。

*コメント返信

>tamakiさん

>とらドラ!ってシリアスだったのですか…
>なんか君のぞといいとらドラ!といい、意外とシリアスなのが多いのにびっくりです。

「君のぞ」ほどシリアスではないですが、単なる「ラブコメ」と思ってみていると、恋愛ドラマ的な展開になって、結構驚きます(笑)。

>就活の所為でアニメ分ラノベ分ゲーム分などが摂取できないのがつまんないですが、見てみたいなあ。

就活うまくいかないときに、家に帰って、ちまちまとアニメ見てました。おかげで、結構3月アニメ見てたような(そのかわりブログは全然更新してませんし、本もほとんど読んでませんが・笑)。 家に帰ってからも、ESとか履歴書とか色々あるから大変ですね…ホント。

>たんぽぽさん

>変えましたね、デザイン。
>前の方がよかったなー(ぼそり

・・・え、そうでした?
まあ、脳内変換してください(笑)。
いつも、見ていただいてありがとうございます。

本ブログはXP+IE7、Firefox3、Safariで一応確認しています。
リンクについては貼るなり外すなりお好きにどうぞ。

▲Pagetop
プロフィール

Kei

Author:Kei
文学部卒業して、冴えない仕事を冴えない顔でやってる。スバル持って北海道に移住したい。

最近の記事
人気エントリー
最近のコメント
コメントのレスは基本、次回記事でします。
古い記事へのコメントも大歓迎です。ただし、その場合はその記事のコメント欄におけるレスになります。
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  08  12  10  09  06  03  02  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05 
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
カウンター
あなたは
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。